プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

グリーン上、旗を立てたままパットしてもいいですよースロープレー撲滅にいち早く動き始めた世界のゴルフ界。2019年の大幅ルール改訂の話題

 ゴルフが五輪競技に復活したことが影響したのかと思います。ゴルフルールが再来年、2019年の1月1日をもって大きく変わることをご存知ですか?主だった点を列挙するとこんな具合です。

  • グリーン上、旗竿をホールに立てたままパットができます。
  • パットのラインのスパイクマークや傷を修理しても構いません。
  • グリーン上、キャディーさんがプレーヤーの許可を得ずに球をピックアップすることがゆるされます。
  • バンカーでショットした球がはねかえって体に当たっても罰はありません。
  • ラフで球をさがしているときにボールを誤って動かしてしまっても無罰です。

 以上のルールの改正点については、詳しく解説することはここではひかえます。他にもペナルティ区域からのドロップの方法、その際の救済範囲の基準など列挙すれば多々あります。でも今は「えっ?そうなんだ」と受け止めておいてください。その改正には驚きこそすれ、反対ではないと思うので省きます。ゴルフの変革を直感的に受け止めておいていただければ、と思います。なにしろ来年1月、元旦からの事ですから。

 例えばこれまでの、他人がつけたスパイクマークのキズがカップと球の間にデンと居座っても自分の責任として我慢しなければならない理不尽さ。バンカーにいれたら前の組のプレーヤーが直していない足跡に球が入って、それをショットしたら跳ね返った球が自分の体に当たってしまってペナルティが付いた、そんなくやしさをゴルファーなら経験済み。おかしいと思う前にそれがルールと甘受するのが、ゴルフでした。だが、この3月の事でした。

 ゴルフルールを統括するR&AとUSGA(英、米のゴルフ協会)が、そんな現行のルールに大ナタを振るいました。
 ゴルフルールはその伝統と慣習により4年に一回、五輪開催イヤーに改訂していますが、今回のは別途、5年前から準備し、2020年、東京五輪より1年も前の2019年からの実施を決めたのです。
 準備に5年、その実施は1年も早くした背景には、「ゴルフルールを今日の世界的なニーズにかなう状態にする」という大英断があったことは言うまでもありません。

 さて本題です、以上のことは何を指示しようとしているかです。スコアをよくするため?グリーン保護?コースの美化?あ、そうか、ジュニアからシニアまでが一緒にプレーするゴルフだ、ルールの簡略化をはかれば誰でもプレーできる。さらなる大衆化を目指すのですね、という意見も出てきそうです。その通りです。だが、実はそのために解決するいい方法を世界のリーダーたちは考えたのです。

 実は改訂の狙いはスロープレーの撲滅にあります。スロープレーをなくせば、以上あげたゴルフの問題点はすべて解決される。そんな観点から意図したものです。

 冒頭にあげた改正は「プレーのペースの支援」という命題を念頭にしてあります。

201705-1 グリーン上でパットをするとき現行では旗竿を抜いてから打ちます。そのままでもいいのですがルールは旗竿に球を当てると罰が付くからそんなリスクは誰も負いません。遠い球から順に打つことが決まりなので4人のプレーヤーの準備が整うまで延々とグリーン上で過ごす時間は、大相撲の仕切りとともにゴルフの興をそぐ、元凶のように言う人もいます。もちろんあの緊張感がその競技のだいご味であることは理解していっています。しかし、プロの試合ならともかく、普段のラウンドであれをやられるとかなわない、というのは大方のプレーヤーの本音でしょう。

 キャディーがプレーヤ―の許可を得ずグリーン上の球をピックアップすることができるーは中でも今回の改訂では出色だと思います。一組に一人が当たり前になった普段のラウンドではキャディーさんの忙しさは目まぐるしい。昨今は自分のラインを読めない人(?)が多く、4人とディスカッションしなくてはならないキャディーさんの忙しさたるや大変です。グリーンにいち早く上がったキャディーが球を許可なく拾いあげ(もちろんマークして)それをプレーヤーに手渡せば、それで済むこと。プレー時間の短縮にすぐに役立つ、いい方法だと思います。

 プレーペースの支援と言います。今回の改訂は「速やかなプレーについての改革」が強く明記されています。こんな具合です。

  • ロストボールを探すのに許される時間は3分間、現行より2分短くなります。
  • ショットはすべてボールのところに行ってから40秒以内で打ち終わらなくてはならない。

201705-2

そしてー、

  • 「Ready Golf」(レディ ゴルフ)の推奨を強く推し進めています。例えば林の中からの脱出や隣のホールからのリカバリーショットです。リカバリーのためホールに近くてもプレーヤの準備が出来ていれば、用意のできた人から先に打つことを強くすすめていきます。遠球先打が基本のゴルフですが、状況しだいで宣告そして同意を条件にその基本を崩してもよし、とします。
  • さらにバンカーの苦手な人のために、2打罰でバンカーの外からのプレーもできる、という項目も加えられています。

レディーゴルフはReday(レイディー、用意ができた)の意味です。準備ができた者から「お先に行きまーす」と宣告すれば「ハイどうぞ~」―そんな声をかけあってプレーすれば、スロープレーは間違いなく撲滅される。たしかに素晴らしい改善になる。再来年正月を待たずに明日、いや今日のラウンドから。皆さん!スロープレー撲滅と行きましょう。

2017年5月29日

▲このページのトップへ

夏泊ゴルフリンクスをみんなの広場に。2020年東京五輪、霞ヶ関CCの女性会員問題に思う

霞ヶ関カンツリー倶楽部 2020年東京五輪ゴルフ会場の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」の女性正会員容認問題は、女性会員を認めることで決着を見た。ゴルフを愛好するメンバーが集まるプライベートコースが五輪会場になったことで起こった今回の問題は、同じメンバーコースである「夏泊ゴルフリンクス」も看過できない課題を含んで”他人事”ではない。問題点を整理し、経緯を整理しておきたい。

 そもそも霞ヶ関(以後、霞)が五輪会場に決まったのはリオデジャネイロ五輪の前。ゴルフが東京五輪種目として112年ぶりに復活、招致委員会は会場にカナダカップ(1957年、現ワールドカップ)などを開催した霞を会場として決定。他の競技種目ともども国際オリンピック委員会(IOC)へ提出し五輪会場となった。ところがその後、霞には正会員は男子に限るとする定款があることが問題となったのが今回の発端。「女性会員を拒むのは男女平等をうたう五輪会場としてふさわしくないのではないか」とIOCが変更を求めるなど声が上がった。

 ここからは私見である。もし霞のメンバーだったら、「はいわかりました」といえなかった、ということだ。なぜなら霞はもともとが男性のためのメンバーコース。創立が1939年、政財界のゴルフ好きの男性だけのプライベートクラブだ。男性だけの、と書いたが、そんな断りを入れることすら必要のない、同好の士が集まったクラブである。欧米にはメンズクラブ、対して女性だけのウイメンズクラブ、レディースクラブがゴルフに限らずあるが、そうした慣例に従ってできたクラブである。だが、時代とともに霞にも変革の波は押し寄せ女性は男性クラブ員の家族が家族会員となり、さらに女性ゴルファーが増えると土日を除く平日会員として認めてきた。

 もし、これが夏泊だったら、とする仮定の問題として今回の事を見るとどうだったか。夏泊は女性メンバーを認めているから今回の問題は起こらなかった。“ああ、よかった”という声が聞こえそうだが、個人的には今回の問題、腑に落ちない。オリンピックを期に、伝統のゴルフが強引に変革を強いられた。そんな気分である。

 男だけの世界、女だけの世界。最近はこれにもう一つの世界があるようだが、スポーツや趣味くらいはくっきりと区分けしたそれぞれの世界が存在してもいいはずだ、と思うがどうだろう。

 霞は定款を変え女性正会員を認めた。しかし、認めるにあたり時間をかけ理事会、会員の意見交換会を繰り返し抵抗した。そのことに敬意を払い拍手を送りたい。なぜならこれまで育んできた伝統や気概、コースへの愛着,責任がある。温め、守ってきたものへの“義理”があったと思う。確かに女性だけのゴルフのメンバーズクラブは存在しないから差別があるのは良くないのだろう。だが、ゴルフにおぼれると、寝食を忘れ女房こどもを置き去りにする馬鹿な男どもだけの世界が培った、ゴルフの良き伝統(悪しきだろう?)がゴルフを育てたことも確かである。だが、そんなノスタルジアは時代遅れ、いやそれどころか、スポーツが特権階級だけのものではないという現実の元では、もはやあってはならないことなのだ。

東京オリンピック この2月20日、全英オープンを主催するR&Aは2020年の全英オープンをサンドイッチの愛称で親しまれるイングランドのロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブで行うと発表した。この発表は男性のみを会員としてきた規則が改正され女性に門戸が開放されたことで決定した。
 改めて開催年を明記する。2020年。東京五輪パラリンピック大会開催と同年である。

 霞もサンドイッチも時代に取り残されない選択肢を選んだ。さらにここで思い起こすのが1996年のアトランタ五輪。あの大会前、マスターズを主催するオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブが女性会員を認めていたらゴルフの五輪実施は20数年前に行われていたといわれる。オーガスタが女性会員を認めたのは2012年。さらにセントアンドリュースは2014年だった。

夏泊ゴルフリンクス25周年エンブレム
 コースはみんなのためにある。メンバーコースといえども、みんなの運動場、スポーツ広場だ。時代が変わった。夏泊も変わらないといけない、と時代の変革に戸惑いながら思うこのごろであります。夏泊も3月18日、開場25周年のシーズンをオープンした。皆さんどうぞよろしく。

2017年3月22日

▲このページのトップへ

ジャスティン・トーマスとベルンハルト・ランガ―

1993年生まれと1957年生まれが共存するアメリカに習って夏泊ゴルフリンクスを攻略しよう

20170221-1 世界のゴルフが目まぐるしく回転し始めた。年頭に際して2017年のコラムのスタートをつづります。
 PGAツアーは2017年シーズンに入りハワイで2戦が行われ、なんと23歳のアメリカの若手、ジャスティン・トーマスが昨シーズンのチャンピオンだけが出場の「トーナメント・チャンピオンズ」で優勝、つづく「ソニーオープン」と2連勝です。トーマスは元世界ランク1位のジョーダン・スピース、ツアー1勝のダニエル・バーガーといったアメリカの若手ホープ3人の一人。スピースの陰に隠れていましたが、これで一気に並んだわけです。

 PGAツアーのハワイでの2戦はシーズンを占う大会として注目され、2週連続制覇はグランドスラムをもじって、「ハワイスラム」と呼ばれる偉業です。
 トーマスは、スピースとはゴルフのタイプが違い340ヤードを越すドライバーショットも持ち味のパワーヒッター。4月のマスターズに向けた春シーズンは目が離せない存在となりました。日本期待の松山英樹のライバルとして、比較しながら見ていくと面白い。松山は1992年2月生まれ、2歳上の25歳、兄貴は負けていられません。

20170221-2 50歳以上のシニアツアー、PGAチャンピオンズも始まり、ハワイの開幕戦の「三菱電機チャンピオンシップ」でベルンハルト・ランガーが優勝しました。マスターズに2回優勝のドイツ人プレーヤー。シニアでは08年から3年連続、1年置いてここ4年連続、通算7回の賞金王の59歳。開幕戦の優勝でタイトルは通算30勝になります。歴代の優勝回数はヘール・アーウィン(米)の45勝に次いで2位です。ランガーが追い付くにはあと15勝もあるが、年間8勝ならあと2年で追いつきます。いまのランガーなら年間10勝も夢ではありません。シニアの活躍年齢はここ2年で60歳を越えての優勝者が毎年増えています。
 昨年のマスターズ、ランガーは3日目を終わって3位につけ、最終日は、同じ3位タイの松山英樹と同組で最終組のひと組前をプレーすると、終盤、一瞬ですが、トップに立ちました。「ランガー、マスターズ優勝、58歳(当時)、3度目優勝!」。そんな見出しが頭をかけ巡ったものです。結果は、松山の7位に対し24位と順位を下げましたが、ランガ―のすごさと、そのパワーを引きずり出すアメリカに畏敬の念を覚えたのを思い出します。新大統領トランプが米国のナンバーワンを目指し吠えまくっていますが、怒りや脅しなし、スポーツの世界はすべてが結果のわかりやすい世界です。ランガーの見せたプレーには元気と感動があった。生涯忘れられない良い思い出です。

20170221-3 アメリカ、欧州、アジア、日本、南アフリカ、、世界6ツアーと言われますが、、いま、アメリカと世界との差は広がりアメリカ対世界の構図。アメリカに一極集中して残念ながら日本ツアーの存在感が年々薄れていく。歯がゆいがどうしようもありません。
 “ハワイスラム”を達成したトーマスに大きな笑顔はなく偉業にも冷静なのは、アマ時代のライバル、スピースの背中が見えた程度、そんな自覚しかないのでしょう。実にクールです。その脳裏には昨年のマスターズのランガーの姿も当然、記憶されているはず。若いのにしたたか。大人を感じさせます。トーマスらはそろって1993年生まれ。共通するのはモチベーションが高く旺盛な闘争心だと思います。それが今の環境を生み出したアメリカの強さだと思います。
 松山の目が終始,穏やかで「もっと練習します」と言動が慎重なのは、世界は広く、底抜けに大きいことを感じている。アメリカ在住4年目の松山にもしたたかさの片鱗が見えるのは、アメリカの好影響でしょう。

 さて年頭に何が言いたいか。タフな夏泊リンクスです。アメリカツアーに例えて夏泊の攻略法をきめました。強い心とコースへの尊敬と愛着をもって真正面からぶつかっていこうと。1993年生まれのトーマス、スピース、1957年生まれのランガーが同居して生まれる環境が我々に与えられるとしたら夏泊ゴルフリンクスしかないと、それなら老若男女、真正面からぶつかっていこう、と力んでおります。本年もよろしく~

2017年2月21日

▲このページのトップへ

豪州の隠れた名門コース、キングストンヒースで行われるワールド杯は日本の松山,石川が優勝するだろう

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%80%80%e6%9d%be%e5%b1%b1

 リオデジャネイロ五輪でゴルフが復活しチーム戦としてのゴルフが注目されている。「五輪は男女がストロークプレーで争う個人戦」という人もいるだろうが、国を代表し日の丸をかかげ、国の威信をかけたメダル争いは、広い意味では団体戦だ。代表選手は1か国2人の限定枠の争い。五輪では振るわなかった日本だが、今度はワールドカップに25歳石川と24歳松山の同級生コンビで臨む。世界の壁は厚いが、この二人ならパワーとやる気で突破、日本に3度目のタイトルを持ち帰るだろう。

 大会は11月24日。豪・メルボルンのキングストンヒースゴルフクラブに世界28か国の国と地域から56人が参加、ダブルス戦で争われる。試合は4日間、ひとつのボールを交互に打つフォアサムとチーム二人のうちのベストスコアを採用するフォアボールのダブルスのストロークプレーである。話は飛ぶが、今回ゴルフが五輪種目に復活するとき、「ゴルフ界にはすでにW杯という世界選手権が存在するのになぜ?」という疑問の声があがったが、当然だったろう。すでにゴルフ界では世界一決定戦を先刻、実施済みである、というわけだ。

 W杯、かつてはカナダカップと呼ばれ1953年、カナダで第1回大会。1957年には、日本初のゴルフの国際試合として開催されると中村寅吉、小野光一のコンビが堂々の優勝、中村は個人戦も勝ち日本にゴルフブームが起こったことで知られる。1966年には日本で2度目の開催、杉本英世が個人2位。2002年のメキシコ大会では伊沢利光、丸山茂樹が2度目の優勝を果たした。世界規模の大会としてはオリンピックに次ぐが、途中歴史が途絶えた5輪に代わって60年に及ぶ長い期間、ゴルフ世界一を決める団体戦としてゴルフ界を支えてきた。功績は大きい。

w%e6%9d%af%e4%bc%9a%e5%a0%b42 前触ればかりが長くなって申し訳ないが。筆者が今回、力が入るのは会場となる豪州、キングストンヒースゴルフクラブに原因がある。実はメルボルン郊外のキングストンヒースゴルフクラブにはいい思い出がある。
 同コースを訪れたのは1997年の秋であった。その年、となりのロイヤルメルボルンGCで米・国際選抜対抗戦の「プレジデンツカップ」が開催された。大会はピーター・トムソン率いる国際選抜チームがニクラウス率いるタイガー・ウッズ、カプルスらそうそうたる顔ぶれの米国に圧勝した。国際選抜には丸山茂樹、尾崎直道、地元ノーマン、エルキントン、さらにビジェイ・シン(フィジー)もいて14・5対5・5ポイントで、ニクラウス主将ら最強アメリカを完膚なきまでに打ち砕く歴史的大勝利だった。それはさておき、、。
 実のその大会の前日。キングストンヒースでもう一つの大会があったことをおしらせしたい。今回のW杯開催コースにまつわるいい話だ。

 もうひとつの大会は「プレス」デンツカップ”と呼ばれた。“プレジデンツ”をもじって“プレスデンツ”。スポーツ界では記者をプレスと呼ぶ、その記者たちの対抗戦がキングストンヒースで行われたのである。
 プレジデンツは、アマプロ問わずゴルフ界を統括する各国の会長たちがカップを出した争奪戦。そのためプレジデントではなく「プレジデンツ」と大会名は複数表記される。当時の大会会長は初代ジョージ・ブッシュ米国大統領、2代目の父が務めていた。なかなか、しゃれた趣旨とおもしろがりいっぱいのいかにも欧米のエスプリがよくきいた大会と好感をもって見ていたが、その大会前には記者を巻き込んでの遊びにも力が入っていた。プレスの対抗戦まで行うのだからすごい。
 筆者はその日本の代表として選抜12人の代表として1日、18ホールの対抗戦に出場した。
 楽しかった。充実した体験だった。

 キングストンヒースは「百数10年の歴史を持つロイヤルメルボルンGCと相前後してできたコースで豪州ゴルファーを2分して好みがわかれる名コースだ」地元プレスが胸を張ったが、その名の通りヒースに覆われ気丈なたたずまい。南半球の12月は厚さの訪れるちょうど日本の春。そう、夏泊リンクスの6月ごろの雰囲気だった。コースにすすきがあればまさに夏泊。そんな感慨をもって眺めたのを思い出す。
 試合はアメリカゴルフダイジェスト社の190センチを超えるジェフ・ルード(ハンデ12)との対戦で2ダウンの負けだったが、チームは勝った。初めての国際試合を堪能した。

 何が楽しかったかもう少し詳しく書くと、コースに着くとメンバーたちの構成する大会委員がてきぱきと対応したことだ。ロッカーを開けるとその日着るユニフォームが用意してあり白いシャツに半パンツ、帽子からソックスまで着かえた。一組4人でチームメイトは香港の記者。ラウンド中は何かとはげましあった。組にはレフェリーがルールブックとウオーキングチェアをもってついた。コースのメンバーでハンデ1と聞き、ハンデ10は気おくれしたが、実際マッチが始まるとこちらを気遣いが伝わり緊張でコチコチになったプレーヤには心強い存在だった。試合が終わると40分ほどのパーティーが手際よく行われた。大会会長らのあいさつをユニフォームのままサンドイッチを食べながら聞く。だが驚いたのはパーティーの出席者は近隣のコースの関係者。そして地元記者が50人いや60人ほど。記者に話を聞くと「大会ごとにこういう形のプレスへの対応がある。今回の代表には何とか選ばれたいと練習しているが、とても僕の実力ではえらばれそうもない」若い記者が心底うらやましそうに教えてくれた。大会後は翌日からの本番に備えたロイヤルメルボルンのプレステントへ。そこでは大会事務局のお姉さんの熱い抱擁とキスが待っていた。その日の勝利を祝ってくれねぎらう中に、アメリカに負けるな、という強いメッセージを感じた。翌日の地元新聞には「プレスデンツカップはインターナショナルチームの優勝。我々はいいスタートを切った」と見出しが躍っていた。

 豪州はこれからが冬本番、ゴルフの季節である。11月24日、豪州・メルボルン、国別対抗戦「ワールドカップゴルフ」(W杯)が行われる。日本は松山英樹と石川遼の同級生コンビが出場、日本に3度目のタイトルが期待される。かなり高い確率で優勝の可能性がある。残り少ないシーズンを2重に楽しんでね、青森のみなさ~ん。

2016年10月24日

▲このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »