プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

ゴルフコースは時代を変える

―米屈指の名門、ファイアストーンとパインハースト―

 2014年、夏泊リンクスを訪れるゴルファーが多士済々、ファンが多くなったように思う。作家の池井戸潤さん、NHKのスポーツ中継の名アナウンサー,羽佐間正雄さん、女子プロの白戸由香さん、小林法子さん、、。
 ゴルフ史家の大塚和徳さんは、昨年初めて回って「自然がそのままある。すばらしい。自然が失われていない日本を代表する貴重なコースのひとつですね」と感嘆の声をつたえてくれた。世界のコースを歩き著書も多い方の評価は今後の指針となる。うれしかった。
 池井戸さんは旅の途中にふらりという感じでやってこられたが、苦戦を強いられた様子で、プレー後、求められた色紙に「次は倍返し」と悔しさをにじませ、リベンジを誓った。いま色紙はクラブハウス階段の目につくところに貼ってあり、必ず見るがつい笑ってしまう。くやしさを「倍返し」したいゴルファーの心情は誰の心も同じなのだ。

 ゴルフはやってみないと何がおこるかわからないが、次は、次こそはと思うか、思えないかが、ゴルファーの境目である。境目とは俺はこんなものじゃないぞ、とあきらめないか。もういやだとぶーたれるかの分かれ目でもある。ゴルファーのタイプはここで決まる。と言いながらゴルフは永遠に続くのだが、この分かれ目でどちらを選ぶかでそのゴルファーの質が決まると思うのだ。そしてそう仕向けるのはコースであり、自然なのだ。

写真:作家の池井戸潤さんとサイン

難コースでガルシアがハーフ27驚きのロースコア

写真:セルヒオ・ガルシア

 しかし、そんなことを言っているのはもはや時代遅れではないか。そんな気にさいなまれるこのごろだ。ボールが飛びすぎてゴルフがゴルフでなくなって久しいが、8月第1週に終わった米ツアー世界選手権シリーズ「ブリヂストン招待」ではマイッタ。
 大会2日目、セルヒオ・ガルシアはインを27、トータル61で回った。18ホールの半分、9ホールで9バーディー、8番から最終までの11ホールはすべてワンパットだった。驚いたことにこの大会で優勝したのはガルシアではなくローリー・マッケロイ。最終日、320ヤードのドライバーショットを連発し力で逆転勝ちした。パワー全開、300ヤード地点のフェアウエーバンカーをすべてキャリーで越えて先の全英オープンに次いで豪快に優勝、ついにワールドランキング首位である。マイッタのは、ゴルフの先行きへの不安だ。テレビをみながら「これでいいのか」と首ばかりをひねった。
 1976年、ゴルフの世界選手権を、とオハイオ州アクロンの名門ファイアストーンCCで始まった大会。7400ヤード、パー70、ゴルフ史上屈指の難コースは、ショートコースと化していた。飛距離は人智の努力のたまもの、と喜ぶときは過ぎたのではないか。ゴルフはドライバーの長さ、ヘッド容量、ボール初速の制限や規制では追い付かなくなっている。自然との闘いといわれたゴルフは素材がよくなったクラブやボール、扱う人の大型化、トレーニングメソッドの発達によってパワーゲームへと破滅の道を歩み始めていまいか。

 夏泊は大丈夫だろうか?実はゴルフを憂いているふりをしているが、心配は目の前にある。ファイアストーンの危惧は夏泊の恐れ。すべてのホールでハザードがハザードでなくなってしまうのは夏泊の現実でもある。ちなみに夏泊のチャンピオンティー(ブラックティー)は7192ヤード、パー72。ここ数年、世界の流れに沿って懸命にティーグラウンドを下げるなど世界中の多くのコース同様、飛距離のないプレーヤーの工夫や戦略、テクニック、駆け引きが通用しないのではゴルフはおしまい、といいながら、時代に遅れまいと必死に距離を伸長してきたのである。

全米オープン開催、パインハーストの大改造を考える

写真:パインハースト

 思い出していただきたい。6月、米東海岸のパインハーストナンバー2コースで開かれた全米オープンと翌週の全米女子オープンでのあの度胆をぬくコースの大改造である。
 男女のメジャーを同じコースで2週連続開催というUSGA(米ゴルフ協会)の英断を背景に、ラフというラフをすべて否定しラフの芝を根っこごと引っこ抜いた。くるぶしをうずめる米ツアーのタフなコースの象徴であるラフを取り払ったあとは、土の露出したウエストエリア(乾燥地)とした。もう百花狼藉の痛々しい姿に驚きを通り越し怒りすら感じた、という人もいたあの改造こそ世紀の決断だったのだ。
 「ゴルフはこのままでいいのかと考えたとき、われわれは何かをしなければならないと思った」主催の米ゴルフ協会(USGA)はその決意を世界に具体化した。1902年、伝説の設計家ドナルド・ロスが引いた設計図を基に忠実に復元したのだった。ティーとフェアウエーとバンカーとグリーンが茶色のウエストエリアと松林そして膝を覆うリンクスのラフの中に浮かび上がったパインハーストは、90年の歴史を逆行させることでゴルフの本質を取り戻そうとしたのである。

2014年8月8日

▲このページのトップへ

ニクラウスが呼びかける新しいコース

― 全米プロシニア開催ハーバーショアにみる新しい時代の息吹 ―

 みなさんも感じているように最近はクラブが振りやすくなり、ボールが飛び、結果的にコースが短くなった。トッププロが520ヤードのホールを楽々とツーオンしバーディー、イーグルをとる。「ティーショットは300ヤード飛んだ。残り220で5アイアン」などと平然と言うのを聞くと”ま、仕方ないか”と思う。180センチの大男だからそれもあるさ、と自らをなぐさめる。だが、女子が、270を飛ばし残り250をスプーンで一閃、鮮やかに乗せてくるのをみると“どうなってんだ”といいたくもなる。年齢は15,6歳、身長160センチに満たないアマチュアの女の子がいとも簡単にやってのけるのを見せられると50年間やってきたことが、一瞬にして覆(くつがえ)ってしまったようで、シュンとなる。

 ゴルフジャーナリストとして50年。海外ゴルフの中継解説をして20年になろうとしている。ゴルフ専門チャンネルの中継解説も貴重な取材である。わたしが契約しているゴルフネットワークは、1996年、タイガーウッズがデビューした時と同時に開局、ゴルフ専門チャンネルはスタートしているが、以来、彼がやってきたゴルフの変革。ゴルフをことごとく変えていくのを、まさにつぶさに伝えた。

 5月末、 米シニアのチャンピオンツアー、「全米プロシニア選手権」が米ミシガン州ハーバーショアゴルフクラブで行われ解説を務めた。大会は75回を迎えた伝統の大会。昨年はセントルイルで、井戸木鴻樹選手が優勝、世界をアッと驚かせた、あの大会である。今回はミシガン湖を臨むハーバーショアに舞台を移し5月23日から25日まで行われディフェンディングチャンピオンとして戦う井戸木を誇らしく見た。室田淳が最終日まで優勝争いにからみ9位に入った。優勝はスコットランドのコリン・モンゴメリーがドイツのランガーとの接戦を制し優勝した。今回、皆さんにはそのコースのことを知っていただこうとキーをたたいている。新しい試みがあちこちにあり、ゴルフコースの将来像が提示されていて強烈な印象だったことをお伝えしたいのだ。

18ホールに4つのコースが散りばめられていた

写真:ジャック・ニクラウス

 コースは4つに区分され、それぞれが全く別のコースとなってゴルファーに供されるのである。ミシガン湖に向かってスタートするコースは最初の5ホール、続く6番から9番までの4ホール、さらに10番からの4ホール、そして14番からの上り5ホールがまるで別々のゴルフ場のように独立しているかのようだった。
 コース全体はスタートして時計回りにゴーイングアウト、カミングイン、つまり9ホール行って9ホールを帰ってくる、スコットランドのリンクスを原型としている。
 設計はジャック・ニクラウス。といえば押してしるべし。全英オープン開催コース屈指の難コース、ミュアフィールドに傾倒し、故郷オハイオにミュアフィールドヴィレッジを作り米ツアー“5つ目のメジャー”と言われる「メモリアルトーナメント」を立ちあげた。18ホールに一つとして同じ風向きがない、自然、それも風を攻略の目玉としたコンセプトに感銘を受け、踏襲した人である。その大御所がまた気合いを入れて作ったのが今回のハーバーショア、正式には「ザ・ゴルフクラブ・アト・ハーバーショアズ」(6852ヤード、パー71)である。

 コース設計においては担当制を敷き、1番から6番まではニクラウス、他は同設計事務所の精鋭たちが設計から完成までそれこそ心血をそそいだ。全体の統括はもちろんニクラウスだが、分担することで新たな息吹を導入する、そんな狙いがあった。

 ニクラウスは1~6番のうち、3番から5番までに「ゴールデンベア・サークル」という右回りの円形スタジアムを作った。6番から9番はミシガン湖の砂丘地帯。湖風を真っ向から受け、ブラインドグリーンの小さな平坦エリアに正確無比なショットを要求した。このエリアは一転左回りに4ホールが配置され「ドラマチック・チャージ・ホールス」(劇的な挑戦ホール)と名付けてある。

 第3のエリアは10番から13番で「ノーザンミシガン・ホールス」(北ミシガンを象徴するホール)と名付け広葉樹林の林間コース、樫やメイプルツリーの大木が林立した。ここは全体に右回り。そして14番から18番は乾燥地帯に川と池が織りなすタフなホールの連続であった。湖から地面をなめるように吹いてくる向かい風のティーショットはタフでパワーと正確性をもとめられた。合間にある17番は一転、左風を計算して打つ200ヤードをこえる“ロング・ショート・ホール”(長いパー3)と圧巻だった。

 これでお分かりかと思う。どれひとつとって同じ風が吹いていない。そして18ホールに4つの典型的なコースを組み入れてある。即ち、ニクラウス、砂丘、林間、ウエットエリア(乾燥地帯)である。「ニクラウス」とあえて書いたのは小さいグリーとうねり、バンカー、そしてクリークとくればニクラウス。そう、いまやその名はコース設計の基本となっている。さらにこのコースにはパウパウ川が流れ11ホールに絡み、実に15ホールに水がハザードになっている。

 4日間、深夜のスタジオで横山和正アナウンサーと計12時間中継した。さまざまな思いがあったが、「ニクラウスさん、やってくれたなあ」という感慨が一番だった。
 冒頭にふれたが、飛ぶゴルフの面白さ、と同時に、飛ばさないゴルフもあっていいのではないか。それらが共存してこそのゴルフなのに今の時代、飛ばしばかりを求めすぎていませんか?といいたい。身丈にあったティーグラウンドを使えばいいだろう、という問題ではない。身丈に合わない長いコースだけで行われるトーナメントやゴルフでは、ゴルフの幅がせばまりはしないか、いささかうんざり、というのが本音である。いや、老いぼれの無理難題ではない。ニクラウスがそういっている、と思うのだ。

飛ぶゴルフだけではなく飛ばさないゴルフがあってもよい

 今回のヤーデージは6800ヤードちょっと。シニアとはいえ短かすぎるのではないか。だが、大会を迎えニクラウスの狙いは一切、飛ばしをシャットしているようだった。こう言い切るエピソードがある。かつてニクラウスはケイマンゴルフを推奨し、その普及に躍起となったことが、もう20年も前にあった。いわく。「このままゴルフが飛距離ばかりを追求していくとしたらゴルフの将来にはよくない」―ドライバーでフルショットしても120ヤードしか飛ばないボールでショートコース

2014年6月1日

▲このページのトップへ

夏泊リンクスの大改造計画

ー夢のティーグラウンドとグリーンの一体化ー

 東京の調布というところは新宿から私鉄の特急で15分。かつての田園地帯はいまベットタウン、流れる多摩川は東京湾まで20キロ。その町に住んで45年を過ぎようとしています。

写真:2013日本女子オープンゴルフ 宮里美香の2回目の優勝で幕を閉じた日本女子オープンゴルフがあった前週末は何かと思うことが多かった。開催コース、相模原GCへは木曜と日曜に出かけた。車で40分、ゴルフジャーナリストとしては、本当なら4日間いきたかったが、そうもいかない事情があった。同じ週末、家から15分のところにある味の素スタジアムで国体の陸上競技が行われた。東京では2度目の五輪が2020年、56年ぶり開催が決まったことは周知のとおり。先の東京五輪が開催された1964年、スポーツ記者としてスタートを切った私は、“駆け出し記者”としていきなり取材したのが陸上競技だった。大会後には種目を担当、以後10年ほど陸上記者を務めた。スポーツジャーナリストとして原点の陸上は常に目の隅にある。週末の残りの2日間は“味スタ”に足を運んだ。同じ週、ゴルフ専門TVチャンネルではプレジデンツカップ。世界選抜対アメリカ戦に驚異の新人、松山英樹が出場していた。早朝や夜中は海の向こうのゴルフを手に取るように見た。なにを伝えたいかというと、とても満足した。同時に世界は狭くなった、スポーツが身近になった、という感慨。しかし、待てよ?

 夏泊ゴルフリンクスに提案がある。10月半ば、恒例の理事会で次のようなことを皆さんと話し合いたいと思っています。つい、くだくだと思い出話となったのは、次々と開催されるビッグイベントのことだ。東京五輪はインフラを整備した大会で新幹線が走り高速道路が開通。国立競技場が作られ代々木には水泳プールや球技場が完成した。戦争ですべてを失った日本が復興をかけ施設の整備。そうした動きはゴルフに例えれば100数十しかなかったコースが一気に増えたのが五輪前後で現在2000コース。だが、それらが効率よく使用、利用されているか?といわれれば「ノー」である。大会を開催すれば観客があつまるのが、それ以外のとき効率よくつかわれているかといえば「ノー」。

日本一の練習環境をゴルファーの遊び場にする

写真:夏泊ゴルフリンクス

 夏泊ゴルフリンクスはゴルフ発祥のスコットランドを彷彿(ほうふつ)させる。1度来た人は“また来たい”という。私はそのとき、目が据わっている人はきっとまた来るな、と感じる。自分がいつもそうだから、、。
 速いグリーン、風、マウンド、バンカーやホールのうねりに苦労すると、戦略を変え攻略法を別のパターンにしたくなる。ゴルファーとはそうした“人種”である。たっぷりとある“余白”にクラブハウスとロッジが嫌みなくあり、遠く望む陸奥湾の海、秋のススキ、夏の緑と黄色、薄紅の花々のたたずまい、、なにより練習場は広く、試合でそのまま使えるベントグリーンとバンカーとアプローチゾーンはすばらしい。夏泊の練習環境は、これほどのものはほかに知らない。かねがね理事として鼻を引くつかせる(自慢すると誰でも鼻が勝手にヒクヒクと動く)整備された良い環境では、練習場付帯の練習グリーンで、これだけの仕上がったものは日本中でも夏泊だけであろう、と自負している。

写真:夏泊ゴルフリンクスの練習場 もう40年も前になる。全英オープンの取材で初めて英セントアンドリュースを訪れ大会翌日に初めてプレーしたときのこと、1番ティーの後ろが軽く刈り込んであってそこが練習グリーンになっていたのを見たときの驚きはいまも鮮明だ。大会では練習グリーンが別にあり選手たちが調整していたが、一般のプレーではティーインググラウンドの一部を刈り込んで即席の練習グリーン。その変わり身におどろいたものだが、なにも驚くに値しないのだった。ご存知のように1番ティーは18番グリーンと共有である。ティーを刈り込めばグリーンになる。英国では芝は育成しなくても自然が育てる。短く刈れば高速グリーンの出来上がりだった。そのグリーンの速いこと、しっかりしたフィーリングだったことはいうまでもない。
 夏泊リンクスを含め日本にその環境を持ち合わせているところはない。しかし、夏泊の練習場のベントグリーンは東京周辺のどの名門コースのグリーンと比べてもそん色ない、ということを強調したいのだ。セントアンドリュースが北緯56度、夏泊は北緯41度に位置するそうだ。気温、土質、風、、環境は北型。しっかりと上質のベント芝が育つ条件を備えている。

夏泊ゴルフリンクスはゴルファーだけのものではないみんなの広場

写真:セントアンドリュース 夏泊の好環境を、やってくるゴルファーにもっとアピールしたい。スタート前に行う練習環境の整備。そしてホールアウト後も存分にゴルフを楽しむ環境作りの整備だ。常々思うのだが、ゴルフとはラウンドすることとするゴルファーが日本には多いように思う。しかし、ラウンドする前、そして後にこそゴルフには楽しみがある。
 最近ルーティンということが言われる。ショット直前のウオーミングアップだけではない。打つ前の準備、タイミングや攻略への心構えを言うが、冷静な攻略,戦法があってナイスショットが生まれ、反省は必ずショットの後にするものだからホールアウト後の練習場はゴルフを楽しむための必須の要素であるはずである。
 唐突な私の夢がある。皆さんおどろくな。1番ティーをセントアンドリュース式の大きなエリアにしたらどうか。今の各ティグラウンドを拾いエリアにしパットもできるようにするのだ。
 10番は隣の18番とワングリーンでつなげてしまおう。インは10番からゴーイングアウト(すたーとしたら)、18番でカミングイン(帰ってくる)大きなグリーンは一つ、そこにティーとグリーンが共有される。

写真:ジュニア 近隣のこどもたちが遊びに来る広場。青森や三沢や遠く八戸のゴルフスクールの子供やゴルファ

2013年10月14日

▲このページのトップへ

全英オープン6位の松山にスコットランドの試練

― ミュアフィールドが課したペナルティについて ―

写真:松山英樹1 第147回を迎えた世界最古のトーナメント、全英オープンはアメリカのフィル・ミケルソンが優勝した。日本の松山英樹が堂々6位に食い込んで大物ぶりを遺憾なく発揮し頑張った。惜しむらくは第3日、大詰めの17番、スロープレーで1罰打をくい“あれがなければ”と言い訳の常套句も呟きたくなるところだが、これもゴルフ。後からウダウダ言うのはゴルフの精神にもとる。ゴルフはすべてを受け止めなければならない。

 だが、知っておきたいのは、この裁定の背景である。ペナルティはアジア人に向けた意地悪、という論調で主催のR&A(ロイヤルエンシェントGC)を批判する向きもあるようだが、そんな姑息(こそく)な事は断じてない。そこにあるものは、ゴルフの精神、こうあるべきという理念、こうしていこうという信念。英国の600年にわたって守り続けたゴルフへの思い入れ、がある。

 1970年代の中ごろに初めて全英オープンの取材に行って以来、30数年。英国にはいつも驚かされることが多い。その一つに難関ホールのティーグラウンドのもっとも後ろに役員がいて選手の打つボールの行方を前方に知らせるのがある。膝まで覆うようなブッシュやラフがあちこちにあるリンクスなので、いまでいうフォアキャディーの一員のような役割、と、みているとナイスショットのとき突然椅子から立ち上がると大声でさけぶのである。「ベリーグッド!」―。
 「大変、良い」である。“ナイスショットで~ス”ではない、断固として叫ぶ。
 ブレザーにネクタイ、濃紺のパンツ。開催コースのメンバーで役員か。かつては名を成したトップアマだった人かもしれない老ゴルファー。おかしいのはタイガーでもワトソンでもミスには、フンと空を仰ぐことだ。だが、いいショットには“ベリーグッド”のお墨付。その声音には独特のランクがあって普通の出来ならちょっとおなかに力を込める程度だが、ナイスポジションだと大音声。気合いと姿勢と声の大きさで評価がわかるのだ。

 その姿は自信に満ち威厳すらある。はじめはびっくりしたが、ギャラリーもその声を聞くと安心して手をたたいたり口笛を吹いている。そんな姿を見ていて真っ先に感じたのはゴルフ発祥の地スコットランド、全英オープンを持つ英国の使命感だ。「英国人はゴルフ発生の国としての自負、誇りそして使命感で大会を運営、維持しているのだな」安心感に気持ちが楽になったものだ。

写真:松山英樹2

これもあるがままを受け入れる試練

写真:松山英樹3 松山のペナルティ。我々には悔しいことだが、「あるがままを」受けいれることだろう。第3日のスロープレーだった。12番で前の組との間が開き15番で競技委員から警告を受けた。2人ひと組、1ラウンドの規定時間は3時間41分。そのペースを越えると警告が発せられその後、競技委員の計測が行われた。17番パー5、ティーグラウンドに上がると前の組とは4分、ほぼ1ホール遅れていた。ショットは左へ曲がり男性ギャラリーの背中を直撃。「大丈夫ですか」と手袋にサインしプレゼント。その後、第2打を打ちグリーンまで残り200ヤード地点で競技委員から再び注意を受けた。2度の警告は1罰打である。同組のワグナー(米)は無罰。1打の持ち時間は先に打つプレーヤーが50秒、後から打つ人は40秒。松山は12番パットでオーバータイム、さらに17番の第2打で時間オーバーした。

 英国人の使命感の前で、手袋にサインしギャラリーを気遣う。そんな時間がどこにある、という人もいれば美談と見る人もいよう。しかし、優勝争いの中でゴルファーがもっとも忌み嫌うスロープレーをどんな事情にせよやってしまった松山には、個人的にはいい経験をしたね、というしかない。
かつて優勝を目前にした日本選手がバンカーで足元をしっかり埋めようとした行為がライの改善の反則となりタイトルをフイにした事がある。また雨天中断でプレー再開待ち、晴れ間が出て素振りをしていたら同伴競技者から「さあ行こうぜ」と促されショット再開。しかし、再開のサイレンが鳴る前だったのでペナルティをくった例もある。

 誰が悪いか、と問われれば自分のやったことである。おそらくあのティーの役員がミュアフィールドにいたら「ヒデキ、お前が悪い」と空を見ながらそっけなく言うに違いない。

写真:松山英樹4 全英オープンの直前、松山には夏泊ゴルフリンクスで合宿を張る計画があった。スポーツ紙の報道で世間の知ることになり地元ゴルファーは楽しみにしていた。合宿計画は間違いなく進んでいたのだが、21歳、新人プロゴルファーの目覚ましい活躍はわずかな空白の時間を埋めつくしてしまったのである。夏泊のラフで思う存分打っていたらミュアフィールドのラフで時間を費やさなくてすみペナルティも食わなかったのに、とあらぬ妄想にかられている。それにしても全米オープン10位に次いで今度は6位。この後の全米プロ選手権(8月8-11日・ニューヨーク州オークヒルCC)が待ち遠しい。

2013年7月24日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »