プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

メジャー大会はリンクスか、クラシックコースか?はたまた両方を協調させた全米オープン開催のチェンバースタイプか

 残暑お見舞い申し上げます。今年の夏は季節外れの台風や猛暑で自然環境はタフな状況です。ゴルファーにとってそうした環境の変化は意外と影響を及ぼすもので、周囲のマイナス要因によって行動が制御され、台風が来るらしい、熱中症に気を付けましょう、といわれると、出足が鈍り、ラウンドの回数が減る。そんなデータがあるコースのアンケート調査で明らかになっていました。夏泊ゴルフリンクスは気候が北海道型、夏季ににぎわいを見せるリゾートタイプのコース。幸いゴルフをやると決めたら絶対にやる県外からの好奇心旺盛なゴルファーと地元のアスリートタイプ、本物のゴルファーのおかげで、例年になく活況を呈しているようです。

ジョーダン・スピース トーナメント界は、メジャーが3大会終わり、残すは8月の全米プロ選手権だけになりました。今年のメジャーはマスターズで優勝したアメリカの新鋭、ジョーダン・スピースが全米オープンを制し、先の全英オープンは1打差でプレーオフに残れなかったとはいえ存在感十分の4位。21歳のスピース(この7月には22歳になります)はニクラウス、タイガーに次ぐ久しぶりの大物感を漂わせて楽しませてくれます。

 その存在感とともに注目しているのはコースの変化です。全米オープンのチェンバースベイは高低差56メートルの丘陵地にセントアンドリュースを持ってきた、と話題を振りまきました。硬さがコースバリューの神髄であるリンクスに傾斜をつけたようなチェンバースベイには、ついにやったか、と驚きと称賛もありました。しかし、案の定というか、残念ながら、グリーンでは半円形を描くパッティングラインやピンそばに落ちたショットがはるかかなたの平地にたどり着いてやっと止まったなど、見るからに不公平感いっぱいの悲劇が、見るものに同情心を引き起こしそのデビューには賛否両論が渦巻いています。

全米オープン

 アメリカのゴルフとリンクスゴルフは本来別物。高弾道、ハイスピンで上から攻めるゴルフと低弾道で風をかいくぐるリンクスゴルフは相反する歴史と条件の中で対立点の違いを明らかにしながら存在していました。しかし、そうした時代はどうやら今回で終わり、となるのかどうか。そんな分岐点が来た感じです。

 おかしかったのは筆者の周囲のゴルファーたちです。「これは夏泊だ」と叫ぶと「アハハハ、プロでもやっぱりむずかしいんだ」と同調するもの。わずか、1,2回の夏泊の経験をバックに遠慮のない感想はおかしかった。ゴルファーは、プロが1メートルを外すと「俺の方がうまい」とビギナーがプロをけなすことが許されるが(ゆるしてなんかいないが)、自らの体験が厳しければ厳しかったほど、ミスしてうなだれるプロの姿に共鳴できるのでしょうか。夏泊でプレーをしたものほど、チェンバースベイのプロの苦闘は喜んで迎えられていたようです。

強風で球が動き大会は5日間に及んだ全英オープン

セントアンドリュース 対称的に本場のリンクス、全英オープン、セントアンドリュースは雷雨中断、そのあと強風が10時間吹き荒れプレー不能で結局5日間かけ、ようやく月曜日に終わりました。雷はともかく、グリーン上の球が風で動き競技不能に陥ったのは29回に及ぶセントアンドリュースでの大会で初めて。このことについては「アハハハ、みんな分かったか」と指差して笑ったのは夏泊ゴルフリンクスを知るゴルファーたち。こんなことはたびたび起こった夏泊では「アドレス後に動いた球は罰打なしでリプレースできる」という特別ルール(ゼネラルルールでは1打の罰)があるほどです。

 アメリカにリンクスを持ち込んで賛否を問うた全米オープン。本来のリンクスを全うするはずが、風が強すぎてお手上げになった全英オープン。そこにはアメリカの冒険とイギリスの伝統維持の二つに対する、問いかけ。天も迷っているのでしょうか。

 そんな目で見ろ8月13日(日本14日)今年最後のメジャー、全米プロは興味深い、楽しみにしています。2010年にドイツのマーティン・カイマーが優勝したウエスティン・ストレイツ(ウイスコンシン州)での開催です。前回は最終ホールで首位のダスティン・ジョンソン(先の全米オープン最終日に1メートルを外し敗れた)が、バンカーと指定された砂地を、ウエストエリアと勘違いしペナルティーを課され優勝を逃した因縁の大会です。コースを難しく、そして意地悪く設定する傾向は、どうやらその頃から始まっていたようです。

 ボールとクラブの著しい改良がゴルフを変えたことは否定できない事実です。かつてタイガーだけが受容できた飛ぶゴルフはいま20数人の“320ヤードヒッター”に受け継がれています。そのためメジャー開催の主会場となるクラシックコースはどこも距離延長に取り組みましたが、もはや限界にきています。トーナメントをかえたメジャーを、あるいはメジャーだからこそ、変えよう、変えなければ、と動き出したトーナメント界。今後の改革に向けた方向を、リンクスにして丘陵コースの夏泊の関係者としては黙って見ているわけにはいきません。感想を持ち寄って今度、みんなで議論しましょうね~。

2015年8月4日

▲このページのトップへ

よくがんばったね、松山君

―マスターズ5位にわく夏泊ゴルフリンクス―

写真:スピース 今年のマスターズは史上屈指の好試合。21歳のアメリカの青年、ジョーダン・スピースが初日64で飛び出し2日目も66で逃げると最終日、堂々と逃げ切った。マスターズってすごいのは、必ず役者が役者の演技をする、44歳ミケルソン、イングランドの星ジャスティン・ローズ、世界ランキング首位、25歳の世界王者マキロイの追走。わが日本の松山英樹も負けじと、ベストスコア66で追い上げると5位に食い込んだ。もうたまらなかった。おもしろかった。

 スピースはテキサス州ダラス出身。高校時代の09、11年、世界ジュニアに15歳と17歳で優勝、名門テキサス大を経て19歳でプロ入りした。世界ジュニア2勝はタイガーと二人だけの偉業。大学を2年で中退しプロ入りしたキャリアもそっくりで13年からツアーに参加するとその年の「ジョン・ディア・クラシック」で初優勝、昨年は優勝こそなかったが、前年のチャンピオンだけが出場する「トーナメントオブチャンピオン」そして「マスターズ」2位と存在感を見せた。

 今季はマスターズの前週、地元開催の「テキサスオープン」に優勝、勢いをつけて今回の快挙につなげた。優勝スコア18アンダーはタイガーの持つトーナメント記録とタイ、完全優勝はテキサスの生んだ鉄人ベン・ホーガンらと並ぶ史上5人目の快挙だった。

ベン・ホーガン以来の逸材

 195センチ、84キロの大型プレーヤー。気持ちのいいストレートヒッターだが、フェードを中心にドローも巧みにこなすオールラウンドプレーヤーだ。中でも左ひじを抜いたり閉めたりしてスピン量を加減するショートアプローチは抜群のうまさ。そして、クロスハンドのパッティングはすでに名人の域に入ったのではないか。これからゴルファーの間に、クロスハンドが蔓延する、流行ると私は見る。根拠は、あのゲーリー・プレーヤーである。あるインタビューで“長いことゴルフをやってきて思い残すことはありませんか?”と聞かれると、恥ずかしそうに言った。「私の生涯をやり直せるならクロスハンドパットでツアーをたたかってみたかたんだ」―恥ずかしそうにいった。プレーヤーも今回のマスターズのスピースを見て改めて、その気持ちを強くしたに違いない。私も明日から試してみることにする。勇気をもって、プレーヤーの後悔を繰り返さないためにも、、。

夏泊にいた松山

写真:松山英樹 松山のことだ。しかし、今年のマスターズはなんといっても我々の収穫は松山である。大会後、青森に電話するといきなり「松山、やったね!」である。“おりゃー、やるとおもっていたけどおー、あいつはたいしたもんだ”。女性陣は「松山君、やったねえ」とクン呼びである。”あの子は~“と年長者はもう自分の子だ。もうかわいくてしようがないといった声が携帯からガンガンだ。みんなすごいよろこびようだ。

 松山クンが夏泊に来たのは2008年の高校生の時だ。日本ナショナルチームの新入生の少年は、紺のパンツに白のウエアで細い体を縮めるようにしてトップアマの先輩たちのうしろにいた。しかし、クラブを振るとその才能ゆえに目立ったものである。その数年後の13、成長した松山は全英オープンの出場を前に夏泊ゴルフリンクスで合宿を張る予定を組んだ。このことは新聞でも報じられ青森はフィーバー。しかし、松山のスケジュールはぎっしり、合宿は実現せず。だが、初の全英、メジャー挑戦に向け、コースのタフさ、風と自然の体験を少しでも体感しようとしたと並々ならぬその取り組みには、強い共感とある意味、尊敬の念さえ覚えたものだ。松山のたかぶりがうれしかった。えらいとさけんだ。そのゴルフにかける思い、真剣さに並みでない強さを感じたのを忘れない。

歴史に残る最終日インの松山

 マスターズでの5位。心からよくやったと喜びたい。順調に上達するゴルフ、上がる世界ランク。その成長はもはやだれもがしるところだ。が、今回の戦いぶりは一味違った。いや、優勝してもおかしくない気風の良さとほんもののしたたかさがあった。

 今回。松山は数々の名プレーを見せたが、ハイライトは最終日のインである。10番、11番をバーディー。13番イーグル、18番をバーディーとした。こう、さらりと書くとわからない。10番は500ヤードを数ヤード切るパー4で、世界のコースが今のように長くなるはるか前からこの長さである。打ち下ろしのあくまでタフなホールは、だから、2オンすることがスーパープレー。続く11番とともに タフなパー4として知られる。長い歴史でこの2ホールを連続バーディーした選手を私は知らない。驚きだった。13番のイーグルは優勝争いに食い込む選手の底力だ。あのイーグルは、最終日の上位で「マストビー」(must be)、“とらねばならないイーグル”だった。あのイーグルで松山は10アンダー、首位のスピースは12番でボギーをたたき11アンダーに落ちていた。背筋に走るものを感じたのは私だけではあるまい。オーガスタの奇跡はこれまでもあらゆるシーンを垣間見せたが、松山にも!と思うと血が逆流した。14番から17番の松山に残念ながら何もおこらなかった。いや、パーを連続する内容はこれまでのどの選手よりもかがやいていた。だが、優勝するには足りない。18番のバーディーがウイニングショットでなかったことにうなだれた。贅沢な時を過ごして虚脱した。次への期待に充実感が余韻となって残った。

 松山のプレーを見て夏泊の将来が見えた。それは次回。早急に更新するのでご期待ください。

2015年4月16日

▲このページのトップへ

高速グリーン時代の到来がやってきた

 50年という節目で様々なイベントがあった。「東京五輪から50年」「青木功プロ生活50年」「東京よみうりカントリー創立50年」-2014年は先に2020年東京五輪が決まったことが刺激になったか、50年に触発されて人々がふと歴史に思いをはせた年だった。
 かくいう筆者もスポーツ新聞社に勤めたのが東京五輪の年、1964年。記者、評論家を経てジャーナリスト生活50年、出身の報知新聞社には50年連続して何らかの原稿を書き続けている。何らかの、というといい加減だが、初めて自分の原稿が新聞に載った時のほろ苦い想いがそう言わせる。初原稿は大相撲の高見山の初相撲、ハワイから初めてやってきた外人力士ジェシーが、序の口でデビューしたのを取材し10数行の雑感として掲載された。たった10行には外人初デビューのニュースとこの原稿を書き上げるまで前相撲や朝稽古取材の苦労が詰まって、新聞の切り抜きをみると自分がいとおしくなる。大人になって見る子供の頃の写真、といった感慨だが、活字にしたのが自分というところに母性が発生するのだろうか。

 「グリーンの50年」を書こうとパソコンに向かったのがつい自分のことになってしまったのは50年というキーワードにひっかかったせいらしい。2014年、関東周辺でグリーンが続々と改修されたことを伝えたかった。我孫子GC、東京よみうりCC、葉山国際CCと創立50年を迎えたコースが新世代グリーンに改造すると、カレドニアン、富里といった20数年の若いコースも改造にふみきり次々に関係者にお披露目された。遠い青森に無関係というなかれ。この新グリーンは、夏泊ゴルフリンクスをほうふつさせて硬く速くスリリングで新しい。いや、プレーすると何やら心が晴れる、意欲がわき自分のミスにおこらない、そんな感触なのであった。
 このうち実際にプレーし体感したのは我孫子を除く3コース。感想はいま述べたとおりだが、早くてスリルのあるグリーンが面白く高速グリーン時代の到来を実感できたということだ。

 「スリリングなグリーンは別のゲームを演出する」-カレドニアンではグリーンスピード13・6フィート、コンパクション24のマスターズ並みの高速グリーンを経験した。早川治良会長は意気込みを自信に変えていった「ペンクロスでスタート、2種類のベントを試した後、8年前から14種の芝をためしこの地に合う芝をさがした。夏の35度を超える暑さに耐える芝を見つけることが日本のコースのテーマだが、タイイー(TYEE)という芝が夏に強く、強い刈込などのいじめにも耐えたので採用した」という。系列の富里GCも改造、近々、アマチュアの大会などをきっかけに競技会も開く計画だ。

写真:宮本勝昌 いまベント芝の世界の主流は、007、マッケンジー、オーソリティーそしてシャーク、タイイの5種。中でもシャークは我孫子、東京よみうりが採用して注目される。日本シリーズが例年開催されるよみうりは1月に改造に入り5月に芝植え、10月に使い始め12月のゴルフ日本シリーズに間に合わせた。ツアートーナメントの公式戦開催ということで、期間限定でサンドグリーンへの改造という50年の歴史で初のプレッシャーのかかる体験をしたが、芝を青森県八戸で養生、18ホール分の芝を18台のトラックでコースへ運びグリーンに地植えした。井上誠一の設計図通りの復活を目指すと隠れていた起伏や傾斜が際立ち読みとタッチのむずかしさが出た。日本シリーズでは宮本勝昌が9アンダーと例年なら2ケタの優勝スコアが5年ぶりに1ケタとなって名ショウブとなったことは周知のとおりだ。

 三浦半島にある葉山国際は36ホールのうちエメラルドコースの改造とワングリーン化が成りコースの評価が変わった。メーンのコースより距離が短くシニア、女性向きと言われたコースがメンバーに好評でラウンド希望が逆転したという。確かに280ヤードのホールで2オンしてもカップの位置次第でパットの難易度が変わる。となると第2打の攻略性が問われるからプレーに厚みが出るというわけだ。グリーンは007(ダブルオーセブンと読む)夏も強い芝種で2014年の男女メジャー、全米オープンと全米女子オープンを2週間連続で開催した米ノースカロライナのパインハーストGCと同種だ。

 日本古来の高麗グリーンが主流の日本では暑さに弱いベント芝が沖縄まで行き渡ったのは2007年、沖縄の喜瀬CCの日本プロ選手権だった。ベント芝はまだ普及し始めたばかり、今後にまだまだ課題をのこすが、今回関東のコースが世界を視野に入れた高速グリーンに強い意欲を見せ挑戦したことは大きな意味を持つだろう。
 そして、日本に名だたるベントグリーンを持つ夏泊リンクスだ。天与の自然と気候に恵まれた自らの資質を自覚しなければならない。高速グリーンの絶妙な味わい、強風と戦い、なじみ、味方引き込んでのゲームのおもしろみを訪れるゴルファーにしっかりと伝えなければならない。コースは生きていることを50年の歴史は教えてくれた。夏泊も心して立ち止まってはならないと思った。

写真:夏泊ゴルフリンクス18番ホール

2014年12月26日

▲このページのトップへ

白戸由香さん 優勝おめでとう

写真:白戸さん1 夏泊ゴルフリンクスがオープンして22年。今年6月には開場記念パーティーを行い、地元、青森県弘前市出身の女子プロゴルファー、白戸由香さんを招き,競技会やトークショー、アトラクションで祝った。ゲストの白戸さんは弘前学院聖愛高時代、ソフトボール選手。日本のトップクラス実業団チーム、日立で活躍後、19歳でプロゴルファーをめざし24歳でプロになった。

 プロ入りは1993年になるが、夏泊リンクスの開場が1992年と、そのスタートがほぼ同じ。もちろん地元出身ということもあってトークショーでは「今後、夏泊ゴルフリンクスのアイドル、あるいはシンボルプレーヤー的存在としてぜひよろしく」と長いおつきあいをお願いしたところ「ゴルファーと何より地元の活性化のために」と快く今後の交流を約束してもらった。喜んだコース女子委員会ではさっそく秋の研修会に招請しコーチを依頼すると白戸さんも快諾するなどいい関係が早くもスタートした。

 持ち前のパワーでレギュラー時代は屈指のパワーヒッター、2006年の伊藤園レディス2位がベスト、02年日本女子オープンはじめ03年には3回も3位になるなどレギュラーツアーでは3位に計5回。そのため”銅メダルコレクター“といわれた。若手の登竜門、ステップアップツアーでは1999年の穴水工務店カップで優勝、将来の大物ぶりを垣間見せていただけに惜敗続きを惜しむ声は後を絶たなかった人だ。

 

 そんな新しい交流が始まった8月のことだ。うれしいニュースがとびこんできた。女子のシニアシーズンの2戦目「シブヤカップ」で、ルーキーの白戸さん、見事に優勝を飾るのである。
 石川県金沢市郊外のシーサイドコース、ゴルフ倶楽部金沢リンクスで行われた「シブヤカップ」。白戸さんは第1日4アンダー68でトップに立つと2日目も68で2位に2打差の単独トップ、最終日を72の通算8アンダーでホールアウト、2位に3打差と圧倒的な強さで優勝した。

写真:白戸さん2

 ルーキー優勝、大会の初代チャンピオン。白戸さんにとっては実に15年ぶりの優勝に感激はひとしおだった。
 「最終日は10メートルをこえる強風、途中雷雨で1時間余の競技中断と試練は降りかかってきた。プレッシャーが何度もあったが、持ちこたえた。ミスを許せない自分とゴルフだからそういうこともあるさといった、ゆとりとの葛藤があった。これまでの経験が無駄ではなかったのかなあ、のりこえられたことがうれしい」
 レギュラーと違いコースも6000ヤードを切る長さ。体力があるルーキー、という心身の優位さはあったという。「でもゴルフはそれだけで勝負が決まらないことは一番わかっているだけに、そこを乗り切れてほっとしています」
 いま、そのツアー人生が変わろうとしているのかもしれない。
 6月のデビュー戦、福岡で行われた「ふくやカップマダムオープン」は2位だった。その時の賞金が90万円。今回の優勝賞金が150万円。レギュラーツアーと比べると決して多い賞金ではないが、計5戦が10月まで行われる。まだツアー数が整わず、賞金ランキングなど制度は整っていないが、白戸さんの獲得賞金240万円は現在のマネーランキング首位だ。「こうしてシニアになっても競技ができる。私も含め出場選手の充実感は試合であう。トーナメントは生きがい。いいプレーを続けて賞金女王になってみたい」
白戸さんにようやく欲みたいなものも芽生えはじめた。

 

写真:白戸さん3 女子ゴルフの人気が若手の活躍で膨らんで久しいが、今回は女子シニアの世界を紹介した。45歳以上のプロの大会「LPGAレジェンドツアー」もほぼ10年の歴史を持つ。往年の名選手が50人から60人、こぞって出場、にぎやかだ。正直いって、ツアーというには試合数は少ないが、「あの人は今どうしてる?」という選手、塩谷育代、?阿玉、村口史子、岡田美智子らが名を連ねて懐かしくたのしめる。ツアーではないが男子シニアと組みアマも一緒のトーナメントもある。日本全国、各地で30人、50人規模の大会も開催されている。ほとんどがアマ選手参加、一緒にゴルフをコースで楽しもうというコンセプトがある。夏泊ゴルフリンクスでも必ず取り組みたいイベントだ。

<LPGAレジェンドツアーの結果はホームページでご覧になれます> 

2014年9月3日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »