プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2015年8月 アーカイブ

メジャー大会はリンクスか、クラシックコースか?はたまた両方を協調させた全米オープン開催のチェンバースタイプか

 残暑お見舞い申し上げます。今年の夏は季節外れの台風や猛暑で自然環境はタフな状況です。ゴルファーにとってそうした環境の変化は意外と影響を及ぼすもので、周囲のマイナス要因によって行動が制御され、台風が来るらしい、熱中症に気を付けましょう、といわれると、出足が鈍り、ラウンドの回数が減る。そんなデータがあるコースのアンケート調査で明らかになっていました。夏泊ゴルフリンクスは気候が北海道型、夏季ににぎわいを見せるリゾートタイプのコース。幸いゴルフをやると決めたら絶対にやる県外からの好奇心旺盛なゴルファーと地元のアスリートタイプ、本物のゴルファーのおかげで、例年になく活況を呈しているようです。

ジョーダン・スピース トーナメント界は、メジャーが3大会終わり、残すは8月の全米プロ選手権だけになりました。今年のメジャーはマスターズで優勝したアメリカの新鋭、ジョーダン・スピースが全米オープンを制し、先の全英オープンは1打差でプレーオフに残れなかったとはいえ存在感十分の4位。21歳のスピース(この7月には22歳になります)はニクラウス、タイガーに次ぐ久しぶりの大物感を漂わせて楽しませてくれます。

 その存在感とともに注目しているのはコースの変化です。全米オープンのチェンバースベイは高低差56メートルの丘陵地にセントアンドリュースを持ってきた、と話題を振りまきました。硬さがコースバリューの神髄であるリンクスに傾斜をつけたようなチェンバースベイには、ついにやったか、と驚きと称賛もありました。しかし、案の定というか、残念ながら、グリーンでは半円形を描くパッティングラインやピンそばに落ちたショットがはるかかなたの平地にたどり着いてやっと止まったなど、見るからに不公平感いっぱいの悲劇が、見るものに同情心を引き起こしそのデビューには賛否両論が渦巻いています。

全米オープン

 アメリカのゴルフとリンクスゴルフは本来別物。高弾道、ハイスピンで上から攻めるゴルフと低弾道で風をかいくぐるリンクスゴルフは相反する歴史と条件の中で対立点の違いを明らかにしながら存在していました。しかし、そうした時代はどうやら今回で終わり、となるのかどうか。そんな分岐点が来た感じです。

 おかしかったのは筆者の周囲のゴルファーたちです。「これは夏泊だ」と叫ぶと「アハハハ、プロでもやっぱりむずかしいんだ」と同調するもの。わずか、1,2回の夏泊の経験をバックに遠慮のない感想はおかしかった。ゴルファーは、プロが1メートルを外すと「俺の方がうまい」とビギナーがプロをけなすことが許されるが(ゆるしてなんかいないが)、自らの体験が厳しければ厳しかったほど、ミスしてうなだれるプロの姿に共鳴できるのでしょうか。夏泊でプレーをしたものほど、チェンバースベイのプロの苦闘は喜んで迎えられていたようです。

強風で球が動き大会は5日間に及んだ全英オープン

セントアンドリュース 対称的に本場のリンクス、全英オープン、セントアンドリュースは雷雨中断、そのあと強風が10時間吹き荒れプレー不能で結局5日間かけ、ようやく月曜日に終わりました。雷はともかく、グリーン上の球が風で動き競技不能に陥ったのは29回に及ぶセントアンドリュースでの大会で初めて。このことについては「アハハハ、みんな分かったか」と指差して笑ったのは夏泊ゴルフリンクスを知るゴルファーたち。こんなことはたびたび起こった夏泊では「アドレス後に動いた球は罰打なしでリプレースできる」という特別ルール(ゼネラルルールでは1打の罰)があるほどです。

 アメリカにリンクスを持ち込んで賛否を問うた全米オープン。本来のリンクスを全うするはずが、風が強すぎてお手上げになった全英オープン。そこにはアメリカの冒険とイギリスの伝統維持の二つに対する、問いかけ。天も迷っているのでしょうか。

 そんな目で見ろ8月13日(日本14日)今年最後のメジャー、全米プロは興味深い、楽しみにしています。2010年にドイツのマーティン・カイマーが優勝したウエスティン・ストレイツ(ウイスコンシン州)での開催です。前回は最終ホールで首位のダスティン・ジョンソン(先の全米オープン最終日に1メートルを外し敗れた)が、バンカーと指定された砂地を、ウエストエリアと勘違いしペナルティーを課され優勝を逃した因縁の大会です。コースを難しく、そして意地悪く設定する傾向は、どうやらその頃から始まっていたようです。

 ボールとクラブの著しい改良がゴルフを変えたことは否定できない事実です。かつてタイガーだけが受容できた飛ぶゴルフはいま20数人の“320ヤードヒッター”に受け継がれています。そのためメジャー開催の主会場となるクラシックコースはどこも距離延長に取り組みましたが、もはや限界にきています。トーナメントをかえたメジャーを、あるいはメジャーだからこそ、変えよう、変えなければ、と動き出したトーナメント界。今後の改革に向けた方向を、リンクスにして丘陵コースの夏泊の関係者としては黙って見ているわけにはいきません。感想を持ち寄って今度、みんなで議論しましょうね~。

2015年8月4日

▲このページのトップへ