プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2014年12月 アーカイブ

高速グリーン時代の到来がやってきた

 50年という節目で様々なイベントがあった。「東京五輪から50年」「青木功プロ生活50年」「東京よみうりカントリー創立50年」-2014年は先に2020年東京五輪が決まったことが刺激になったか、50年に触発されて人々がふと歴史に思いをはせた年だった。
 かくいう筆者もスポーツ新聞社に勤めたのが東京五輪の年、1964年。記者、評論家を経てジャーナリスト生活50年、出身の報知新聞社には50年連続して何らかの原稿を書き続けている。何らかの、というといい加減だが、初めて自分の原稿が新聞に載った時のほろ苦い想いがそう言わせる。初原稿は大相撲の高見山の初相撲、ハワイから初めてやってきた外人力士ジェシーが、序の口でデビューしたのを取材し10数行の雑感として掲載された。たった10行には外人初デビューのニュースとこの原稿を書き上げるまで前相撲や朝稽古取材の苦労が詰まって、新聞の切り抜きをみると自分がいとおしくなる。大人になって見る子供の頃の写真、といった感慨だが、活字にしたのが自分というところに母性が発生するのだろうか。

 「グリーンの50年」を書こうとパソコンに向かったのがつい自分のことになってしまったのは50年というキーワードにひっかかったせいらしい。2014年、関東周辺でグリーンが続々と改修されたことを伝えたかった。我孫子GC、東京よみうりCC、葉山国際CCと創立50年を迎えたコースが新世代グリーンに改造すると、カレドニアン、富里といった20数年の若いコースも改造にふみきり次々に関係者にお披露目された。遠い青森に無関係というなかれ。この新グリーンは、夏泊ゴルフリンクスをほうふつさせて硬く速くスリリングで新しい。いや、プレーすると何やら心が晴れる、意欲がわき自分のミスにおこらない、そんな感触なのであった。
 このうち実際にプレーし体感したのは我孫子を除く3コース。感想はいま述べたとおりだが、早くてスリルのあるグリーンが面白く高速グリーン時代の到来を実感できたということだ。

 「スリリングなグリーンは別のゲームを演出する」-カレドニアンではグリーンスピード13・6フィート、コンパクション24のマスターズ並みの高速グリーンを経験した。早川治良会長は意気込みを自信に変えていった「ペンクロスでスタート、2種類のベントを試した後、8年前から14種の芝をためしこの地に合う芝をさがした。夏の35度を超える暑さに耐える芝を見つけることが日本のコースのテーマだが、タイイー(TYEE)という芝が夏に強く、強い刈込などのいじめにも耐えたので採用した」という。系列の富里GCも改造、近々、アマチュアの大会などをきっかけに競技会も開く計画だ。

写真:宮本勝昌 いまベント芝の世界の主流は、007、マッケンジー、オーソリティーそしてシャーク、タイイの5種。中でもシャークは我孫子、東京よみうりが採用して注目される。日本シリーズが例年開催されるよみうりは1月に改造に入り5月に芝植え、10月に使い始め12月のゴルフ日本シリーズに間に合わせた。ツアートーナメントの公式戦開催ということで、期間限定でサンドグリーンへの改造という50年の歴史で初のプレッシャーのかかる体験をしたが、芝を青森県八戸で養生、18ホール分の芝を18台のトラックでコースへ運びグリーンに地植えした。井上誠一の設計図通りの復活を目指すと隠れていた起伏や傾斜が際立ち読みとタッチのむずかしさが出た。日本シリーズでは宮本勝昌が9アンダーと例年なら2ケタの優勝スコアが5年ぶりに1ケタとなって名ショウブとなったことは周知のとおりだ。

 三浦半島にある葉山国際は36ホールのうちエメラルドコースの改造とワングリーン化が成りコースの評価が変わった。メーンのコースより距離が短くシニア、女性向きと言われたコースがメンバーに好評でラウンド希望が逆転したという。確かに280ヤードのホールで2オンしてもカップの位置次第でパットの難易度が変わる。となると第2打の攻略性が問われるからプレーに厚みが出るというわけだ。グリーンは007(ダブルオーセブンと読む)夏も強い芝種で2014年の男女メジャー、全米オープンと全米女子オープンを2週間連続で開催した米ノースカロライナのパインハーストGCと同種だ。

 日本古来の高麗グリーンが主流の日本では暑さに弱いベント芝が沖縄まで行き渡ったのは2007年、沖縄の喜瀬CCの日本プロ選手権だった。ベント芝はまだ普及し始めたばかり、今後にまだまだ課題をのこすが、今回関東のコースが世界を視野に入れた高速グリーンに強い意欲を見せ挑戦したことは大きな意味を持つだろう。
 そして、日本に名だたるベントグリーンを持つ夏泊リンクスだ。天与の自然と気候に恵まれた自らの資質を自覚しなければならない。高速グリーンの絶妙な味わい、強風と戦い、なじみ、味方引き込んでのゲームのおもしろみを訪れるゴルファーにしっかりと伝えなければならない。コースは生きていることを50年の歴史は教えてくれた。夏泊も心して立ち止まってはならないと思った。

写真:夏泊ゴルフリンクス18番ホール

2014年12月26日

▲このページのトップへ