プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

マスターズが終わった

14日、夏泊ゴルフリンクス、ついにオープン

14日オープンした夏泊ゴルフリンクスの15番ホール。春の気配がいっぱいの空の明るさと残雪が見事なコントラストをみせた。 今年のマスターズトーナメントが終わりました。
 米ツアーの左打ち、ババ・ワトソンと南アフリカのルイ・ウェストヘーゼンがプレーオフで争い、その2ホール目に、ババが林の奥深くに打ち込む大ピンチから見事にピンそばをとらえ優勝しました。ババはマスターズ3人目のレフティーのマスターズチャンピオン。ウェストヘーゼンだったら南ア出身ではゲーリー・プレーヤーらに次いで4人目となるところでした。ちなみに左打ちのチャンピオンはカナダのマーク・ウイア(2003年)ミケルソン(04、06,10年)以来。オーガスタは右打ちのドローヒッターでないと勝てない、とか欧州勢が強い、といった最近のジンクスはひっくりかえされました。ババはフロリダ生まれのアリゾナ在住、「これまでいっさいコーチにつかずパブリックコースでひたすら腕を磨いた」というアメリカ人らしくないアメリカ人。もっともスライスといった方がいいような豪快なフェードボールが持ち味。であるなら右から左への球質、コースは合っていたということだったのですね。

 残念ながら石川遼は予選通過ならず、アマの松山英樹は決勝ラウンド進出で2年連続のベストアマへ好ペースも最終日に80と崩れてしまった。それでもセカンドアマに食い込むあたりさすがです。石川は今回、不発に終わりましたが、20歳でもう4回も出場した“実質成長”に期待が膨らむ。帰国した4月9日の成田空港の記者会見で中学の同級生との婚約を発表しました。大人のプロとしての今季を注目したい。

○マスターズ、ボストンマラソンを夏泊で

練習グリーンでパッティングの調整をするゴルファーたち。名物の高速グリーンは上々の仕上がりだ。 もう40年になります。日本の男子ツアーが立ちあがった1973年を境に海外取材が年々、頻繁になった新聞記者時代を思い出します。
 4月は女子メジャーのナビスコ・ダイナ・ショア(現在のナビスコ選手権)でカリフォルニア州パームスプリングスを皮切りに、翌週、マスターズを取材、さらにその翌週にボストンに飛びボストンマラソンを取材するのがゴルフ記者の定番の動きでした。西海岸の避寒地からジョージアのオーガスタ、そしてボストンへ。その取材はアメリカの春の訪れを体感しながら1カ月に及ぶロングジャーニー、長い旅でした。
 マスターズは映画「風と共に去りぬ」で知られるディープ南部の州都アトランタ近郊で行われ地元ではマスターズをもって春、とばかりみんな浮き立ちます。町は花やぎジョガーがめだちはじめ市民は旅行に行ったりピクニックしたりみんなが春を謳歌します。
 ボストンマラソンはまさに春開幕を告げる一大イベントでホプキントンからボストン市内に向け42・195キロを走る片道コースを走る世界的な大会です。もっともいまはその片道マラソンであることがアダとなって記録公認が成されなくなりましたが、かえって市民マラソン色が強く数万人が世界中から集まる大マラソン。大会は4月第3週の月曜日、米独立記念日のパトリオットデイのイベントとして行われます。市民はその日を境に春となる祝日を目いっぱい楽しみます。
 そしてマラソン当日には、必ず米大リーグ、ボストンが本拠地のレッドソックスの試合がかならずあり、フェンウエイ球場はマラソンの勝負どころ、あの有名な心臓破りの丘のすぐ近くにあり、トップランナーが通過するころには野球の観客が道路に出て応援し、選手が居なくなるとまたスタジアムに戻って野球観戦という光景が見られました。「そんなのありかよ」といわれるかもしれませんが、野球のチケットの版権があればこの日ばかりは出入り自由。いまはともかく20年前くらいまでは「有り」でした。そう、市民は春の到来をそうやって祝った。ボストン市も球場もホテルもバーもみんなで大はしゃぎ。そして近隣のゴルフ場もこの日をもって本格オープンとなるのはいまもかわりません。

○4月14日、ゴルファー待望のオープン

心躍るスタートホールは2012年シーズンの打初めだ。むつ湾に向かって足取りも軽い。 さて前置きが長くなりましたが、おまたせしました、夏泊ゴルフリンクスにもいよいよ春到来。4月14日、ようやくというか、ついにというか、やっとオープンしました。
 大雪の影響で1992年開場以来、最も長期のオフシーズンとなりましたが、14日の土曜日をもって2012年シーズンの幕開けです。これまで最も遅かったオープニングが4月6日、しかし、今年はその記録を丸1週間もうわまわる史上最も遅いシーズン開幕です。
 14日、待ちかねたゴルファー、約70人がコースに飛び出して行きました。
 コースはその全貌を雪の下から姿を現し、若葉も萌たちはじめました。最上支配人以下スタッフ、食堂とコース管理の面々は遅れた春を取り戻そうと大わらわです。コースはアウトに雪が垣間見え、今年の豪雪の名残りをとどめますが午後には陽もさしゴルファーのはなやいだ歓声とさんざめきでいい雰囲気です。「グリーンは前日に刈り込みローラーもかけて良い加減のスピードが出ています。14日にオープンできればいいと準備をしてきましたが、グリーンコンデションがすばらしくオープンに踏み切ることができました」“私たちも待ち切れなかった”と最上悟支配人の声も弾んでいます。そうです、本当にお待たせしました、東北の春、夏泊のゴルフ開幕。リンクスの春がはじまりましたよ~。オーガスタに負けず、ボストンを上回る春の謳歌が聞こえ始めました。
 

 

img-mutoho2.jpgゴルフジャーナリスト。ゴルフ評論家。1939年11月・東京・杉並で生を享け、その後、世田谷区で育った。池ノ上小学校、北沢中学、都立千歳高校を経て1960年に立教大学社会学部新聞学科に入学する。大学では新聞文章論などを専攻した。部活はゴルフ部。奇しくも1957年の「カナダカップ」(現ワールドカップ)で中村寅吉、小野光一プロペアの日本チームが優勝し、さらにこれが日本初の本格的な国際試合の開催、初のテレビ中継に加え、日本が世界一になったことからゴルフに注目が集まり、ゴルフ部には100

2012年4月14日

▲このページのトップへ

風で球動いても罰なし

2012年強風の1罰打廃止 ゴルフルールが変わった。
でも夏泊は前からやってたもん

 「そんなこととっくの昔にわかっていたこと、驚きません」ー夏泊のメンバーたちはきっとそういうと思います。
  ゴルフルールを決めるイギリスのロイヤルエンシェントクラブ(R&A)と米国ゴルフ協会(USGA)が10月末、来年2012年をもって導入するゴルフの新規則を発表、世界をアッと驚かせました。しかし、夏泊のゴルファーなら「さもありなん。前からうちらはやってたもんねえ」にんまり笑みを浮かべ目と目を合わせてうなずきあったはず。全然、驚かない。なぜなら8年前からやってたのだから。

 ニュースは「強風の1打罰廃止へ」「風で球動いても罰打なし」のゴルフルール改正で新聞も取り上げ、ゴルフの不公平ルールが改正されゴルファーには朗報、という内容。
  要約すると、新ルールは「アドレスに入った後に強風などで球が動いた場合に課していた1ペナルティーを罰打なしに変更する」というものです。御存じのように、これまでのルール(規則18-2b)では「プレーヤーの球がアドレスした後で動いた場合、プレーヤーはその球を動かしたものとみなされ1打の罰を受ける」とあるが、新規則では「球が動いた原因が選手になければ罰はなく動いて止まったところからプレーする」(趣旨)と変更されます。
  新ルールは2012年1月1日から適用されるため施行は来年。ゴルフルールの変更は4年に一回、オリンピックイヤーに大きく変えるのが慣例ですが、2012年がゴルフ発祥の地といわれる英国。ロンドン五輪ということ大いに関係があると受け取っていいでしょう。

 動いた球、特に風で動かされた球の処置は判断が難しく、アドレスをしていたか、していなかったかで罰がついたりつかなかったり、またその後の処置も元あった場所から打ちなおしたり、ボールが止まったところからプレーしなければならなかったり、とゴルファーには悩みの種。それが今度のルール改正で来年からアドレスしていても風が動かしたのならノーペナ、プレーはボールが止まったところからプレーする、に変わる。新聞は風の強いアイルランドの名手、メジャー3勝のパドリク・ハリントン選手の「強い風が吹くと球が動かないかとそればかりが心配だったが、これでプレーに集中できるし不公平な罰に怒らないで済む」という談話を紹介、おおむね好評だ。

  さて、夏泊です。クラブ競技や普通のラウンドでも採用してきた夏泊ならではの特別ルールが今度の改正とぴったり合致する。もう8年前!夏泊ゴルフリンクスでは!
  なにしろ日本を代表するリンクス。無風快晴ののどかな日和が一変、強風が吹くともうボールを打つどころではなくなる(※ことがある、と受け取って欲しい、でないと知らないゴルファーにそんな風が強いところでプレーするのはご免だ、と敬遠されてはこまるから。そんな日はめったにありませんから来てくださいね)
  よくあるのはグリーン上、パットしようとするとボールが“逃げていく”“マークしたボールをリプレースしようとしても風で動く”など、高速のハイスピードグリーンだからこそのケースが多発した。そのためプレー進行も遅れるなど問題が多かった。そこでできたのが既述の特別ルール。コース関係者によると2003年にできたものです。

 その実際はこうです。「パッティングの時、ボールのあるもっとも近いところにボールマーカーやコインを置いたままパッティングしてもかまわない」―。“ええーっ”と声が聞こえる。“ボールマーカーは球の真後ろにマークしなければならないのに、いーけないんだ”。さらに、「アドレス中、ボールが動いても無罰でボールマーカーからプレーを続ける」-。ボールを自分が動かしたのではなくても罰打を食う理不尽や悲劇を夏泊ではいち早く消化吸収し折衷案を提起し実行、実践していたわけです。どうです、世界にさきがけているでしょう?

 新規則は今年あと2カ月をかけて世界のプレーヤーに浸透させる。
 詳細はコースの掲示板、新ルールブックなどで明らかにされるが、今回の改正はプレーの不公平をなくし混乱を取り除くものと、大方のゴルファーに好評であることは、ここに改めてお伝えしないといけない。そして、英米のルールの総本山が、動かざるを得なかった裏には、夏泊のようなリンクス、世界中の風もペナルティーの内と決め、ゴルフの厳しさに耐えた、つまり、大方のゴルファーの総意があったことも伝えたかった。R&Aは「一般常識や近年の競技の変化を反映しながらルールは発展している」と述べたが、新ルールは間違いなくゴルフを進化させたと受け止めると強風にまつわる話だが、心がほのぼの温まる。

2011年10月31日

▲このページのトップへ

PGAジュニアゴルファー育成プロジェクト その2

青森のジュニアたちありがとう。夏泊のみなさんごくろうさ~ん

写真:PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトクトの様子1

 夏泊ゴルフリンクスにこどもたちの歓声が響き渡りました。練習場は付き添いの父兄、母親たち、何事かとのぞきに来たメンバーや一般ゴルファーであふれました。テレビや新聞社の取材もあり夕方のニュースや翌日の新聞の報道にそんなシーンや記事が載っておどろかされました。夏泊リンクスの練習場をメーン会場に最後はアウトとインに分かれてのラウンド体験と子供たちは何もかも初めての体験をしよい思い出ができました。

 「PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトin青森」。子供たちにゴルフを体験してもらうジュニアゴルフスクールが9月、4回にわたり週末に夏泊ゴルフリンクスで行われました。日本プロゴルフ協会(PGA)主催,青森市教育委員会協力。大震災で落ち込んだ気分を子供たちのゴルフで晴らそうーそんな前向きな流れも手伝って大成功でした。

○マナーやルールを自分で守って行うゴルフはいい大人になる勉強になる

写真:PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトクトの様子2

 もうあまりに盛りだくさん。一言でお伝えできないのがもどかしいのですが、目的は子供たちにゴルフの精神でもあるエチケット、マナー、ルールを伝え社会生活の基礎となる道徳観を伝え子供の健全育成を図る、というのが第1の趣旨。第2にゴルフの楽しさを最大限伝え子供にゴルフを継続させるきっかけを作る、というのが目的です。健康で健全な大人になるための子供たちの準備の始まりというところでしょうか。
  背景としては、学校教育で手がまわりにくいマナー、エチケット教育は、ゴルフがそれらを重んじるスポーツで、ゴルフルール、つまり、プレーをするうえでの決まりごとを審判のいないところでやるゴルフというゲームは社会生活に役立つかっこうな教育となるということです。その辺りの大人たちの考えがこのプロジェクトの狙い。PGAでは2009年から始め今回の青森で6回目を数えました。
  約50人の子供は7月、学校で配られた募集に応じ集まった小学校1年から6年生まで。指導はプロ協会のプロゴルファーで地元青森はじめ東京、岩手、宮城、山形から述べ12人、1回のスクールには約8人が指導に当たりました。

○基礎からラウンドまでゴルフの一貫教育。子供たちは大喜び

写真:PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトクトの様子3

 スナッグゴルフを使ったスイングの基本とゲームを行う第1、2ステップ。子供用のクラブで白いボールを打つ第3ステップ。そして最終ステップはラウンド体験。実際にコースをラウンドしました。
  クラブの長さに応じて子供たちは1班7,8人が身長順にわかれ第1ステップからチームを組み仲良しになります。学校も男女差も問わないチームでは自己紹介から始まり他人への気遣いも学びました。
  パターからアプローチ、ドライバーと一人3発をしっかり素振りをしショットに集中すると驚くようなナイスショット。唖然としているこどもたちにプロから「黙っているときじゃないですよ!こういうときはなんていうんだっけ?」と声がかかる。すると子供たちは声をそろえて「ナイスショット!」
  パットではトーナメントなみの高速グリーンに手を焼きました。1メートル先のカップに入れようとするのですが、5メートルも6メートルも行ってしまうボールに「俺、きずついたー」子供たちは新しい体験に頭をかきむしって悔しがります。
  ゴルフは飛ばす快感もあるが、飛ばさないことも学ぶのです。
  10メートルのアプローチで競うニアピンゲームを勝ちぬき戦では、決勝戦に残ったのは非力な女子が二人。「飛ばすだけじゃだめだもんね」と男の子たちはゴルフを再認識させられました。
  パット戦も個人のトーナメント形式。チャンピオンを決める決勝戦は選手だけでなく全員が固唾をのんで見守ったものです。

○名門・夏泊リンクスをプロと一緒にラウンド お父さん、お母さんはギャラリーで感激

写真:PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトクトの様子4

 9月25日の最終日。24日から2日連続で夏泊ゴルフリンクスへやってきた子供たちは満を持してラウンドです。入念な練習の後、アウト、インを各3ホール使いすべてのショットを体験しました。
  ラウンドは午後3時半ごろから。秋の気配の濃いコースをしなやかに生き生きと子供たちが闊歩する。それはいい景色です。
  あるお父さんの声。「ゴルフが好きで子供にもこの楽しさを味わわせたいと連れてきた。子供の興奮とやる気が伝わってきた。これを機にじっくりゴルファーに育てたい」と語っています。あるお母さん。「うちの子(女子)は運動はダメな子とあきらめていたけれどゴルフやりたいっていってくれた。私も一緒にやりたいわ。ジュニアスクールがあるの?アッ、いいですね」すぐにでもゴルフをはじめそうでした。
  PGAではプロジェクト開催をきっかけにアフターイベントともいうべき、ジュニアスクールなどの立ち上げも推進している。ゴルフを知って続けたいという子供たちの声は多いのだ。したがって今回の先生役の地元のプロゴルファーにはプロジェクトのあと普段、所属する練習場やコースでジュニアの指導を引き続きやってもらうよう、指導している。

 雨で順延となった日も含め夏泊ゴルフリンクスでの4日間だった。子供たちとプロの、時に厳しく接してできあがった“師弟関係”は強いきずなとなった。別れは辛かった。プレゼントされた記念のボールや自分の帽子のつばやノートにサインをねだるこどもたち。プロたちを取り巻く子供の輪。記念写真をとるシーンもあちこちにできた。プロではない私もサインをして面映ゆかった。こんなことはプロジェクトではじめて。子供たちはひとなつこく必ず相手の目を見て受け答えする。シャイではにかむが、目は真剣さにあふれ楽しんでいるのがわかる。姿も形も子供たちは違うが、みんな同じ目線をしている。とてもいい子でうれしかった。

○心に残ったジュニア育成イベントは大成功

写真:PGAジュニアゴ
ルファー育成プロジェクトクトの様子5

 私事で締めさせていただく。このプロジェクトがスタートして3年。初年度は岐阜、群馬の小学校の授業でスナッグを行い、その中から希望者を募り初ラウンドまで。2年目は千葉、岡山、市のバックアップで公園や陸上競技場を使った。今年は長崎を経て青森まで。このコラムが立ちあがるころ私は次の開催地、兵庫にいるが、ゴルフ場を会場に一貫して行った。

 夏泊ゴルフリンクスでの開催は、このプロジェクトが全国14か所で行われるうちの、東北で最初のイベントに決まったのがきっかけ。コースがあれば開催もスムースにはこびやすい。夏泊の理事もつとめている縁もあってリンクスの同意を経てPGAの理事会で手を上げるとすぐ決定した。
  7月2日、青森県庁に松井功会長らと三村申吾・青森県知事訪問。「有意義なこと、子供たちをよろしくお願いします」応援を約束いただいた。約50人の子供が集まった。1回のスクールで50人もが集まったのは過去最多。プロの気遣い、心遣いはたいへんだったはずだ。
  9月、3週間、週末をコースロッジと練習場、コースで過ごした。季節は夏から秋に移ろっていた。夏泊の亀田、成田理事ら多くの方々にお世話になった。亀田理事は悪天候の予想された第3ステップでは平内町体育館を当日に使えるように手配いただいた。幸い天気がもち使用せずに済んだが、ピンチのときのタイムリーなアシストは主催者側として心強かった。コースの従業員のがんばりには頭が下がった。一般営業の合い間にジュニアのイベント。50人余のジュニアとその人数に倍する父兄、報道、関係者である。レストランやロビーの開放はこれまでのどこの会場よりオープンで心温まるもてなしだった。子供たちはトイレを始めクラブハウスの中をしっかりみて勉強できた。こういうことは将来的に見過ごせない快挙だ。大人の世界を早くに見ておくことは子供の心を開きいい経験として心の片隅に残る。

  隠れた名コースとして全国に知られる夏泊ゴルフリンクス。人をもてなすことに成功できた今回である。いい経験をこどもともども体験できた。喜びを共有できたことが何よりの収穫だった。

2011年10月3日

▲このページのトップへ

東北で初、PGAジュニアゴルファー育成プロジェクト

夏泊ゴルフリンクスが舞台のジュニアゴルファーイベント

 「ゴルフの楽しさを体験してみませんか?」- 青森県内の小学生を対象とした「PGAジュニアゴルファー育成プロジェクト」は9月17日、23、24日の3日間、夏泊ゴルフリンクスで県内の約50人の小学生達が参加して行われます。
  日本プロゴルフ協会(PGA)が2009年からはじめた育成プログラムは“初めてゴルフをやる小学生のための普及活動”として、これまで岐阜、群馬、千葉、岡山、そして今年は長崎と県教育委員会や市の後援で5開催されました。今回、東北地区では初の開催となります。これまでは3年生から6年の高学年に限定して行われてきましたが、今回は1,2年生も加わってゴルフの輪の広がりはますます大きくなっておりゴルフだけでなくスポーツ界、さらに教育界でも注目のイベントとなっています。

 活動の内容は以下に詳しくご報告します。実はプロジェクトは9月11日スタート予定でしたが、悪天候で順延となり17日からになりました。しかし、会場の夏泊ゴルフリンクスには、当日多数の子供たちが集結、急きょ、予行演習が行われたので、その事情と内容のおしらせもしたいので私のコラムを掲載することにしました。

▼4ステップでショットの基礎からラウンドまでを行う

写真:PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトの様子1

 ゴルフの楽しさの体験を目指す子供たちには約10人のプロゴルファーがコーチとなってゴルフを教えます。プログラムは4つに分かれスナッグゴルフというアメリカ生まれの簡略化した道具を使い、握り方や打ち方の第1ステップ。その道具を使ったゲームやラウンドの第2ステップ。第3ステップでは本物のクラブで白いボールを打つと最終日にはコースに出て実際のラウンドを体験します。こどもたちが目を輝かす瞬間はその間、さまざまな形で展開します。初めて見るゴルフコース、初めて上がるグリーン、初めてのショット、その感触、飛んでいくボールのなんと遠くまで行くことかという驚き。「初めて」の積み重なりが子供を一瞬にしておおきくする。私にはそんな感覚です。

 ゲームやラウンドでは技術だけでなくルールやマナーを覚えます。うまくいったかと思うと全然だめで落ち込むこともあるゴルフは。他人を思いやり自分を励ますことを学ぶ“人生スポーツ”ともいわれます。11日に第1ステップを行うことになっていたのが、開催直前に突然、雨が強くなり順延を決めました。しかし、会場の夏泊リンクスにはなんと46人の子供が集まりましたが、送迎の父兄はその倍近く、総勢100人余が一緒でした。プロジェクトはそんな父兄には自分の子の新しい発見であり、驚きと感激であるようです。「お友達の失敗を励ましボールを拾ってきてあげたり人のプレーを静かに見守ったり。いつもよりもおとなになったように見えます」あるお母さんは言っていました。

▼技術だけでなくルールや行儀を覚える

写真:PGAジュニアゴルファー育成プロジェクトの様子2

 当日予定の参加者人数52人のうちの46人と100人近い父兄。順延中止が決まったものの動き出した流れは止まらず、11日、主催のPGA、会場の夏泊リンクスは急きょクラブハウス内の会議室3室をつなげ室内体育館としました。スナッグゴルフの道具もある、プロも東北各県、東京のプロゴルファーが居る。となれば黙って悪天候を恨んでいても始まりません。そこで行われたのが17日以降の予行演習。スタッフと子供たち、そして親たちもくわわった交流会でした。
  槇岡充弘チーフは自己紹介を兼ねたじゃんけん、体をほぐすボール遊びなどを行い、心身がほぐれたところでパターゲーム。そしてその中で道具としてのクラブの間違った使い方による危険性、ボールの初速の速さが及ぼす危険性などを教えます。交流は2時間たっぷり行われました。
  ゴルフに興味を持ち集まった子供たちはサッカー、バスケットボール、ダンスやバレーと他のスポーツを部活や町のクラブでやっています。土日、休日はそうしたスケジュールとぶつかって参加することはむずかしかった。にもかかわらず目を輝かせてとりくんでくれます。ゴルフをしたい。やってみようー。希望と願望に動かされた、元気な子供たちの姿をみているとプロジェクトをやってよかった。これから先のステップをしっかり成功させなくては。そんな思いを関係者全員が強く感じた“偶然の交流会”となりました。

  プロジェクトはジュニアゴルファーの発掘、普及をめざし参加料、プレーフィーなど無料。こうした体験会を通してゴルフに興味を持ち将来、石川遼を目指すもよし健康な人生にゴルフを取り入れたりしてほしい。そんな願いが生んだ取り組み。皆さん、温かく見守ってください。詳細はここでお知らせいたします。

(2011年9月13日記)
 

2011年9月16日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »