プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

伝統の理事長杯で史上初めて女子選手が優勝

―男性陣を圧倒したリンクスの異変、チャンピオン斉藤くみこさんの快挙

写真:優勝した斉藤くみこさん 日本を代表するリンクスコース、夏泊ゴルフリンクスの理事長杯が29日行われ、女子選手が並み居る男子選手の強豪をしり目に史上初めて優勝を飾った。毎年恒例の夏泊ゴルフリンクスの理事長杯の決勝ラウンドは5月29日、予選を通過した21人(16位タイ)による最終ラウンド18ホールを行い、ハンデ10の斉藤くみこさんが2日間、140ストロークで2位に3打差をつけて優勝した。大会はアンダーハンデの2日間36ホールストロークプレー。予選(5月22日)を首位と1打差2位で通過した斉藤さんは決勝ラウンドを最終組で優勝争いすると15番で逆転し逃げ切った。斉藤さんは同クラブの女子クラブチャンピオンのタイトル保持者。50歳以上が出場する全国大会である日本ゴルフ協会(JGA)主催の日本女子シニアオープンの常連で63歳。東北を代表するトップレディースとして長く活躍しているが、男性と交じった伝統のクラブ競技のタイトルホルダーとなったのは初めて、と快挙達成が話題になっている。

写真:スタートの様子 大会規定により女子はJGAハンデにプラス4打のアンダーハンデ競技、ティーは男子より前の白マークからのプレーとはいえ、40歳代のシングルハンデを持つ、バリバリの現役男子選手を寄せ付けなかったプレーは快挙だ。
 最終日は最終組でハンデ4、49歳の熊谷卓也さん、最近めきめき力をつけた45歳小野智顧さん(ハンデ8)もいて和気あいあいのスタート。アウトを終わって熊谷さんが36、斉藤さん43と差は開いたが、インに入り斉藤さんが調子を上げ16番まで1バーディー、2ボギーと好調。これに対して熊谷さんは15番でダブルボギーをたたいたからたまらない、あっという間に逆転。斉藤さんは最終ホールをダブルボギーとしたが、39、通算82、2日間140、ネット4アンダー、熊谷さんらに3打差の圧勝となった。(成績は別項)

 「2ラウンドを80で回れば優勝のチャンスがあると臨んだ。予選で78と予想を上回る好スタートを切れたが、白ティーとはいえロングホールは540ヤード超の長いホールで私には厳しいセンッティングだったのでマイペースを守っていくしかないと頑張りました。決勝では、全日本の大会に出場、頑張った時のことを思い出しながら、私には13年間の経験があるんだ、勝負はこうやるんだよ、と自分に言い聞かせながらやりました」と強い気持ちでプレーしたという。

 青森県弘前市生まれ。社交ダンス選手権の全国大会に出場するなど競技志向。ゴルフを覚えてからは競技にのめりこんだ。結婚、出産、青森市内でのクラブ経営の合間に東奥CC、夏泊ゴルフリンクスのメンバーとなった。50歳となり,JGA主催の女子シニア選手権に参戦、以来13年間、予選から挑戦、過去2回8位に食い込みシード権を獲得するなど活躍中。
 青森は雪国でゴルフシーズンは年8か月。全国の出場選手からはその奮闘ぶりに「雪国からよく頑張っている」と驚きと礼賛の声が寄せられた。「国体などは若い選手に任せ東北を中心に女子競技にはげんでいる」昨年は東北アンダーハンデ競技優勝。夏泊ゴルフリンクスでは女子委員会委員長を務めクラブ対抗や東北女子アマのタイトルを手にした。
 夏泊ゴルフリンクスでは女子委員長として恒例の女子クラブ選手権、クラブ対抗に先頭に立って参戦、“クラチャン”は不敗伝説を継続中。そうした中でも伝統の理事長杯優勝は格別の意味を持つようだ。こんなことを語った。
 「伝統のクラブ選手権は男女を問わず参加できる競技ですが、スクラッチ競技(ハンデキャップなしの大会)は女子には勝つことができない。その点、アンダーハンデで誰でも自分の力を発揮できれば相応の成績が出せる理事長杯に勝ったことはゴルファーにとっては意味のあること。また特に女性にとっては、励みになった私の優勝だったかと思います」

 競技委員長の加藤さん「いやあ、立派なものです。素晴らしい」
 最上支配人。「今年ほど面白かった理事長杯は初めてでした」

 表彰式終了後、斉藤さんは競技委員長にかき氷をごちそうになった。そして、そのとき、男子の選手たちはコースのラウンドに出ていったという。ハンデがあろうとなんであろうと、自らの力を発揮できず、その上をいったのが女性であろうが誰であろうが、自らの努力の足りなさを戒めることこそがゴルファーの道。夏泊ゴルフリンクスの夏の異変の顛末であった。

 さて、筆者の見解。今回、敗れた男子選手には心からのお悔やみを申し上げる次第、というしかない。なぜなら、そのくやしさ味わった一人こそ、この筆者であるからだ。普段、なにかとグリーンを読んでもらったり風向き、落としどころを適切に教えられながらも期待に応えられないゴルファーの一人として、斉藤さんの強さには、こんなことがあっても当たり前、と面白がっている。そんな達観を男たちに与えて斉藤さん。東京から電話を入れるとホームグラウンドの青森市・山の手の練習場,梨の木ゴルフガーデンにいらっしゃった。

 ―よく練習しますね、というと“なにいってんですか”というニュアンスでこんな返事が、、、。
 「練習なんかしませんよ。200発くらい、毎日打つだけです。500、600なんか打つことはないです、このごろは」
 ゴルフへの敬意、礼を失しないお付き合いの仕方、という言葉が浮かんだ。キチンと向き合った姿勢が快挙をもたらした。

2016年6月3日

▲このページのトップへ

がんばったシンタロー、もっと頑張れシンタロー

―開幕戦4位よくやった小林への応援歌―

SMBC 日本ツアーの開幕戦も兼ねるアジアンツアーの「SMBCシンガポールオープン」は2日最終日を行い日本の小林伸太郎が日本勢の最上位となる4位に踏ん張った。大会は、アジアと欧州を結ぶアジアンツアーに日本ツアーも参入した共同開催。日本ツアーは4月の本格開幕と遅いが、この試合を開幕戦と位置づけ日本の賞金ランキングにも加算される。大会には世界ランキング首位のジョーダン・スピースも参戦、世界的にも注目される中、優勝したのは韓国の若手、宋永漢(ソン・ヨンハン)、12アンダーでスピースを1打抑える大番狂わせ。小林も最後まで優勝戦線に加わり日本勢最高の4位と健闘した。

 シンガポールの新しい観光地にある南国情緒いっぱいのセントーサGC(7398ヤード、パー71)で開かれた日本ツアーの開幕戦と言われてもピンと来ないと思うが、雪国・夏泊ゴルフリンクスのメンバー及び日本屈指のリンクスコースファンのゴルファーに向けて、変わりつつある日本のゴルフ界を解明するにはもってこいの機会である。日本、そして世界のゴルフ界はいろいろと様変わりしようとしていることを知ってほしいのでコラムに取り上げた。

 なんでシンタローか。いやこれはもう個人的な好み。応援している。小林伸太郎。07年の日本アマチャンピオン、高校時代は日本ジュニアのタイトルも取ったホープだ。石川だ、松山だと騒ぐ直前、東北福祉大を出た小林もまた将来を期待された逸材。

ナショナルチーム2007

 このコラムでは、たびたび紹介したが、かつて夏泊では、トップアマの日本ナショナルチームの強化合宿を2年間にわたり開催し、小林も、夏泊でひと夏、希望に胸ふくらませて一週間を過ごした。しかし、勝負の世界はホープをそのまま生かさない。小林も順調路線を歩めず苦難の道へ。プロとなり09年「つるやオープ」でデビュー。10年には日本プロ新人戦を制覇したが、4年間,鳴かず飛ばずだった。
 だが、昨年やっと開花した。初夏の日本プロ選手権で優勝争いの自己ベストの4位。順調にツアーで1年間を過ごしシード権には届かなかったが、1500万円余、マネーランキング63位とようやくプロの水になじんできた。29歳の今季は、いよいよ開花と期待する。今大会には夏泊合宿の常連、片岡大育、小平智らナショナルチームのチームメイトも出場したが、先輩らしく後輩を成績で抑えた。今季の飛躍を垣間見た思いだ。

 4位で得た賞金、543万1000円に注目してほしい。他人の懐を覗き見るのはゲスの極み、たしなみにかけるが、プロは稼いでなんぼの世界ということは誰もが知るところだ。小林にとってもシーズン最初の賞金が日本人でトップというのは意味がある。日本ツアーの一員としては目下賞金ランクトップ、この調子で突っ走るぞ~と勢いがつく。今季はいよいよ初優勝を目指し遅まきながらプロ人生のスタートなのだ。

世界に広がるアジア

小林伸太郎 アジアンツアーでの好スタートは世界デビューを視野に広がりを見せる。アジアンツアーは欧州ツアーとの共同主催ゲームが多く次週ミャンマーで行われる「レオパレス21ミャンマーオープン」も共同開催。小林はじめ今回出場の日本選手に優勝シーンへの期待が持てる。
 アジアンツアーのシードを取ると全英オープンなど各国のナショナルオープンへの出場も見えてくる。今大会11位の川村昌弘、片岡大育などは数年前からアメリカより身近なアジアに拠点を置き遠征しているのはそのせい。世界を目指す選択肢はアメリカだけではないことを知っての行動だ。石川、松山に加え岩田寛が戦うアメリカは激戦区で石川、岩田が昨秋、シード獲得に大苦戦したのは誰もが知るところ。しかし、アジアは今、欧州ツアーに直結、地理的にもアジア経由ならその遠さを感じなくなっている。世界への道。そこに欧州とアジアがタイアップした意味があり意図がある。世界はどの道を選んでも身近になったということなのだ。

小林伸太郎 ナショナルチームの合宿で夏泊にやってきた小林とはロビー前のラウンジで話が弾んだ。将来のこと、家族、夢。ただし、その時は歯痛でさえない顔で痛々しかった。結局、プロとなって明るい表情を見たことがないまま昨年、日本プロ選手権で久しぶりの再会をした。関西の居酒屋チェーン店、焼き鳥まさや所属となり関東から大阪住まい。「経済的にも安定、落ち着いてゴルフに取り組めている。今年はやれる」と力強い言葉を聞いてうれしかった。事実、シーズン末にはシード取得目前まで行ったが、惜しくも逃した。日本ツアーは昨年、それまで70位だったシード枠を60位へとひき挙げたことが災いし落選した。言っても仕方ない、要は自分の力不足なのだ。勝負の世界は本当にきびしいと思ったものだ。
 開幕戦を勝った宋は24歳。日本ツアーシード2年目の昨シーズンは日本シリーズにも出場した日本ツアーの新人王だ。世界ナンバーワンのスピースの猛攻をかわした優勝で韓国国内は大騒ぎだろう。いや、女子はプロいうまでもなく男子も世界での活躍が当たり前となった韓国。当然のことと平然としているとしたら、それも空恐ろしい。小林には今回敗れたくやしさを倍返し、いや5倍返しする意気込みで戦ってほしい。

2016年2月3日

▲このページのトップへ

夏泊から2大ニュースの発信です

 10月6日の朝のテレビのニュースで青森県の三村知事がバンザーイ、と飛び上がって喜んでいる。何事かと思ったら米の評価のナンバーワンの「特A」に青森産米「青天の霹靂(へきれき)」が選ばれていた。日米豪など12か国が参加するTPP(環太平洋経済連携協定)がようやく大筋合意に達し米の輸入が大幅に認められ日本のコメ農家は大変だ、と懸念する反面、良いものは売れるのだから”ガンバリマショウ“と鼓舞するキャンペーンでもあったのだろう。日本に外国産米が輸入され関係農家は頭が痛いなど意見は分かれるが、何であれ青森県が選ばれ、知事が喜んでいるのだから、と思わず顔がほころんだ。

 三村知事には、PGA(日本プロゴルフ協会)の外部理事時代に夏泊リンクスでジュニアゴルファーの育成イベントを実施した際に多大なご協力をいただいた。地元小学校に呼びかけ小学生の参加をうながし広報もしていただいた。おかげさまでイベントは大成功、初めてゴルフをする子供たちに“オリンピックにも参加するゴルフ”(と強調しておく)の面白さを伝えることができた。

 夏泊リンクスの理事となって11年になる。東京在住。以来、台風が北に向かえば“コースは大丈夫か”、ゴルフ人口減速中、と聞けば“来場者が減っているのではないか”-何かと心配が絶えない。テレビであれ、新聞であれ青森と聞けば耳をそばだて目を凝らす.そんな習性が身についた。親戚も学生時代の友だちもいなかった日本で一番遠い青森(北海道にはいる)だったが、ゴルフを通じた友人,知人はこの10年でめっきり増えた。

白戸由香さん 夏泊からゴルファーに関するうれしい報告がある。当コースのシンボルプレーヤーの白戸由香さんがシニアツアーの女王になった。日本女子ツアーにはツアーが3つある。毎週末行われるLPGAツアーと若手の登竜門、ステップアップツアー、そして往年の名手が競うレジェンドツアーだ。白戸さんはそのベテランツアーのスタープレーヤーとして知られる。弘前市の出身、ソフトボールの実業団チームからゴルフに転身、シード選手として長らく戦ったことはすでにこのコラムで紹介した。
 その白戸さんが今季2勝を挙げ賞金女王の座についた。去年、ツアーデビューしたとき「どうせやるなら女王になれ」と檄を飛ばした。その先見もあるからちょっぴり鼻がうごめく。
 開幕戦の「LPGAレジェンズ選手権アイザックカップ」で優勝。昨年優勝しディフェンディングチャンピオンとして2連勝がかかった「シブヤカップ」は23位に終わったが、9月、宮城・仙台の「アリナミンカップ」では第1ラウンド出遅れたものの、最終日7位から68、通算4アンダーで逆転優勝した。ツアーの公式戦と位置づけられたビッグイベントを制した。女性にいうにはふさわしくないが、堂々たるものだ。

白戸プロ 3戦2勝、獲得賞金は463万8千円。賞金女王である。実はレジェンドツアーは年間でこの3戦だけ。したがってツアーと呼ぶにははばかられるのだが、村口史子、藤井かすみ、吉川なよ子、岡田美智子ら往年のスター選手がきら星のごとくいる。これから試合数が増えるのは間違いない。さらなる発展を遂げたとき今回の記録は光を放つだろう。夏泊にとっても青森にとっても誇っていい歴史的な快挙だ。
 白戸さんには地元青森出身ということで夏泊ゴルフリンクスのシンボルプレーヤーになっていただいている。女王となって今後の目標を聞くと「レギュラーツアーへ出場しどこまで戦えるかやってみたい。女子ベテランツアーの盛んなアメリカでもやってみたい」とアグレッシブな意欲を語っていた。
 これを機に夏泊で、あるいは青森でもレジェンドツアーを開催したい。そんな夢も出てきた。日本プロ選手権を夏泊で開催したのが1995年、もう20年余も経った。次の段階に進むべき時だろう。

レッスン番組「ドーパミンGOLF 鍛えろゴルフ脳」 もう一つ報告がある。今年、理事に就任した山本幸路プロのことである。兄弟コースの茨城・水戸グリーン出身プロで関西オープンのチャンピオン、11月で41歳になる。現在は兵庫・三宮を拠点に活躍中。この山本さんが大相撲の舞の海さんと繰り広げるレッスン番組「ドーパミンGOLF 鍛えろゴルフ脳」は秀逸だ。ためになる、面白い。日本テレビ系列の日テレジータスで放映中。
 ユニークないい内容だ。まだビギナーの舞の海さんの100切りを何とか達成させようとするプロとアマの交流という筋書き。そこを山本プロは噛んで含めた説得力と長年の経験で解きほぐす。例えば「下りのパットはカップに届かなくていいと転がすとまちがって入るものだ」などとめちゃくちゃなことを言う。そこで舞の海さんが打つとその通り30センチショートだ。「アーもう少ししっかり打てば入りましたね」と舞の海さんは残念だ。するとすかさず山本プロ。「それでいいのです。入れようとすると打ちすぎて必ず3パットする。2パットなら正解。もし入ってしまったらうれしいですよね。この入ってしまったらうれしい、得したという気持ちがゴルフには大事なのです」とかぶせるのだ。
山本プロ 禅問答みたいだが、このあたりが山本流。ドーパミンとは脳から出る気持ちいいときに出るホルモンだとか。そんな仕組みを利用した新種のレッスン番組。番組のテーマは短期間に100切りを目指すーだが、あら不思議、100どころか、90もたちまち切ってしまうという展開。下りのパットは打ちすげて3パットばかりの当方には目から鱗、の精神安定剤、気が楽になるんですよ、本当に。
 夏泊のホームページニュース欄に8月、山本プロと舞の海さんのコースへの来訪が伝えられているが、個人レッスンだったというから山本プロのへの心酔ぶりがうかがえる。とにかく番組を探して見てください。番組はまだ進行中。再放送もあります。

2015年10月8日

▲このページのトップへ

メジャー大会はリンクスか、クラシックコースか?はたまた両方を協調させた全米オープン開催のチェンバースタイプか

 残暑お見舞い申し上げます。今年の夏は季節外れの台風や猛暑で自然環境はタフな状況です。ゴルファーにとってそうした環境の変化は意外と影響を及ぼすもので、周囲のマイナス要因によって行動が制御され、台風が来るらしい、熱中症に気を付けましょう、といわれると、出足が鈍り、ラウンドの回数が減る。そんなデータがあるコースのアンケート調査で明らかになっていました。夏泊ゴルフリンクスは気候が北海道型、夏季ににぎわいを見せるリゾートタイプのコース。幸いゴルフをやると決めたら絶対にやる県外からの好奇心旺盛なゴルファーと地元のアスリートタイプ、本物のゴルファーのおかげで、例年になく活況を呈しているようです。

ジョーダン・スピース トーナメント界は、メジャーが3大会終わり、残すは8月の全米プロ選手権だけになりました。今年のメジャーはマスターズで優勝したアメリカの新鋭、ジョーダン・スピースが全米オープンを制し、先の全英オープンは1打差でプレーオフに残れなかったとはいえ存在感十分の4位。21歳のスピース(この7月には22歳になります)はニクラウス、タイガーに次ぐ久しぶりの大物感を漂わせて楽しませてくれます。

 その存在感とともに注目しているのはコースの変化です。全米オープンのチェンバースベイは高低差56メートルの丘陵地にセントアンドリュースを持ってきた、と話題を振りまきました。硬さがコースバリューの神髄であるリンクスに傾斜をつけたようなチェンバースベイには、ついにやったか、と驚きと称賛もありました。しかし、案の定というか、残念ながら、グリーンでは半円形を描くパッティングラインやピンそばに落ちたショットがはるかかなたの平地にたどり着いてやっと止まったなど、見るからに不公平感いっぱいの悲劇が、見るものに同情心を引き起こしそのデビューには賛否両論が渦巻いています。

全米オープン

 アメリカのゴルフとリンクスゴルフは本来別物。高弾道、ハイスピンで上から攻めるゴルフと低弾道で風をかいくぐるリンクスゴルフは相反する歴史と条件の中で対立点の違いを明らかにしながら存在していました。しかし、そうした時代はどうやら今回で終わり、となるのかどうか。そんな分岐点が来た感じです。

 おかしかったのは筆者の周囲のゴルファーたちです。「これは夏泊だ」と叫ぶと「アハハハ、プロでもやっぱりむずかしいんだ」と同調するもの。わずか、1,2回の夏泊の経験をバックに遠慮のない感想はおかしかった。ゴルファーは、プロが1メートルを外すと「俺の方がうまい」とビギナーがプロをけなすことが許されるが(ゆるしてなんかいないが)、自らの体験が厳しければ厳しかったほど、ミスしてうなだれるプロの姿に共鳴できるのでしょうか。夏泊でプレーをしたものほど、チェンバースベイのプロの苦闘は喜んで迎えられていたようです。

強風で球が動き大会は5日間に及んだ全英オープン

セントアンドリュース 対称的に本場のリンクス、全英オープン、セントアンドリュースは雷雨中断、そのあと強風が10時間吹き荒れプレー不能で結局5日間かけ、ようやく月曜日に終わりました。雷はともかく、グリーン上の球が風で動き競技不能に陥ったのは29回に及ぶセントアンドリュースでの大会で初めて。このことについては「アハハハ、みんな分かったか」と指差して笑ったのは夏泊ゴルフリンクスを知るゴルファーたち。こんなことはたびたび起こった夏泊では「アドレス後に動いた球は罰打なしでリプレースできる」という特別ルール(ゼネラルルールでは1打の罰)があるほどです。

 アメリカにリンクスを持ち込んで賛否を問うた全米オープン。本来のリンクスを全うするはずが、風が強すぎてお手上げになった全英オープン。そこにはアメリカの冒険とイギリスの伝統維持の二つに対する、問いかけ。天も迷っているのでしょうか。

 そんな目で見ろ8月13日(日本14日)今年最後のメジャー、全米プロは興味深い、楽しみにしています。2010年にドイツのマーティン・カイマーが優勝したウエスティン・ストレイツ(ウイスコンシン州)での開催です。前回は最終ホールで首位のダスティン・ジョンソン(先の全米オープン最終日に1メートルを外し敗れた)が、バンカーと指定された砂地を、ウエストエリアと勘違いしペナルティーを課され優勝を逃した因縁の大会です。コースを難しく、そして意地悪く設定する傾向は、どうやらその頃から始まっていたようです。

 ボールとクラブの著しい改良がゴルフを変えたことは否定できない事実です。かつてタイガーだけが受容できた飛ぶゴルフはいま20数人の“320ヤードヒッター”に受け継がれています。そのためメジャー開催の主会場となるクラシックコースはどこも距離延長に取り組みましたが、もはや限界にきています。トーナメントをかえたメジャーを、あるいはメジャーだからこそ、変えよう、変えなければ、と動き出したトーナメント界。今後の改革に向けた方向を、リンクスにして丘陵コースの夏泊の関係者としては黙って見ているわけにはいきません。感想を持ち寄って今度、みんなで議論しましょうね~。

2015年8月4日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »