プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

長尺論争

あなたはどう考えますか?
―からだに固定する中長尺パターは違反に議論百出

 かつてのスタープレーヤーや懐かしい往年の名手たちが織りなす米シニアのチャンピオンツアーでロングシャフト、日本で言う中長尺パターの使用が可か、不可か、の論争が盛んです。

  へール・アーウインは普通のパター使用。「ゴルフそのもののプレー方法から大きく離れすぎるロングパターは反対。だからと言って禁止すべきとは思わない」。トム・カイトは長尺。「ゴルフというスポーツをもっと現実的なものにする必要があると思う。ロングパターを禁止するというなら全面的に支持する」。長尺を使用してツアーの最優秀選手を史上初めて3年連続獲得したドイツのベルンハルト・ランガーは、「ロングパターが明らかにパットをやさしくしているのならもっとたくさんの選手が使用しているはず。全体の15%から多くて25%ほどしかいないものをいまさら問題視するのは理解できません」と、もう少し時間をかけて議論すべきだという立場です。

 では何が問題なのか。体の一部にグリップエンドを固定する動作、「アンカーリング」と呼ぶ“技術”、これがゴルフの動作としては、違反ではないか、が論点です。
  胸やあごを支点とする長尺、最近多く見られる腰(ベリー)に支点を定めるベリーパターが対象です。

  長尺が出てほぼ30年が経ちます。出現したのはアメリカシニアツアーが立ち上がった1980年直後でした。数人が使いはじめると「オールドマンパター」(年寄りのパター)と、くすくす笑いとともに認識され始め、「あんな変なかっこでうまくいくわけないよ」と言っている間に、レギュラーツアーにも使用者が続出、世界中に広がって一種のゴルフスタイルとして定着、ルールも公認する勢い。 
 「年寄りの道具だから」と笑っていたものの、「方向が出やすい」「ショートパットに最適だ」と“利点”が認められ、安定志向のプレーヤーに珍重されました。一方でイップスに悩んだ人の“最後の手段”にもなってゴルフ普及の手助けになっていることも否めません。
 しかし、ここにきて、やっぱりこれは良くないのではないか。そんな空気なのです。

 

  きっかけは7月の全英オープン。アーニー・エルスとアダム・スコットの大激戦となりエルスが逆転勝ちしたあの試合です。グリーン上、エルスは中尺、スコットは長尺だったことは記憶に新しい。これが論争に火をつけ、ゴルフルールの総本山、英・R&A、米・USGAが各国の協会を集め、禁止に向けた検討を考慮し始めたのです。100年を越えるゴルフの歴史で優勝争いする選手が2人そろって伝統的なパットスタイルではないのはおかしい。ゴルフ発祥の地でのこだわりもあったのかもしれません。

 冒頭のアーウインらの反応は9月のものです。いずれにしろ簡単に決まらない問題です。ある選手は言っています。「短いパターに対して明らかに有利になるものではないとわかっているし、多くのゴルファーが使用している道具でもない」かまわないじゃないか、と問題視しません。
 「イップスでゴルフから離れた人をコースに連れ戻すきっかけになるのならゴルフ人口拡大に大いに役立つ。素晴らしいことじゃないか」別のひとりは、道具一つでゴルファーが減ることを留められるのならほっておけよ。一理ある意見かもしれません。

 道具や技術が変化するときの混乱はたくさんありました。1930年前後には、ヒッコリーからスチールへとシャフトが変わるときに大論争。羽毛ボールからガタパーチャそしてハスケルへの変遷。スモールか、ラージかも長い年月をかけみんなで議論しました。パッティンググリーンではサム・スニードがラインをまたいで打ち「ストロークの不正」を指摘されると、サイドサドルスタイルに替えて我を通した有名な話がありました。パットラインをまたいでボールを押し出すのは違反だが、女性の乗馬スタイルの横座りにヒントを得た、ラインの横から打つ“スニード流”はついにルール上、公認され「パッティングスタイルに型なし」の伝統はかろうじて守られたのは有名な話です。

 中長尺論争。どんな結末になるのでしょうか。支点を体の一部とすることの不公平か否かだけではないようです。ルールの総本山では、シャフトの長さとヘッドの大きさに断を下し飛びすぎるゴルフにストップをかけたばかりです。パターはドライバーより長いのはけしからん。そんな思いもあるのでしょうか。

  クラブでボールを打ち穴に入れるゲームは600年を経てずいぶんとやり方が複雑に、確かに変わったな、と思います。

 今回のことは、オリンピックイヤーにルールが大改正されるゴルフ界の習いでいうなら2016年、ブラジル・リオ大会直前まで議論が繰り返されることになるでしょう。ロングパターを使っている人、これから中尺に替えようとしている人。いやいや、議論にだけ参加する人もじっくり対策を練って楽しんでください。

2012年9月28日

▲このページのトップへ

アーニー・エルスの逆襲

-リンクスが生んだゴルフへの回帰

 2012年の全英オープンが終わりリンクスのメンバー、青森および全国のリンクスファンのゴルファーのみなさん、いかがお過ごしですか?猛暑の東京から夏泊ゴルフリンクスに思いを馳せるとき、皆さんのゴルフスタイルがなにがなし変化しているのではないか。そんな“いたずら心”を胸にいまパソコンのキーボードをまさぐっています。いや、ことしの全英オープンはリンクスのゴルフをじっくりと見せてくれました。夕方からビールとウイスキーを用意し翌午前3時くらいまでテレビの前で見た4日間。かつて新聞記者時代に2度、足を運んだロイヤルリザム&セントアンズはテレビという“他人の目”を通した情報を垣間見るもどかしさはあるものの、その場にいない分、思考が先行、イマジネーションが自在に飛び交って見ごたえがありました。

 五輪を1週間後に控えたロンドン北西部400キロにあるコースは、映画「シャル ウイ ダンス」でも知られる社交ダンスのメッカ、ブラックプールの街中にあります。アイリッシュ海まで1キロ、リンクスでしか開催しない全英、その開催コースの中では海からは遠く、居住一体、それだけゴルフが市民生活に根深く根ざして目の肥えたファンの多いところです。

写真:タイガーウッズ 今年の大会は世界的傾向なのでしょうか、雨が多く、いつもは黄金色のコースが、緑と茶色のペンキで縁取りされ別のコースのようでした。試合は3日間を終わって豪州のアダム・スコットが2位に4打差。ところが最終日に風が吹くと優勝争いは混とん。タイガーウッズがポットバンカーにつかまりトリプルボギーをたたいた6番。地元のマクダウエルは同じバンカーでグリーンに背を向けバンカー内からバンカー内に“ちょん出し”する珍しいプレーもありました。 36ホールボギーなしのアメリカのスネデカーがプレッシャーでショートパットまでおかしくなりズルズルと後退すると早い組のアーニー・エルスが最終18番でバーディーをとったのが結局、ウイニングパット。スコットが上がり4ホールで音たてて崩れ去る大逆転となったのでした。

写真:アダム・スコット

 スコットは好調なドライバーショットでパー5を確実にバーディーとするなど危なげなくパットも良く、アプローチがちょっとぎこちなく「これがメジャーをとれないウイークポイントかな」ふと懸念を感じさせたものの、後半14番でバーディー、残り4ホールで2位に4打差と逃げ切りへ向けて万全でした。
 しかし、そんなゴルフが音をたてて崩れたのは、コースがさらに乾いてからです。打てばオーバー、ゆるむとショート、オンしても遠いアプローチパットは寄らずあがり4ホールを4ボギー。初メジャートンなるタイトルを目前で逃しました。

○206個のバンカーが巻き起こした乱戦

写真:夏泊GL18番ホール 古今、リンクスの難しさが語られないことはありません。しかし、今回のリザム&セントアンズに限っては“ラッキーないい大会だった”と誰もがスコットを称える穏やかな結末となるはずでした。しかし、そうならなかったのは?206個のバンカーではなかったか。私はいまそう結論しています。

 後からなんでもいえるものですが、エルスが最終日、2番と9番をボギーにしたとき「オヤッ?」と感じるものがあったことをお伝えしたいと思います。首位から6打差5位スタートのエルスは、それまで短いバーディーチャンスを外し2ボギー。厳しいメジャーの最終日を戦うにはなんとももったいない内容なのです。しかし、わたしには、そのゴルフは決してひ弱にみえなかった。それどころか毅然として見えたものです。すでに記述しましたが、スコット以外の上位陣が崩れる中、ひとり安定していた。エルスと言えば、ミケルソンとはジュニア時代からのライバル。だが、ここ10年はけがなどのスランプで全くいいところなし。しかし、ことし、ようやく復調の兆しが見えていました。自分の立ち上げたジュニア育成基金からはウースターヘイゼン(2010年全英オープン)シュワーツェル(2011年マスターズ)といった南ア出身のメジャー優勝者を生みだし指導者としての評価は高い。1994年と97年の全米オープンでアメリカ人以外の全米オープンチャンピオンとなったヒーローはまだ42歳の若さなのです。
 206個のバンカーが運命を変えました。エルスはバンカーに入れることなく、入れてもトラブルとせず、実に巧みにリンクスを泳ぎきっていたのです。
 そのすべてが小さく深いなべ底型。というより鍋どころか紅茶の国、イギリスのバンカーはポット型。その形はバラエティーに富んで入れたらペナルティーとなる世界一タフなバンカーです。その垂直に近い壁はソッドウオールといい、芝生のターフを何段にも丹念に積み重ねてあります。バンカーのフェース面は風と雨で浸食されやすく、崩れやすいのでそれを防ぐためターフ(根つき芝)を積み上げたバンカーが200以上。選手はドライバーを封印しとにかく刻みまくった今回。それでも地獄に吸い込まれるのは、小さな直径に比してバンカーは見た目より大きかったからです。写真:夏泊GL8番ホールそう、朝顔の花びらが大きく開いているのは虫を受け入れるため。リンクスではボールをのみ込むため花びらはバンカーまでのスロープとなって5メートルのバンカーも実際は10メートルの大きさがあるのです。バンカーの周りは、密生したとげのあるハリエニシダが群生する「ゴース」、(ごーす、コースではない、念のため)低く這うように伸びる小灌木「ヘザー」、ススキのような茎の長い「フェスキュー」といわゆる自然のハザードに囲まれています。リンクスのゴルフが自然との闘いといわれるのはこれでおわかりかと思います。

 スコットランドの海岸、リンクスで始まったゴルフ。600年、いや700年の昔。バンカーは吹き寄せる風が造った砂地でした。その形はひと晩で千変万化したといいます。風向きで運ばれた砂が新しいバンカーを造ったり、深くえぐったり盛り上げたり、コースはひと晩でさまざまに変化したのです。

2012年7月27日

▲このページのトップへ

マスターズが終わった

14日、夏泊ゴルフリンクス、ついにオープン

14日オープンした夏泊ゴルフリンクスの15番ホール。春の気配がいっぱいの空の明るさと残雪が見事なコントラストをみせた。 今年のマスターズトーナメントが終わりました。
 米ツアーの左打ち、ババ・ワトソンと南アフリカのルイ・ウェストヘーゼンがプレーオフで争い、その2ホール目に、ババが林の奥深くに打ち込む大ピンチから見事にピンそばをとらえ優勝しました。ババはマスターズ3人目のレフティーのマスターズチャンピオン。ウェストヘーゼンだったら南ア出身ではゲーリー・プレーヤーらに次いで4人目となるところでした。ちなみに左打ちのチャンピオンはカナダのマーク・ウイア(2003年)ミケルソン(04、06,10年)以来。オーガスタは右打ちのドローヒッターでないと勝てない、とか欧州勢が強い、といった最近のジンクスはひっくりかえされました。ババはフロリダ生まれのアリゾナ在住、「これまでいっさいコーチにつかずパブリックコースでひたすら腕を磨いた」というアメリカ人らしくないアメリカ人。もっともスライスといった方がいいような豪快なフェードボールが持ち味。であるなら右から左への球質、コースは合っていたということだったのですね。

 残念ながら石川遼は予選通過ならず、アマの松山英樹は決勝ラウンド進出で2年連続のベストアマへ好ペースも最終日に80と崩れてしまった。それでもセカンドアマに食い込むあたりさすがです。石川は今回、不発に終わりましたが、20歳でもう4回も出場した“実質成長”に期待が膨らむ。帰国した4月9日の成田空港の記者会見で中学の同級生との婚約を発表しました。大人のプロとしての今季を注目したい。

○マスターズ、ボストンマラソンを夏泊で

練習グリーンでパッティングの調整をするゴルファーたち。名物の高速グリーンは上々の仕上がりだ。 もう40年になります。日本の男子ツアーが立ちあがった1973年を境に海外取材が年々、頻繁になった新聞記者時代を思い出します。
 4月は女子メジャーのナビスコ・ダイナ・ショア(現在のナビスコ選手権)でカリフォルニア州パームスプリングスを皮切りに、翌週、マスターズを取材、さらにその翌週にボストンに飛びボストンマラソンを取材するのがゴルフ記者の定番の動きでした。西海岸の避寒地からジョージアのオーガスタ、そしてボストンへ。その取材はアメリカの春の訪れを体感しながら1カ月に及ぶロングジャーニー、長い旅でした。
 マスターズは映画「風と共に去りぬ」で知られるディープ南部の州都アトランタ近郊で行われ地元ではマスターズをもって春、とばかりみんな浮き立ちます。町は花やぎジョガーがめだちはじめ市民は旅行に行ったりピクニックしたりみんなが春を謳歌します。
 ボストンマラソンはまさに春開幕を告げる一大イベントでホプキントンからボストン市内に向け42・195キロを走る片道コースを走る世界的な大会です。もっともいまはその片道マラソンであることがアダとなって記録公認が成されなくなりましたが、かえって市民マラソン色が強く数万人が世界中から集まる大マラソン。大会は4月第3週の月曜日、米独立記念日のパトリオットデイのイベントとして行われます。市民はその日を境に春となる祝日を目いっぱい楽しみます。
 そしてマラソン当日には、必ず米大リーグ、ボストンが本拠地のレッドソックスの試合がかならずあり、フェンウエイ球場はマラソンの勝負どころ、あの有名な心臓破りの丘のすぐ近くにあり、トップランナーが通過するころには野球の観客が道路に出て応援し、選手が居なくなるとまたスタジアムに戻って野球観戦という光景が見られました。「そんなのありかよ」といわれるかもしれませんが、野球のチケットの版権があればこの日ばかりは出入り自由。いまはともかく20年前くらいまでは「有り」でした。そう、市民は春の到来をそうやって祝った。ボストン市も球場もホテルもバーもみんなで大はしゃぎ。そして近隣のゴルフ場もこの日をもって本格オープンとなるのはいまもかわりません。

○4月14日、ゴルファー待望のオープン

心躍るスタートホールは2012年シーズンの打初めだ。むつ湾に向かって足取りも軽い。 さて前置きが長くなりましたが、おまたせしました、夏泊ゴルフリンクスにもいよいよ春到来。4月14日、ようやくというか、ついにというか、やっとオープンしました。
 大雪の影響で1992年開場以来、最も長期のオフシーズンとなりましたが、14日の土曜日をもって2012年シーズンの幕開けです。これまで最も遅かったオープニングが4月6日、しかし、今年はその記録を丸1週間もうわまわる史上最も遅いシーズン開幕です。
 14日、待ちかねたゴルファー、約70人がコースに飛び出して行きました。
 コースはその全貌を雪の下から姿を現し、若葉も萌たちはじめました。最上支配人以下スタッフ、食堂とコース管理の面々は遅れた春を取り戻そうと大わらわです。コースはアウトに雪が垣間見え、今年の豪雪の名残りをとどめますが午後には陽もさしゴルファーのはなやいだ歓声とさんざめきでいい雰囲気です。「グリーンは前日に刈り込みローラーもかけて良い加減のスピードが出ています。14日にオープンできればいいと準備をしてきましたが、グリーンコンデションがすばらしくオープンに踏み切ることができました」“私たちも待ち切れなかった”と最上悟支配人の声も弾んでいます。そうです、本当にお待たせしました、東北の春、夏泊のゴルフ開幕。リンクスの春がはじまりましたよ~。オーガスタに負けず、ボストンを上回る春の謳歌が聞こえ始めました。
 

 

img-mutoho2.jpgゴルフジャーナリスト。ゴルフ評論家。1939年11月・東京・杉並で生を享け、その後、世田谷区で育った。池ノ上小学校、北沢中学、都立千歳高校を経て1960年に立教大学社会学部新聞学科に入学する。大学では新聞文章論などを専攻した。部活はゴルフ部。奇しくも1957年の「カナダカップ」(現ワールドカップ)で中村寅吉、小野光一プロペアの日本チームが優勝し、さらにこれが日本初の本格的な国際試合の開催、初のテレビ中継に加え、日本が世界一になったことからゴルフに注目が集まり、ゴルフ部には100

2012年4月14日

▲このページのトップへ

風で球動いても罰なし

2012年強風の1罰打廃止 ゴルフルールが変わった。
でも夏泊は前からやってたもん

 「そんなこととっくの昔にわかっていたこと、驚きません」ー夏泊のメンバーたちはきっとそういうと思います。
  ゴルフルールを決めるイギリスのロイヤルエンシェントクラブ(R&A)と米国ゴルフ協会(USGA)が10月末、来年2012年をもって導入するゴルフの新規則を発表、世界をアッと驚かせました。しかし、夏泊のゴルファーなら「さもありなん。前からうちらはやってたもんねえ」にんまり笑みを浮かべ目と目を合わせてうなずきあったはず。全然、驚かない。なぜなら8年前からやってたのだから。

 ニュースは「強風の1打罰廃止へ」「風で球動いても罰打なし」のゴルフルール改正で新聞も取り上げ、ゴルフの不公平ルールが改正されゴルファーには朗報、という内容。
  要約すると、新ルールは「アドレスに入った後に強風などで球が動いた場合に課していた1ペナルティーを罰打なしに変更する」というものです。御存じのように、これまでのルール(規則18-2b)では「プレーヤーの球がアドレスした後で動いた場合、プレーヤーはその球を動かしたものとみなされ1打の罰を受ける」とあるが、新規則では「球が動いた原因が選手になければ罰はなく動いて止まったところからプレーする」(趣旨)と変更されます。
  新ルールは2012年1月1日から適用されるため施行は来年。ゴルフルールの変更は4年に一回、オリンピックイヤーに大きく変えるのが慣例ですが、2012年がゴルフ発祥の地といわれる英国。ロンドン五輪ということ大いに関係があると受け取っていいでしょう。

 動いた球、特に風で動かされた球の処置は判断が難しく、アドレスをしていたか、していなかったかで罰がついたりつかなかったり、またその後の処置も元あった場所から打ちなおしたり、ボールが止まったところからプレーしなければならなかったり、とゴルファーには悩みの種。それが今度のルール改正で来年からアドレスしていても風が動かしたのならノーペナ、プレーはボールが止まったところからプレーする、に変わる。新聞は風の強いアイルランドの名手、メジャー3勝のパドリク・ハリントン選手の「強い風が吹くと球が動かないかとそればかりが心配だったが、これでプレーに集中できるし不公平な罰に怒らないで済む」という談話を紹介、おおむね好評だ。

  さて、夏泊です。クラブ競技や普通のラウンドでも採用してきた夏泊ならではの特別ルールが今度の改正とぴったり合致する。もう8年前!夏泊ゴルフリンクスでは!
  なにしろ日本を代表するリンクス。無風快晴ののどかな日和が一変、強風が吹くともうボールを打つどころではなくなる(※ことがある、と受け取って欲しい、でないと知らないゴルファーにそんな風が強いところでプレーするのはご免だ、と敬遠されてはこまるから。そんな日はめったにありませんから来てくださいね)
  よくあるのはグリーン上、パットしようとするとボールが“逃げていく”“マークしたボールをリプレースしようとしても風で動く”など、高速のハイスピードグリーンだからこそのケースが多発した。そのためプレー進行も遅れるなど問題が多かった。そこでできたのが既述の特別ルール。コース関係者によると2003年にできたものです。

 その実際はこうです。「パッティングの時、ボールのあるもっとも近いところにボールマーカーやコインを置いたままパッティングしてもかまわない」―。“ええーっ”と声が聞こえる。“ボールマーカーは球の真後ろにマークしなければならないのに、いーけないんだ”。さらに、「アドレス中、ボールが動いても無罰でボールマーカーからプレーを続ける」-。ボールを自分が動かしたのではなくても罰打を食う理不尽や悲劇を夏泊ではいち早く消化吸収し折衷案を提起し実行、実践していたわけです。どうです、世界にさきがけているでしょう?

 新規則は今年あと2カ月をかけて世界のプレーヤーに浸透させる。
 詳細はコースの掲示板、新ルールブックなどで明らかにされるが、今回の改正はプレーの不公平をなくし混乱を取り除くものと、大方のゴルファーに好評であることは、ここに改めてお伝えしないといけない。そして、英米のルールの総本山が、動かざるを得なかった裏には、夏泊のようなリンクス、世界中の風もペナルティーの内と決め、ゴルフの厳しさに耐えた、つまり、大方のゴルファーの総意があったことも伝えたかった。R&Aは「一般常識や近年の競技の変化を反映しながらルールは発展している」と述べたが、新ルールは間違いなくゴルフを進化させたと受け止めると強風にまつわる話だが、心がほのぼの温まる。

2011年10月31日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »