プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

ルールの精神

-4月のマスターズのタイガーのプレー 誤所からのプレーについて 

写真:アダム・スコット 今年のマスターズトーナメントはオーストラリアのアダム・スコットが豪州勢として初タイトルを手にしました。そのゴルフのスケールの大きさとイギリスの流れを継いだゴルフの歴史から、マスターズで不振の続く豪州勢の存在はゴルフ界7不思議の一つにあげられていました。
 スコットはかつてタイガーの対抗馬として、若手の筆頭にいた。スイングがタイガーそっくりで「ホワイトタイガー」。その切れの鋭いパワーゴルフは“白いタイガー”ともてはやされたものです。いまではグリーン上、ロングパターを駆使するなど堂々の自分流、メジャーを制して世界の中心選手としてこれからの活躍が楽しみです。

 今回、筆をとったのは(パソコンを開いたのは)、しかし、スコットではなくタイガーのことです。2日目の15番パー5でタイガーは3打目を池に入れボギーとした。なぜ池に入れたかというと約80ヤードのショットがピンを直撃し、あろうことか手前の池に転がりこんだ、あの不運なシーンです。
 打ち直しのショットは1メートル弱。ワンパットのボギーとしてやや肩を落としながら16番に向かうタイガー。「がんばれよ~」テレビの画面に向かって思わず声をあげてしまうほどかっこよかった。不運にもめげず、直後、その場所からの打ち直しをぴたりとつける、技術の高さ、強靭な精神力。女性関係でつまずいてしまったが、人生の試練を乗り越えた男への励ましの気持ちが私の中に湧き、うれしかったのです。

○タイガーは誤所からのプレーで失格の声?

写真:タイガーウッズ1 さて、本題はここから。この打ち直しショットの場所が、もと打った地点から2ヤードも離れていたことがホールアウト後に発覚、審議は翌第3日のスタート直前までおこなわれ、タイガーには誤所からのプレーの2罰打がつきトリプルボギーとなったのでした。
 ウオーターハザードの正しい処置として、最後にプレーしたところのできるだけ近くにドロップするーとある処置をタイガーはとりドロップして打ち直しました。しかし、ホールアウト後の記者会見で「2ヤード後ろに下がって打った」との発言、さあ、大変。ご存知のように,誤所からのプレーなら2罰打を加えずスコアカードを提出したので、失格です。

 マスターズ委員会も調査と審議を重ね3日目のスタート前にはウッズに事情調査も行った。その結果、「15番ホールにいた競技委員の判断、ホールアウト後のビデオでの確認で問題はなかった。ウッズにも違反の意識はないままに誤所からプレーしたのは明らかだった」と結論。そこで裁定は「われわれそのとき、その時点で問題ないと判断した。したがって2罰打を課すことだけにした」。

○メジャーでは2度目の大岡裁定

 ルールはときに冷徹だ。長い歴史の様々な場面で誰が見ても些細なミスは数多くある。ちょっとした勘違いや、仕方ない自然現象といった、人為の及ばないミスもルールに照らし合わせ白か黒かと迷うと大方は“黒”と断じられてきた。そうした中でも、誤所からのプレーは、最も重いペナルティといえよう。どんな理由があろうと失格で、その救済に情状酌量の余地はない最も厳しい罰と言っていいだろう。それはゴルフがあるがままの精神に立って行われる自然を相手のゲームであるからだ。グリーン上でボールを拾いあげたり、悪条件のライからつまみあげたりすることはあるが、「あるがまま」を前提としたスポーツなのだ。

写真:タイガーウッズ2

 作家の夏坂健さんは書いている(「ゴルファーを笑え!新潮社刊」「たとえ善意であろうが、ルールにそむいてはならない。いや、もっと正確にいえば、ルールを無視してまで常識を優先させるのはゴルファーの仕事じゃないってことだ」
 そして「だが、血も涙もない規則の世界にだって、まれに例外はある」と1957年セントアンドリュースの全英オープンでのこんな事実を紹介する。

 1957年の最終日、南アのパットの名手、ボビー・ロックは3打リードして最後のパットを残す。そのボールは同伴競技者のライン上にあり、彼はパターヘッドの長さだけボールをずらした。そして大歓声の中、マークを元の位置にもどさないままカップインし、もみくちゃになった。自分のボールを元に戻すことなくだれもそのことを指摘せず、しかし、のちにテレビ視聴者から指摘があり、ロックは失格を覚悟した。委員会は紛糾した。しかし、数日後、ロックの元に委員長からこんな手紙が届く。
 親愛なるミスターロックへ。あの最終グリーンでの出来事について特別の処置をとらないことと決めました。その理由としてこうあのる。
 「この決定は、2フィート(60センチ)の距離で全英の覇者になれたはずの人が、誤って3フィートのところからボールを打ったとしても、とくにその人に有利とは思えないためです。あなたの優勝スコアは279のままです。偉大なるゲームの精神にのっとり、以上のように決定いたしました」
 偉大なるゲームの精神にのっとり。今回のタイガーの出来事の治めどころとするのにこれほどわかりやすい落とし所が他にあるとは思えない。マスターズ委員会はメジャーの心意気を見せてくれた、素晴らしい。タイガーはちなみに5アンダーの4位、スコットに4打及ばなかった。

2013年4月29日

▲このページのトップへ

佐々木久行逝く

世界一チャージした男 佐々木久行の思い出
―95年、夏泊ゴルフリンクスが生んだ日本プロチャンピオン死す

写真:佐々木久行氏 あの勇姿を忘れない。180センチの長身から繰り出す目の覚めるようなショット。1995年、夏泊ゴルフリンクスで行われた日本プロ選手権。その最終日のイン10番でイーグルをとった後、15番ホールでもイーグルを奪うとハーフ29、夢の63をマーク、大逆転優勝した。興奮冷めやらぬクラブハウスのインタビューではこんなことを言った。
 「29は今季これで3回目だ。ゴルフはいつもいいスコアを出すものだとやっているから驚かない。満足。本当に良いゴルフができ優勝できみんなに喜んでもらったことがうれしい」これぞプロフェッショナル、その時、わたしは心底、身内が震えた。嬉しかったのだ。

 プロゴルファー佐々木久行さん、夏泊のヒーロー、がなくなった。クールでたくましく、黒髪をオールバックにかっこよく貴公子と呼ばれた。正月1月3日、滞在先のタイで心不全に襲われ急死、48歳だった。遺体は群馬の自宅に帰り13日、葬儀が営まれ多くのファンが悔やみ、悼(いた)んだ。

○タイガー?遼?そんなものじゃない、攻撃ゴルフのヒーローだ

写真:95年表彰式の様子1

 攻撃的ゴルフというと私の中では佐々木久行だ。ツアーを追う長いゴルフ記者生活は世界中に及んだが、佐々木ほど攻める男を見たことがない。パーマー?デーリー?タイガー?それとも石川遼?そんなもんじゃない。攻撃的プレーヤーはあれど、時代や状況と併せ、さらには思い入れという個人的感情を加味させていただくと、私の中では断然、佐々木なのだ。
 95年の日本プロの最終日、5打差の4番手から出た佐々木は、アウトを2バーディーで折り返すと10番パー5を2オンさせるイーグルが口火となった。打ち上げの15番。真っ向強風の夏泊名物が吹きつける中、フェアウエー右サイド、絶好のポジションからショートアイアンで打ったボールはグリーン右に落ち左下がりのピンへ大きく放物線を描く。“ほう、あんなに転がるのか”とみていると、10メートル、15メートルと数える間もなくボールが突如、消えたではないか。かちーん、と乾いた音が聞こえたような気がするが、錯覚か。だが、白い放物線が消えた先はカップだったのだ。大逆転のイーグル、インだけで2イーグル、3バーディーの29、トータル63。 
 以来、すごいことをやってのける代名詞となった。

○タクシー代25万円、試合に出たくて深夜の特急便

 こんなこともある。まだ駆け出しのころ、ウエイティングで出番を待っていた広島での試合。、“空き”が出ずあきらめて帰京、自宅に着くと出場できることがわかった。あきらめてコースを離れたあと欠場者が出る。よくあるトーナメントのドタバタだ。佐々木は迷わず出場を決めると、タクシーを呼ぶとそのまま試合場に駆けつけた。これもよくある話。
 しかし、そのトーナメントは広島での開催(大会名は忘れたが)、めっぽう遠く試合は翌日であと10数時間で開幕する。佐々木はタクシーをチャーターすると東京から広島まで一気に、高速道を飛ばしに飛ばした。深夜、新幹線も航空便も運行していなかったのだ。試合には何とか間に合った。そしてこれにはオチがあるタクシー代が20万円弱かかっている。「それしか方法がなかった。試合に出られる。チャンスは逃せないという一心だった」-その時の佐々木の成績は記憶にない。しかし、それほどまでしても試合に出たいというプロゴルファーの性(さが)を見た驚き。と同時に佐々木という男の決断、潔さに凄みを感じた。“この男、何か持ってるな”というアレ、である。そう思ってみる佐々木は、確かに他人と違って驚かせ続けた。
 山梨のダイワインターナショナル(90年代始めに3年間開催)の最終日、最終ホールを2打リードで迎えながらパー5の2打目を2オン狙い、池に2度も入れ優勝を逃したことがある。
 池を避けレイアップしてパーで上がることは佐々木にとってなんでもなかったが、しなかった。私はその攻略性を無謀、と決めつけ記事を書いた。「優勝を逃したのではなく佐々木は捨ててしまった」と批判する内容だった。
 その後、佐々木と会った時、その話になった。すると「あの状況がまた来たら?ぼくはやっぱり同じように攻めるだろう。そういうゴルファー、それが生き方だから」と笑った。

写真:95年表彰式の様子2

○ワールド杯でデービス・ラブとプレーオフの快挙

 1986年から下部のチャレンジツアー参戦、93年、ツアーシードを獲得すると94年の関東オープンに勝ち、初出場のゴルフ日本シリーズの最終日、7打差3位から66の大まくりで尾崎直道を大逆転、その攻撃的なゴルフを一気に開花させる。ツアー5勝は静岡オープン(97年)を除きすべて公式戦。メジャーに強い、すなわち名誉のかかった試合への特別の思いは、攻撃ゴルフを引き出しめっぽう強かった。強い思いが大勝負で力を発揮するエネルギーとなる事を眞から理解し実践する勝負師だった。私の直感は当たってよしよし,よくやってるぞ、とうれしかった。
 夏泊の日本プロでの優勝で10年シードを獲得した95年は、ワールドカップ(中国)で初日10アンダー、62で個人戦トップに立つと最終日21アンダーで全米プロチャンピオンのデービス・ラブ3世と並びプレーオフ、惜しくも敗れたが、その健闘は絶賛を浴びた。“何かやる男”の面目躍如だった。

 翌96年は米ツアーに年間通して挑戦したが、左手首の腱しょう炎を発症、故障は手術を受ける重症となり生涯、佐々木から離れなかった。
 90年代後半から2000年初頭まで10年に満たない佐々木のツアー人生。それは短距離ランナーのはげしくも華やかな花火を思わせた。48歳、シニア入りをあと2年後にひかえて、米シニア、「チャンピオンツアー」参戦を目指して頑張っていると聞いた。
 実はその事を聞いた時、思い出の夏泊リンクスにぜひ来てもらい、みんなで応援しよう、とひそかに計画していた。2014年は夏泊で日本プロが開催されて20年、その年の暮れには佐々木は50歳を迎えるはずだった。大会を振り返りその偉業を称え、米シニアツアーでの優勝に弾みをつけよう。そんな想いである。だが、間に合わなかった。
 佐々木の無念は、夏泊

2013年1月22日

▲このページのトップへ

長尺論争

あなたはどう考えますか?
―からだに固定する中長尺パターは違反に議論百出

 かつてのスタープレーヤーや懐かしい往年の名手たちが織りなす米シニアのチャンピオンツアーでロングシャフト、日本で言う中長尺パターの使用が可か、不可か、の論争が盛んです。

  へール・アーウインは普通のパター使用。「ゴルフそのもののプレー方法から大きく離れすぎるロングパターは反対。だからと言って禁止すべきとは思わない」。トム・カイトは長尺。「ゴルフというスポーツをもっと現実的なものにする必要があると思う。ロングパターを禁止するというなら全面的に支持する」。長尺を使用してツアーの最優秀選手を史上初めて3年連続獲得したドイツのベルンハルト・ランガーは、「ロングパターが明らかにパットをやさしくしているのならもっとたくさんの選手が使用しているはず。全体の15%から多くて25%ほどしかいないものをいまさら問題視するのは理解できません」と、もう少し時間をかけて議論すべきだという立場です。

 では何が問題なのか。体の一部にグリップエンドを固定する動作、「アンカーリング」と呼ぶ“技術”、これがゴルフの動作としては、違反ではないか、が論点です。
  胸やあごを支点とする長尺、最近多く見られる腰(ベリー)に支点を定めるベリーパターが対象です。

  長尺が出てほぼ30年が経ちます。出現したのはアメリカシニアツアーが立ち上がった1980年直後でした。数人が使いはじめると「オールドマンパター」(年寄りのパター)と、くすくす笑いとともに認識され始め、「あんな変なかっこでうまくいくわけないよ」と言っている間に、レギュラーツアーにも使用者が続出、世界中に広がって一種のゴルフスタイルとして定着、ルールも公認する勢い。 
 「年寄りの道具だから」と笑っていたものの、「方向が出やすい」「ショートパットに最適だ」と“利点”が認められ、安定志向のプレーヤーに珍重されました。一方でイップスに悩んだ人の“最後の手段”にもなってゴルフ普及の手助けになっていることも否めません。
 しかし、ここにきて、やっぱりこれは良くないのではないか。そんな空気なのです。

 

  きっかけは7月の全英オープン。アーニー・エルスとアダム・スコットの大激戦となりエルスが逆転勝ちしたあの試合です。グリーン上、エルスは中尺、スコットは長尺だったことは記憶に新しい。これが論争に火をつけ、ゴルフルールの総本山、英・R&A、米・USGAが各国の協会を集め、禁止に向けた検討を考慮し始めたのです。100年を越えるゴルフの歴史で優勝争いする選手が2人そろって伝統的なパットスタイルではないのはおかしい。ゴルフ発祥の地でのこだわりもあったのかもしれません。

 冒頭のアーウインらの反応は9月のものです。いずれにしろ簡単に決まらない問題です。ある選手は言っています。「短いパターに対して明らかに有利になるものではないとわかっているし、多くのゴルファーが使用している道具でもない」かまわないじゃないか、と問題視しません。
 「イップスでゴルフから離れた人をコースに連れ戻すきっかけになるのならゴルフ人口拡大に大いに役立つ。素晴らしいことじゃないか」別のひとりは、道具一つでゴルファーが減ることを留められるのならほっておけよ。一理ある意見かもしれません。

 道具や技術が変化するときの混乱はたくさんありました。1930年前後には、ヒッコリーからスチールへとシャフトが変わるときに大論争。羽毛ボールからガタパーチャそしてハスケルへの変遷。スモールか、ラージかも長い年月をかけみんなで議論しました。パッティンググリーンではサム・スニードがラインをまたいで打ち「ストロークの不正」を指摘されると、サイドサドルスタイルに替えて我を通した有名な話がありました。パットラインをまたいでボールを押し出すのは違反だが、女性の乗馬スタイルの横座りにヒントを得た、ラインの横から打つ“スニード流”はついにルール上、公認され「パッティングスタイルに型なし」の伝統はかろうじて守られたのは有名な話です。

 中長尺論争。どんな結末になるのでしょうか。支点を体の一部とすることの不公平か否かだけではないようです。ルールの総本山では、シャフトの長さとヘッドの大きさに断を下し飛びすぎるゴルフにストップをかけたばかりです。パターはドライバーより長いのはけしからん。そんな思いもあるのでしょうか。

  クラブでボールを打ち穴に入れるゲームは600年を経てずいぶんとやり方が複雑に、確かに変わったな、と思います。

 今回のことは、オリンピックイヤーにルールが大改正されるゴルフ界の習いでいうなら2016年、ブラジル・リオ大会直前まで議論が繰り返されることになるでしょう。ロングパターを使っている人、これから中尺に替えようとしている人。いやいや、議論にだけ参加する人もじっくり対策を練って楽しんでください。

2012年9月28日

▲このページのトップへ

アーニー・エルスの逆襲

-リンクスが生んだゴルフへの回帰

 2012年の全英オープンが終わりリンクスのメンバー、青森および全国のリンクスファンのゴルファーのみなさん、いかがお過ごしですか?猛暑の東京から夏泊ゴルフリンクスに思いを馳せるとき、皆さんのゴルフスタイルがなにがなし変化しているのではないか。そんな“いたずら心”を胸にいまパソコンのキーボードをまさぐっています。いや、ことしの全英オープンはリンクスのゴルフをじっくりと見せてくれました。夕方からビールとウイスキーを用意し翌午前3時くらいまでテレビの前で見た4日間。かつて新聞記者時代に2度、足を運んだロイヤルリザム&セントアンズはテレビという“他人の目”を通した情報を垣間見るもどかしさはあるものの、その場にいない分、思考が先行、イマジネーションが自在に飛び交って見ごたえがありました。

 五輪を1週間後に控えたロンドン北西部400キロにあるコースは、映画「シャル ウイ ダンス」でも知られる社交ダンスのメッカ、ブラックプールの街中にあります。アイリッシュ海まで1キロ、リンクスでしか開催しない全英、その開催コースの中では海からは遠く、居住一体、それだけゴルフが市民生活に根深く根ざして目の肥えたファンの多いところです。

写真:タイガーウッズ 今年の大会は世界的傾向なのでしょうか、雨が多く、いつもは黄金色のコースが、緑と茶色のペンキで縁取りされ別のコースのようでした。試合は3日間を終わって豪州のアダム・スコットが2位に4打差。ところが最終日に風が吹くと優勝争いは混とん。タイガーウッズがポットバンカーにつかまりトリプルボギーをたたいた6番。地元のマクダウエルは同じバンカーでグリーンに背を向けバンカー内からバンカー内に“ちょん出し”する珍しいプレーもありました。 36ホールボギーなしのアメリカのスネデカーがプレッシャーでショートパットまでおかしくなりズルズルと後退すると早い組のアーニー・エルスが最終18番でバーディーをとったのが結局、ウイニングパット。スコットが上がり4ホールで音たてて崩れ去る大逆転となったのでした。

写真:アダム・スコット

 スコットは好調なドライバーショットでパー5を確実にバーディーとするなど危なげなくパットも良く、アプローチがちょっとぎこちなく「これがメジャーをとれないウイークポイントかな」ふと懸念を感じさせたものの、後半14番でバーディー、残り4ホールで2位に4打差と逃げ切りへ向けて万全でした。
 しかし、そんなゴルフが音をたてて崩れたのは、コースがさらに乾いてからです。打てばオーバー、ゆるむとショート、オンしても遠いアプローチパットは寄らずあがり4ホールを4ボギー。初メジャートンなるタイトルを目前で逃しました。

○206個のバンカーが巻き起こした乱戦

写真:夏泊GL18番ホール 古今、リンクスの難しさが語られないことはありません。しかし、今回のリザム&セントアンズに限っては“ラッキーないい大会だった”と誰もがスコットを称える穏やかな結末となるはずでした。しかし、そうならなかったのは?206個のバンカーではなかったか。私はいまそう結論しています。

 後からなんでもいえるものですが、エルスが最終日、2番と9番をボギーにしたとき「オヤッ?」と感じるものがあったことをお伝えしたいと思います。首位から6打差5位スタートのエルスは、それまで短いバーディーチャンスを外し2ボギー。厳しいメジャーの最終日を戦うにはなんとももったいない内容なのです。しかし、わたしには、そのゴルフは決してひ弱にみえなかった。それどころか毅然として見えたものです。すでに記述しましたが、スコット以外の上位陣が崩れる中、ひとり安定していた。エルスと言えば、ミケルソンとはジュニア時代からのライバル。だが、ここ10年はけがなどのスランプで全くいいところなし。しかし、ことし、ようやく復調の兆しが見えていました。自分の立ち上げたジュニア育成基金からはウースターヘイゼン(2010年全英オープン)シュワーツェル(2011年マスターズ)といった南ア出身のメジャー優勝者を生みだし指導者としての評価は高い。1994年と97年の全米オープンでアメリカ人以外の全米オープンチャンピオンとなったヒーローはまだ42歳の若さなのです。
 206個のバンカーが運命を変えました。エルスはバンカーに入れることなく、入れてもトラブルとせず、実に巧みにリンクスを泳ぎきっていたのです。
 そのすべてが小さく深いなべ底型。というより鍋どころか紅茶の国、イギリスのバンカーはポット型。その形はバラエティーに富んで入れたらペナルティーとなる世界一タフなバンカーです。その垂直に近い壁はソッドウオールといい、芝生のターフを何段にも丹念に積み重ねてあります。バンカーのフェース面は風と雨で浸食されやすく、崩れやすいのでそれを防ぐためターフ(根つき芝)を積み上げたバンカーが200以上。選手はドライバーを封印しとにかく刻みまくった今回。それでも地獄に吸い込まれるのは、小さな直径に比してバンカーは見た目より大きかったからです。写真:夏泊GL8番ホールそう、朝顔の花びらが大きく開いているのは虫を受け入れるため。リンクスではボールをのみ込むため花びらはバンカーまでのスロープとなって5メートルのバンカーも実際は10メートルの大きさがあるのです。バンカーの周りは、密生したとげのあるハリエニシダが群生する「ゴース」、(ごーす、コースではない、念のため)低く這うように伸びる小灌木「ヘザー」、ススキのような茎の長い「フェスキュー」といわゆる自然のハザードに囲まれています。リンクスのゴルフが自然との闘いといわれるのはこれでおわかりかと思います。

 スコットランドの海岸、リンクスで始まったゴルフ。600年、いや700年の昔。バンカーは吹き寄せる風が造った砂地でした。その形はひと晩で千変万化したといいます。風向きで運ばれた砂が新しいバンカーを造ったり、深くえぐったり盛り上げたり、コースはひと晩でさまざまに変化したのです。

2012年7月27日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »