プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2014年6月 アーカイブ

ニクラウスが呼びかける新しいコース

― 全米プロシニア開催ハーバーショアにみる新しい時代の息吹 ―

 みなさんも感じているように最近はクラブが振りやすくなり、ボールが飛び、結果的にコースが短くなった。トッププロが520ヤードのホールを楽々とツーオンしバーディー、イーグルをとる。「ティーショットは300ヤード飛んだ。残り220で5アイアン」などと平然と言うのを聞くと”ま、仕方ないか”と思う。180センチの大男だからそれもあるさ、と自らをなぐさめる。だが、女子が、270を飛ばし残り250をスプーンで一閃、鮮やかに乗せてくるのをみると“どうなってんだ”といいたくもなる。年齢は15,6歳、身長160センチに満たないアマチュアの女の子がいとも簡単にやってのけるのを見せられると50年間やってきたことが、一瞬にして覆(くつがえ)ってしまったようで、シュンとなる。

 ゴルフジャーナリストとして50年。海外ゴルフの中継解説をして20年になろうとしている。ゴルフ専門チャンネルの中継解説も貴重な取材である。わたしが契約しているゴルフネットワークは、1996年、タイガーウッズがデビューした時と同時に開局、ゴルフ専門チャンネルはスタートしているが、以来、彼がやってきたゴルフの変革。ゴルフをことごとく変えていくのを、まさにつぶさに伝えた。

 5月末、 米シニアのチャンピオンツアー、「全米プロシニア選手権」が米ミシガン州ハーバーショアゴルフクラブで行われ解説を務めた。大会は75回を迎えた伝統の大会。昨年はセントルイルで、井戸木鴻樹選手が優勝、世界をアッと驚かせた、あの大会である。今回はミシガン湖を臨むハーバーショアに舞台を移し5月23日から25日まで行われディフェンディングチャンピオンとして戦う井戸木を誇らしく見た。室田淳が最終日まで優勝争いにからみ9位に入った。優勝はスコットランドのコリン・モンゴメリーがドイツのランガーとの接戦を制し優勝した。今回、皆さんにはそのコースのことを知っていただこうとキーをたたいている。新しい試みがあちこちにあり、ゴルフコースの将来像が提示されていて強烈な印象だったことをお伝えしたいのだ。

18ホールに4つのコースが散りばめられていた

写真:ジャック・ニクラウス

 コースは4つに区分され、それぞれが全く別のコースとなってゴルファーに供されるのである。ミシガン湖に向かってスタートするコースは最初の5ホール、続く6番から9番までの4ホール、さらに10番からの4ホール、そして14番からの上り5ホールがまるで別々のゴルフ場のように独立しているかのようだった。
 コース全体はスタートして時計回りにゴーイングアウト、カミングイン、つまり9ホール行って9ホールを帰ってくる、スコットランドのリンクスを原型としている。
 設計はジャック・ニクラウス。といえば押してしるべし。全英オープン開催コース屈指の難コース、ミュアフィールドに傾倒し、故郷オハイオにミュアフィールドヴィレッジを作り米ツアー“5つ目のメジャー”と言われる「メモリアルトーナメント」を立ちあげた。18ホールに一つとして同じ風向きがない、自然、それも風を攻略の目玉としたコンセプトに感銘を受け、踏襲した人である。その大御所がまた気合いを入れて作ったのが今回のハーバーショア、正式には「ザ・ゴルフクラブ・アト・ハーバーショアズ」(6852ヤード、パー71)である。

 コース設計においては担当制を敷き、1番から6番まではニクラウス、他は同設計事務所の精鋭たちが設計から完成までそれこそ心血をそそいだ。全体の統括はもちろんニクラウスだが、分担することで新たな息吹を導入する、そんな狙いがあった。

 ニクラウスは1~6番のうち、3番から5番までに「ゴールデンベア・サークル」という右回りの円形スタジアムを作った。6番から9番はミシガン湖の砂丘地帯。湖風を真っ向から受け、ブラインドグリーンの小さな平坦エリアに正確無比なショットを要求した。このエリアは一転左回りに4ホールが配置され「ドラマチック・チャージ・ホールス」(劇的な挑戦ホール)と名付けてある。

 第3のエリアは10番から13番で「ノーザンミシガン・ホールス」(北ミシガンを象徴するホール)と名付け広葉樹林の林間コース、樫やメイプルツリーの大木が林立した。ここは全体に右回り。そして14番から18番は乾燥地帯に川と池が織りなすタフなホールの連続であった。湖から地面をなめるように吹いてくる向かい風のティーショットはタフでパワーと正確性をもとめられた。合間にある17番は一転、左風を計算して打つ200ヤードをこえる“ロング・ショート・ホール”(長いパー3)と圧巻だった。

 これでお分かりかと思う。どれひとつとって同じ風が吹いていない。そして18ホールに4つの典型的なコースを組み入れてある。即ち、ニクラウス、砂丘、林間、ウエットエリア(乾燥地帯)である。「ニクラウス」とあえて書いたのは小さいグリーとうねり、バンカー、そしてクリークとくればニクラウス。そう、いまやその名はコース設計の基本となっている。さらにこのコースにはパウパウ川が流れ11ホールに絡み、実に15ホールに水がハザードになっている。

 4日間、深夜のスタジオで横山和正アナウンサーと計12時間中継した。さまざまな思いがあったが、「ニクラウスさん、やってくれたなあ」という感慨が一番だった。
 冒頭にふれたが、飛ぶゴルフの面白さ、と同時に、飛ばさないゴルフもあっていいのではないか。それらが共存してこそのゴルフなのに今の時代、飛ばしばかりを求めすぎていませんか?といいたい。身丈にあったティーグラウンドを使えばいいだろう、という問題ではない。身丈に合わない長いコースだけで行われるトーナメントやゴルフでは、ゴルフの幅がせばまりはしないか、いささかうんざり、というのが本音である。いや、老いぼれの無理難題ではない。ニクラウスがそういっている、と思うのだ。

飛ぶゴルフだけではなく飛ばさないゴルフがあってもよい

 今回のヤーデージは6800ヤードちょっと。シニアとはいえ短かすぎるのではないか。だが、大会を迎えニクラウスの狙いは一切、飛ばしをシャットしているようだった。こう言い切るエピソードがある。かつてニクラウスはケイマンゴルフを推奨し、その普及に躍起となったことが、もう20年も前にあった。いわく。「このままゴルフが飛距離ばかりを追求していくとしたらゴルフの将来にはよくない」―ドライバーでフルショットしても120ヤードしか飛ばないボールでショートコース

2014年6月1日

▲このページのトップへ