プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2017年6月 アーカイブ

競技ゴルフのススメ

―タフなコースのタフな理事長杯決勝で思う

第4組

 夏泊ゴルフリンクス恒例の2017年「理事長杯」は6月4日、予選を通過した20人が出場して36ホールストロークプレーの後半18ホールを行った。雨、気温12度の厳しいコンデションの中、松本佳男さんがグロス90、ネット76、予選との合計ストローク149で優勝。2位は1打差の菊池文宏さんで1打差、3位は第1ラウンド首位の笹原秀男さん。昨年、大会史上初めての女性チャンピオンとなった注目の斎藤くみこさんは3打差6位でした。

 アウトを終わって予選トップの笹原さんが首位、2組目の早いスタートの菊池さん、斎藤さんがぴったりマーク、レフティーの浪岡勇さんらが追い上げる展開。だが、雨足が強くなったインで松本さんは11,12番を連続バーディーと驚異的な追い上げをみせると、風も出た難ホールの17番パー3をパー、18番をボギーのインコースのベストグロス41でホールアウト、これで逆転に成功しました。

201706-1 優勝した松本さんは「56歳、2004年に次いで2度目の優勝です。理事長杯は実に13年ぶりです」と胸を張った。先に勝ったのが43歳。これで40台に次いで50歳代とエポックを作った。素晴らしい金字塔を打ち立てたわけです。息の長いプレーヤーの仲間入り、これからますます強くなるでしょう。ハンデ14、熱心な研修会の常連で「気持ちでゴルフをやるタイプ。悪コンデションを強い気持ちで克服しました」と加藤郁男・競技委員長をよろこばせました。これからも夏泊のトッププレーヤーとしてさらに成長を遂げ60代,70代でも元気なゴルファーになっていただきたい、と期待します。

 2位の菊地さんは本当に惜しいことをしました。最終ホールをバーディーとし首位に立っていたのですが、その前17番パー3をトリプルボギーの6が大きく響きました、結果的にこの大たたきで優勝を逃してしまいました。ゴルフのこわさ、きびしさは“ボビー・ジョーンズのパーおじさん”の逸話に学ぶしかないようです。パーとの戦いに敗れたものに栄光は訪れない。球聖といわれた名手も17歳の時のセントアンドリュースの12番ショートホールでバンカーから脱出に失敗、大たたき途中棄権したことがあるのです。ジョーンズの年間グランドスラムはそうしたことがあった13年後の1930年に生まれています。

 午前8時のスタート時、鉛色の空は最終組がスタートするころには本降りとなる悪コンデション。わたくしは新理事長として初めて見る“プレジデントカップ”でしたが、心は青空のように晴ればれ、見ていて本当に楽しい1日でした。

 結論を先にいいましょう、競技ゴルフの楽しさが充満していたのが印象的で、うれしかった。
 雨の中、次々とスタートする選手は誰一人、愚痴をこぼしません。それどころか、「雨なら楽でいいさ、風がないから楽だ~あ」なんて津軽言葉のイントネーションに振り向くと心から嬉しそうな顔が笑っている。さらに驚いていると「ん、だ、雨なら下りのパットが楽だもんなあ」なんて会話は信じられません。思えば雨だ、寒いだ、前の日、飲みすぎて、と言い訳ばかりさがす“わが軟弱ゴルフ”を鋭く突かれて身がすくんだものでした。夏泊の競技ゴルフは覚悟があって潔い。この日気温12度。立っていると膝、腰が堅くこわばってマネキン人形状態。とても球を打つ気になれないなあ、とみている目の前で、選手たちは、水気たっぷりのラフを渡り歩き、ところにより水ガメと化したバンカーでドロップを繰り返す。プロならわかる。賞金があって生活がかかる。目標があり高みに上る夢がある。だが、1週間のようやくとれた休日の貴重な1日だからこそこんな日は家で休めないと、頑張る姿は、ほほえましく、タフで、邪気にあふれ、とてもいいものを見た思いにとらわれたものでした。

最終組 スタート前、そんな思いで短い会話を交わした大男・浅利文敏さん、63歳(ハンデ9)「182センチ、87キロ、この1年で8キロ、食事制限でダイエット。これ(ゴルフと大会出場)のために頑張りました」といってました。赤石博さん、63歳「大会は今年で2年連続出場。やっとゴルフができるような身分になれた」幸せいっぱいという表情で言った。60歳までは小学校の校長先生、定年を迎えやっとゴルフにのめりこんだ人でした。

 ハンデ5の成田裕さんは理事長杯2回優勝、鈑金会社の役員、浪岡勇さんは塗装会社のオーナー経営者。「クラブハウスの鉄柱修理は精魂込めてやりました」「屋根のペンキはどこの屋根より2倍厚く塗ってある」修理を依頼されおそらく最低限の賃金で請け負ったことでしょう。それぞれ語る夏泊への思い入れは特別であることが読み取れました。きょうはそのコースでの晴れ舞台、闘志と満足感がはっきりと見て取れたものです。

 ホールアウト後、最終2組は表彰式のため風呂はあと回しでミーティングルーム、ぐしょぬれのままテーブルを囲む選手たちでした。表彰式はコースの用意したささやかな食事をとりながら厳かに執り行われました。多少やつれがにじんだ顔が並んでいました。タフな1日だった。誰も無言。だが、目は澄んで輝いていた。成績が発表された。拍手が渦巻いて起こった。競技ゴルフはいいな、と思いました。

2017年6月8日

▲このページのトップへ