プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

リンクスは何が起こるかわからない

全英オープン ローリー・マキロイ、タイガー、そして松山の敗因

 アイルランドで68年ぶりに開催の第148回全英オープンは大混戦で幕。地元のシェーン・ローリー(32歳)が2日目首位に立ち逃げ切りで伝統のメジャー初優勝を飾ったが、皆さんはどんな感想をおもちでしたか?私は久しぶりにリンクスゴルフを堪能。長い伝統の中でも印象に残る大会となった。

 ゴルフが自然との闘いであることを痛感した第2ラウンドは面白かった。松山英樹が予選落ち、タイガーウッズ、さらに地元期待のローリー・マキロイ、かつてワールドランキングでトップを張った豪州のジェイソン・デーもそろって“討ち死”。

 とりわけ優勝候補筆頭のマキロイは2日目に65のベストスコアを出しながら予選カットラインに1打足りず予選落ちの憂き目。他人の不幸を面白がるのはどうかといわれそうだが、アイルランド、日本、米、豪の注目選手に相次いで起こった、たぐいまれな不運を忘れないでおきたいと、ここに触れることにした。

 今回予選落ちしたトップ選手を見るとスタート時間が関係していた。タイガー、マキロイ、松山らは初日、午前スタート、このスタート時間については、しっかり規定があり、初日午前組は、2日目は午後スタート、初日午後にでると2日目は早いスタート時間となる。ゴルフコースの天候は気温や気圧の関係上、午前穏やか、午後強風が通例。そんなところからトーナメントでは早いスタート時間は好スコアが出やすく天候が急変、風も強くなる午後はスコアが出にくい、という傾向がある。ところが、その常識が全く狂ったのが今回だった。

 第1日早くから突風、横殴りの雨が吹き荒れた。松山は71のパープレー。タイガーは78、マキロイは79と苦戦。ところが荒天は午後になるとおさまり、午後組に好スコアが続出、松山は42位、タイガーは144位、マキロイは参加156人中150位と信じられない悪い出足となったのだった。なにしろ日没が午後9時過ぎという環境。一日に四季が訪れるというコースだ。変わって上位を占めたのが午後スタートの地元アイルランドのシェーン・ローリー、2位のトミー・フリートウッド、リー・ウエスウッド、そしてジャスティン・ローズのイングランド勢。いずれも恵まれた別のコースを回るような好条件を謳歌したのだった。

 相次ぐ優勝候補の脱落。中でもマキロイの胸中は計り知れない。

 イングランド、スコットランド、ウエールズ、そしてアイルランドが構成するユナイテッドキングダム、英国連合。その中でアイルランド島は宗教的な分裂を抱えて複雑だ。マキロイは北アイルランド、英国領のスターとして今回の開催コース、ロイヤル・ポートラッシュGCのアイドルとして今回は世界注目の的だった。2005年、同コースで開催のアイルランドアマ選手権(アイリッシュアマ)で史上最も若い16歳、当時のコースレコードの66をマークして優勝を飾り英国中を驚かせたのである。今回はワールドランク3位、米のD・ジョンソン,B・ケプカとの差を一気に詰め、追い抜くチャンスだった。だが、初日の大たたきで夢破れた。2日目、3番、7番バーディー、10番からは3連続バーディー。13番で唯一ボギーも14,16番バーディー。しかし、予選通過ラインには1打及ばなかった。

 ベストスコアタイの65。前日を14打も上回る豪快な追い上げで自国ギャラリーを興奮のるつぼ。が、結果は出なかった。30歳、かっこうの復活のチャンスはならなかった。名匠ハリー・コルト設計のコースを今回、リメイクして68年ぶり2回目の全英オープンに供したロイヤル・ポートラッシュは、ローリーはローリーでもシェーン・ローリー。忘れられない大会となった。コースはどうやら全英オープンの舞台を務めるローテーション入りとなるらしいが、次回は6年?7年後?が待ち遠しい。

2019年7月26日

▲このページのトップへ

ゴルフはノーベル賞に良いスポーツらしい

 今年のノーベル生理学・医学賞は京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授が受賞した。がん治療に人がもともと持っている免疫力を活性化させることで治療に役立てる道を切り開いた功労による。その記者会見が10月1日、行われるとこんなエピソードを明かした。
 肺がんの患者から感謝されたという話だった。「あんたの薬のおかげでまたよくなってゴルフができている」といわれた。聞けば「最後のラウンドも済ませていた」というゴルファーだった。本庶教授、実は大のゴルフ好き。「(その言葉は)どんな賞をもらうより自分はそれで十分だと思っています」というのだった。

 この一言で会見は俄然ゴルフに話題が流れていった。“いまやりたいことは”との問いかけに本庶さんは「エージシュート」と答えている。そのやり取りはテレビのニュースでもつたえられ、エージシュートを知らない社会部記者や医学担当者に「エージシュートは自分の年令以下のスコアで回るラウンドのこと。私は76歳なので76で回ればエージシュートであるが、今の実力では無理。年齢を重ねるこの先にチャンスがあれば一生で1度、やりたいと思っている」。京都の名門コース、京都ゴルフクラブの理事長でもある本庶さん、大いにゴルフを宣伝した。

 ゴルフはノーベル賞に良い影響を与えている。同賞受賞の日本人は今回で5人目である。2012年の山中伸弥・京都大教授が、12年、大村智・北里大特別栄誉教授とゴルフを愛好する科学者が連続している。いずれもゴルファーとして最高級の資質を身にまとわれてすばらしい方々だ。
 IPSの山中教授(56歳)は、今年の別府毎日マラソンで3時間25分20秒に自己記録をマークしたアスリートだが、ゴルフも80台そこそこ、70台もしばしば出す腕前。大村教授(83歳)は「寄生虫感染症の治療法の確立」による受賞で知られるが、その受賞の対象となった細菌は静岡の名門コース、伊東市の川奈ゴルフクラブのコース近くで採集した“世紀の発見”による。ハンデ5の腕前である。これに本庶さんも入れた3人だ。

 わが身に照らし反省も含め、いま身を引き締めている。ゴルフとは調子のいい日もあれば全く当たらない日もある。その人を知るには1日18ホールを回れば人格がわかるといわれるが、そう、調子の悪い日の方が多いから不機嫌、言い訳、八つ当たり、投げやりな態度、自嘲的な言動、、。そう、そんな姿をわが身と照らしたとき深く反省する人も多かろう。だが、わがノーベル賞受賞者には、今述べた、欠点は決してない、と言い切れるのである。
 なぜなら人生かけて受賞したノーベル賞。永遠の名前が歴史に刻まれるには調子の悪い日をすべて乗り越え、やってきて今日がある。一緒に研究する恩師、後輩に嫌な思いをさせず一切自己中心的な行動なく人生を謹んでやってきたのである。
ノーベル賞は絶対取れないが、ゴルフに良いに違いない。見習いたい。

2018年10月8日

▲このページのトップへ

レンタルクラブの活用法、試してみませんか?

 最近、ゴルフの楽しみ方に幅が出た。道具との付き合い方、クラブ選びに凝っている。かつてゴルフクラブは生涯に1セットか、2セットといわれたが、いまや、新モデルが毎年、出るのが当たり前の時代、その様変わりについていけないという人も多いのではないか。そこで夏泊ゴルフリンクスでは、最新のクラブセットをレンタル、貸しクラブとして用意した。幸い、当コースの理事に山本幸路プロという現役プロがおられる。理事会などで、こうした時代に対応するのも、ゴルファーへのサービスとなる、という話が出ると、さっそく、3セットの男子用と女性用のハーフセットが用意できた。今季最新のニュークラブがドライバーからパターまで入っている。レンタルなので有料となるが、借りたら4人で思う存分、同伴競技者ともども試していただきたい。

※クリックで大きな画像を見ることが出来ます。

 

 言い出しっぺは筆者なので、アドバイスさせていただくと、例えば、ユーティリティークラブ。あれがいい、これが飛ぶぞといわれるが、実際コースで打ってみるのが一番だ。いまの時代、ショップの試打は進んでいるからその人に合ったものをコンピューターが探し出してくれる。だが、納得というところではやはりコースでの感触、そして結果である。「打ちやすい」とか「よく飛ぶ」はもちろんだが、実際に飛んでいく球の姿とか、転がりといったフィーリングを感じないと、やはり、納得は得られない。ゴルフはイマジネーション(想像力)、フィーリング(感覚、感性)のスポーツだ。

 と、そんなこだわりがあるのは、大昔、まだパーシモンの時代だった。マスターズの取材でオーガスタに行った際、オーガスタナショナルの、すぐ隣のオーガスタカントリークラブをラウンドする機会があり、その時、借りたクラブが気にいって、無理を言って譲ってもらったことがあった。借りたのはいまも忘れない、ウイルソン社のダイナパワーという当時大流行のクラブセット。ドライバーはじめウッド系では4番ウッドがなんといっても打ち打ちやすく、アイアンにいたってはソールの厚みがあるワイドソールで低重心。とにかく打ちやすくクラブを返す段になっても手から離れてくれない。もう、相思相愛になった。コースは”売り物じゃないから“というのをむりやり拝み倒して手に入れてきた。日本を発つ前、そのアイアンセットが、日本の高麗芝のフェアウエーで打ちやすい、という評判のクラブだったが、まさにその通りどんぴしゃり、その後10数年使ったものである。

 これは山本プロなどからの受け売りだが、いまゴルフセットの常識は大きく変わった。ウッドはドライバー、スプーンの2本。その代わりユーティリティーが幅を利かせ2~4本。アイアンは6アイアンから9番まで。ウエッジは4本が常識だそうだ。ハイテク素材とコンピューターが、打ちやすく飛ぶクラブを作ってくれるおかげで、フェアウエーウッドがユーティリティーへととってかわり、アイアンが減った分、グリーン周りの多彩さに対応し52度、56度から60度の間のロフトのウエッジが4本組み合わされるのが標準なのだ。こうした流れの中。500ヤードのパー5のセカンドショットを9アイアンで乗せるなど男子プロのツアーは驚異的な飛ばす時代を迎えているのは周知のとおり。

 だが、ここで注目したいのは女子プロだ。こちらのツアーもやはり7,8,9番アイアンで180ヤード前後をバンバン乗せてくる飛ぶ時代。きっかけはシニア向けの飛ぶクラブの流入だそうだ。いまゴルフ界を支えるのは元気な高齢者たち。健康で長生きをモットーに高価なタングステン製の軽量クラブを手に大活躍。このコラムでも何回か紹介させていただいているエージシュート300回余の田中菊雄さんも、このハイテククラブで180ヤードを8アイアン、時には9アイアンで軽々打ってくる。本筋に話を戻すが、この評判は女子プロに聞こえるところとなり、「わたしも使ってみようかしら」と手にするとこれが大ブーム、女子の間に軽量アイアンがいきわたった、という話である。
 このストーリー、ニワトリ・卵同様、どちらが先、ということになるとはっきり言ってわかりません。だが、一般アマのシニアと女子プロの間に飛ぶアイアンが大人気なのは、ゴルフ界のいまや常識である。

 さて、もって回った言い方で何が言いたいか。夏泊のラウンドで、新しい自分のゴルフを発見してみませんか?そう、呼び掛けたいのです。
 私はやってみましたよ。同伴競技者にもいろいろためしてもらいました。なぜ、今の女性のドライバーショットがあんなにも飛ぶか、ジュニアが1,2年でプロ顔負けのゴルフをするか。70歳、80歳のシニアがドライバーショットを250ヤード,8アイアンで180ヤードを打つか?その体感を知ってみませんか?はい、面白がり。そんな中から何が飛び出すか。どんよりした安定ゴルフにつかり切った老ゴルファーにもほのかな光明がさしこむことだけはお約束できます。

2018年7月23日

▲このページのトップへ

来年1月1日からルールが大きく変わりますよー

  1. バンカー内のアンプレアブルの球は2罰打でバンカーの外からプレーできます。
  2. 「あっ、しまった。2度打ちだ!」
    ―でも罰打なし。そのまま1打としてプレーを続行しましょう。

 世界のゴルフルールを規定する総本山、英国のR&Aと米ゴルフ協会(USGA)は3月、来年1月1日から施行するゴルフルールの改正点を発表しました。「ゴルフ規則の近代化」をテーマに、よりわかりやすく、使い勝手のよいルール作りを目指し、世界中のゴルファーや関係者から寄せられた意見や提案ももとに取り組んできましたが、その内容は斬新でわかりやすく「これならゴルフの一層の発展に結びつく」と好評です。

 普段のゴルフライフに関連する主な改正点を箇条書きにして要点だけを拾い出してみました。参考にしてください。

  1. 肩の高さからやっていたドロップは、ひざの高さからになります。
  2. 救済を受ける時の、測定するのに使うクラブはプレーヤーのバッグの中の最も長いクラブを使って行います。ただし長尺パターは除くのでドライバーの出番が多くなりそうです。
  3. グリーン上や球の捜査中に誤って球を動かした。それが偶然であれば罰はなくなります。
  4. グリーン上、旗を立てたままパッティングしてもかまいません。
  5. スパイクマークやシューズの踏み跡などの損傷を修理してもよい。
  6. ボール探しはこれまでの5分から3分に短縮されました。

(注、数字は筆者が整理上つけ加えた。)

 

 冒頭の1の項目について説明を加えましょう。

 普段のラウンドで次のような経験をしたことがあるでしょう。大雨の振った後、バンカー全体がほぼ水たまりになっていた。何とかバンカー内に見つけた砂地にドロップしたが、目玉になるうえスタンスをとると足が水にかかったため大たたきのひどい目にあった。そんな悔しい体験は新ルールでは回避できそうです。バンカー内のアンプレアブルの救済措置として2打罰でバンカー外からプレーできることになったのはそんなケースへの対応として採用されたのでしょう。バンカー外への救済は、そんな現状を打開してくれます。

 2度打ちは深いラフからのアプローチなどに多い。ひと振りで2度クラブ面に当たったからワンショット、ワンぺナルティで2打の罰がこれまで。だが、改正後は、ワンショットは1打と断定しました。これまで、“おかしいな”と首をかしげていた部分の改正。してやったり、と手を打ったものです。

 余談ですが、思い出すのが、1985年、オークランドヒルズの全米オープンの陳志中(台湾)です。最終日首位の大詰めのアプローチを2度打ちするダブルボギーでアンディ・ノース(米)に1打差でやぶれたあの“事件”です。そのため陳は2位に甘んじましたが、当時、1回のショットのミスなのになぜ、ペナルティーがつくのか、疑問に思ったものです。今回の改正は、長年の”しこり”が取れたみたいでうれしい。

 

改正点の狙いはスロープレーの撲滅です

 ゴルフ界はプロもアマもスロープレーが悩みの種。改正点はスロープレー撲滅にやっきのゴルフ界の総意が凝縮したような内容になっています。3.ドロップは肩のひざの高さで行う、から8.球の捜査時間は3分まで、はまさにプレー時間の無駄使いへの打開策から生まれたものです。

 中でもドロップの仕方については、ついにここまで来たか、の感慨があります。
 ドロップのやり方についてはずいぶん変わりました。1960年代、プレーヤーはグリーン方向を向き肩越しに球を落としました。まさにうしろ向きに、肩の高さから球を落としたものです。それが前向きで肩の高さに腕を伸ばす、現行のやり方へとドロップの仕方はめまぐるしく変遷しました。それがついにひざの高さからドロップすることになる。
 やたら高いところから落とすのでボールが転がり、落ちた地点を特定するため競技委員を読んで裁定を仰ぐなど、今まではずいぶんと無駄がありましたがひざの高さからならボールもはねていってしまわなから無駄が省けるでしょう。プレー時間の短縮にもつながります。

 近代化したゴルフ規則と銘打っての今回の改正ルール。目指すはゴルフの普及発展です。誰にもわかりやすく納得がいくようにとようやくゴルフ界がたどり着いた結論です。ルールは2019年から施行されます。今年は現行のルールです。ご注意ください。

 ただし特例として、紛失球やOBの球の処置について、あるローカルルールの採用を呼び掛けているので、ここに紹介しておきます。
 すなわち、球の紛失やOBのとき、その球が飛び込んだ近くに2打罰の元にドロップしプレーの進行をうながすことを委員会などに認めるよう新ルールでは呼び掛けています。こう書くとわかりにくいのですが、2打地点に行ってからOBや球の紛失があったときは「堅いことを言わないで前進4打でどんどん行きましょう」ということです。2打地点に行ったら,OBだった、木に乗ってしまったのか球を紛失した。そんな時、ティーグラウンドに戻って予備球を打ち直すのが正しい処置。しかし、それがプレーの遅延を引き起こすのなら、普段のラウンドに限っての前提付きで、前進4打を進めています。

 「それ、今やっているローカルルールだよね」―そう、その通り。日本では当たり前のこと、日常化していますが、世界では、当たり前じゃなかった、という話です。今回の改正で新ルールは、その許可を世界各国のコースにゆだねるーこれもスロープレー撲滅を目指す一連の動きなのです。それほど世界中のゴルファーのプレーは遅いと言う事なのでしょう。
 19年1月といわず、このルールだけは明日からでもいい、どんどんやっていきたいものです。規則の近代化は柔軟に、楽しいゴルフの推進にあり、と受け取めてプレーファースト!そう、スロープレーをなくす。夏泊ゴルフリンクスも努力することを誓います!

2018年3月26日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »