プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2021年4月 アーカイブ

エージシューターに学ぶスコアメイク

 夏泊が3月20日にオープンしたと聞いてびっくりしている。兄弟コースの津軽高原、びわの平の今季の開場は4月10日過ぎという予測の中、夏泊リンクスは例年通りの3月オープン、待ちわびた北国のゴルファーにはうれしいことだろう。
 記者時代取材した、世界最古のトーナメント、全英オープンは毎年7月中旬、そう、真夏の開催だが、北海に近いスコットランド開催のときなど、一転、かき曇るとセーターを着こんでもまだ寒く、その上にウインドブレーカーの上下を着こんだものだった。が、青森の夏泊、日本を代表するリンクスは、冬だというのに暖かいのか、とキツネにつままれたような気持ちである。

 なにはともあれ、コロナ禍ながらどうやら五輪も開催にこぎつけられそう、プロ野球、サッカーも観客の応援を1万人限定で認めた。スポーツは密着、密接の緊急事態の枠外とみなされはしても、そこは遠慮が働いて、なんとなく自粛ムード。そんななかリンクスの開幕は、コロナで凝り固まった心身の筋肉をほぐしホッと安堵させる温かみがあってうれしい。

 さて、ゴルファーには驚きのニュースだ。このコラムでも、何度も紹介させていただいた、驚異のエージシューター田中菊雄さんである。1935(昭和10)年3月3日生まれ。85歳時の2020,21年シーズンは、エージシュートを、ついに740回の大台に乗せた。

 71歳で初エージシュート、以後6年連続年間記録を更新、83歳で通算400回、84歳で600回越え、迎えた86歳の誕生日前日の3月2日、遂に740回達成である。

 3月2日、ホームコースのよみうりGCを38,42の80で回ったのが始まり。猛暑の8月2日から、9月17日までの40日間は、1日も休まず、40日間連続プレー、そのすべてのラウンドで40連続エージシュートもやってのけた。この間、木更津GC(千葉)に3回”遠征“した以外、すべてよみうりGCに腰を据え記録に挑んだ。実は古い仲間と「コロナでもあるし地元で、みんなで本気で挑戦しようではないか」と近場に集中。いわば“コロナ対策”が功を奏したわけだ。

 筆者も8月5日のラウンドには「プロゴルファー猿」の漫画家、藤子不二雄(〇の中にA)さんらとご一緒した。田中さん、アウトで46をたたきながらイン37と巻き返し83と粘ったのは見事だった。よみうりGCのハンデ6の田中さん、これまで300回以上、エージシュートをやった得意コース、慣れたコースの恩恵を受けたのは大きかった。

 40ラウンド中、8月中旬には75の10アンダーエージシュート。9月15日、よみうりランド杯は74のベストグロス、11アンダーのエージシュート。さらに9月17日には自己タイの12アンダーエージシュートの73を出した。この間、40ラウンド、実に平均ストローク79・10。40連続はこれまでの19を大きく上回る新記録。さすがの田中さんも目を白黒して驚いていった。

 「コロナに侵されて死ぬのも、ゴルフをやり過ぎて死ぬのも同じなら、ゴルフをやって死んだ方が本望とやっています」。3月3日の誕生日に85歳の第1号、通算523回の好スタート。以後、エージシューターは月間、最少で11回、最多は25回を記録、85歳時の1年間で過去最高の217回を記録した。

 こうした快挙のおかげで85歳時、217回は15年に及ぶエージシュート人生年間最多。さらに驚くなかれ、ラウンド数は316ラウンドをこなした。1年365日、休んだのは49日間だけ。

左が田中さん、右が筆者の武藤一彦

 ―疲れませんか?の問いに「雪だるまを転がしていたらどんどん大きくなりいま転がり始めた。疲れ?流れに乗っている。繰り返しが進歩につながっている。人生で今が一番、若いんじゃないかという気がする」―86歳は2021年4月。また転がり始めた。

2021年4月5日

▲このページのトップへ