プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2020年2月 アーカイブ

風とグリーンが全英オープンを“演出”する夏泊リンクスで 第2の畑岡奈紗、渋野日向子を育てる中嶋合宿、いよいよスタート

 中嶋常幸プロが主宰するトミーアカデミー合宿が昨年末、夏泊ゴルフリンクスで行われた。第2の松山英樹を目指す男子4名、畑岡奈紗、渋野日向子を目指す女子3名の選抜メンバー7人は昨年11月、ロッジに3日間泊まり4日間みっちりラウンドを行った。1954年生まれの中嶋65歳。ジュニアで日本パブリック選手権、日本アマ優勝、プロとなって日本プロ、日本オープン、日本シリーズなど日本8冠を含むツアー59勝、シニア5勝。80年代には賞金王4回に輝いたレジェンドは、所属する静ヒルズCCで畑岡らを育て、世界に送り出した。ジュニアという言葉が珍しかった時代、ジュニア出身のパイオニアだった中嶋が東北の青森で第2、第3のホープ育成に本腰を入れ今後、毎年秋恒例のイベントはとして行われる。地元ジュニアの育成イベントも計画され期待が集まる画期的なイベントを紹介する。

 そもそも夏泊にやってくることになったのは、こんな、いきさつ。子煩悩で知られる中嶋プロは、夏休みには家族4人で必ずキャンプ生活を楽しんできたが、青森では20年前から十和田湖の釣りとゴルフが定番でもっぱら日本海側の鯵ヶ沢近辺が多かった。そんな折り、一昨年夏、青森滞在中、初めて夏泊をプレーして「ゴルフリンクスの難しさにしびれた。こんなコースが日本にもあったのかと感動した」のだった。16番パー5だった。「アゲインストの強風が吹き16番、635ヤードは、ドライバー、3番ウッド、3打目は「直ドラ」のナイスショットでグリーン脇までたどり着くのがやっとだった」と久しぶりに血が躍ったという。
 今回4日間の合宿中も2日間が強風、1日はそよ風、もう1日はやや強風だった。「故郷・群馬の空っ風も有名だけど、夏泊も負けてはいない」と振り返る。

 夏泊では95年に日本プロ選手権が開催され、佐々木久行プロが優勝したのは周知のとおり。だが、その年、中嶋プロは大会前週のフジサンケイで優勝しながら風邪をひき欠場したこともあって何かと気になっていた。日本プロは日本最古の公式戦。病気とはいえ欠場は、プロ生活最大の汚点と受け止め、こだわりとなっていたのかもしれない。新鮮な驚きが次々と湧き出てきたという。

 「6番ティーから函館を臨む3方が海の景観もあるアウトの9ホールもいいが、インの9ホールには全英オープンと思えるリンクスの雰囲気がいっぱい。強風の日はアゲインスト、横風が吹き、本当に全英オープンになる」そして、その感性はグリーンにも注がれた。「世界のグリーンはポワナグリーンというのは今や世界の常識だが、夏泊のグリーンが日本では最も近い。ポワナは和名がすずめのかたびら。日本ではベント芝を食い荒らす悪者みたいに言うが、アメリカの中西部など名コースと言われるトーナメント会場の多くはポワナの高速グリーンだ。夏泊はポワナではないが、本州最北端の厳しい環境が最も世界に近いグリーンを作り出して貴重。ジュニアには1日も早く慣れさせようと連れてきたが、良かった、いい経験ができた」と大変なほれ込みようだ。

 夏泊とトミーアカデミーでは今後、これらの特性を生かし恒久的にジュニア合宿を計画していくことになる。時期は寒さに入る今年と同じ11月。全英の厳しさを求めて繰り広げられる。

 中嶋のプロ処世訓ともいえる考えを1、2,あげさせてもらう。
 「トーナメントに勝つことは、突き詰めれば1番上手くコースと戦えた人が勝つのだと僕は思っている。単純なことで、誰よりも自分自身が、技術と勇気と忍耐力を持ってコースに勝ち抜くことが試される。それがトーナメントだ」
 「強風が吹く夏泊ゴルフリンクスは、ボギーを打ってもダボを打っても、良い先生に指導される生徒の気持ちのようになれる。次は克服してやるぞという気持ちになる。夏泊は春と秋の風がいいらしい。強風の日にラウンドすれば、誰でも最高の教師に教えてもらえる」―

 筆者は、95年の日本プロで夏泊を知りのちに理事を経て理事長を拝命した。当夏泊リンクスのコース設計者、海老原寿人社長が立大ゴルフ部の後輩という内輪な事情があるもののゴルフ記者を経て夏泊と深い関係ができたことをグッドラックのなせるわざ、あるいは運命と受け止め享受している。同じことが中嶋プロとの間にも起こった。新聞記者時代、中嶋プロの76年ゴルフダイジェストのツアー初優勝をはじめ優勝した試合のほとんどを取材した。78年全英オープンデビュー(セントアンドリュース)には同じ飛行便でスコットランドまでの遠征に同行。中嶋プロが全英オープンで最終日、最終組を回った86年、ターンベリーでは、強風の中、豪州の白鮫、グレッグ・ノーマンと丁々発止とやりあい、ノーマンに優勝を譲る8位に終わったが、現地特派員としてともに胸を張って世界と戦った、いい思い出を共有して今思い出すに興奮する。昨年夏、渋野日向子が全英女子オープンで快挙をもたらしたが、歴史は突然作られるものではない。先人の足跡が必ず何らかの相乗効果を及ぼす、と日ごろ思っている身には、中嶋の姿がオーバーラップしたことだった。トミーは昔から人の気持ちをそらさない、いいやつで涙もろく、他人はほめるが、決してけなさず自分の失敗は許さず、時に声を放って泣く純粋さにほだされファンとなった。そんな人間たちがいま夏泊にどういう運命か、集まった。中嶋プロには予想外のお褒めをいただき、こんな光栄なことはないとひたすらよろこんでいる。合宿が毎年滞りなく行われ、ジュニアがすくすくと育つ環境を夏泊が支援できることを心から誇りに思う。バックアップを惜しまない。思う存分、ジュニアを、ゴルフを、中嶋プロには育てていただきたい、と思う。

(この記事は、ゴルフ隔週誌アルバトロス・ビュー「アルバ」12月号の中嶋プロの人気コラム「すべては最善のために」を参考にしました。ありがとうございました)

2020年2月4日

▲このページのトップへ