プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2013年7月 アーカイブ

全英オープン6位の松山にスコットランドの試練

― ミュアフィールドが課したペナルティについて ―

写真:松山英樹1 第147回を迎えた世界最古のトーナメント、全英オープンはアメリカのフィル・ミケルソンが優勝した。日本の松山英樹が堂々6位に食い込んで大物ぶりを遺憾なく発揮し頑張った。惜しむらくは第3日、大詰めの17番、スロープレーで1罰打をくい“あれがなければ”と言い訳の常套句も呟きたくなるところだが、これもゴルフ。後からウダウダ言うのはゴルフの精神にもとる。ゴルフはすべてを受け止めなければならない。

 だが、知っておきたいのは、この裁定の背景である。ペナルティはアジア人に向けた意地悪、という論調で主催のR&A(ロイヤルエンシェントGC)を批判する向きもあるようだが、そんな姑息(こそく)な事は断じてない。そこにあるものは、ゴルフの精神、こうあるべきという理念、こうしていこうという信念。英国の600年にわたって守り続けたゴルフへの思い入れ、がある。

 1970年代の中ごろに初めて全英オープンの取材に行って以来、30数年。英国にはいつも驚かされることが多い。その一つに難関ホールのティーグラウンドのもっとも後ろに役員がいて選手の打つボールの行方を前方に知らせるのがある。膝まで覆うようなブッシュやラフがあちこちにあるリンクスなので、いまでいうフォアキャディーの一員のような役割、と、みているとナイスショットのとき突然椅子から立ち上がると大声でさけぶのである。「ベリーグッド!」―。
 「大変、良い」である。“ナイスショットで~ス”ではない、断固として叫ぶ。
 ブレザーにネクタイ、濃紺のパンツ。開催コースのメンバーで役員か。かつては名を成したトップアマだった人かもしれない老ゴルファー。おかしいのはタイガーでもワトソンでもミスには、フンと空を仰ぐことだ。だが、いいショットには“ベリーグッド”のお墨付。その声音には独特のランクがあって普通の出来ならちょっとおなかに力を込める程度だが、ナイスポジションだと大音声。気合いと姿勢と声の大きさで評価がわかるのだ。

 その姿は自信に満ち威厳すらある。はじめはびっくりしたが、ギャラリーもその声を聞くと安心して手をたたいたり口笛を吹いている。そんな姿を見ていて真っ先に感じたのはゴルフ発祥の地スコットランド、全英オープンを持つ英国の使命感だ。「英国人はゴルフ発生の国としての自負、誇りそして使命感で大会を運営、維持しているのだな」安心感に気持ちが楽になったものだ。

写真:松山英樹2

これもあるがままを受け入れる試練

写真:松山英樹3 松山のペナルティ。我々には悔しいことだが、「あるがままを」受けいれることだろう。第3日のスロープレーだった。12番で前の組との間が開き15番で競技委員から警告を受けた。2人ひと組、1ラウンドの規定時間は3時間41分。そのペースを越えると警告が発せられその後、競技委員の計測が行われた。17番パー5、ティーグラウンドに上がると前の組とは4分、ほぼ1ホール遅れていた。ショットは左へ曲がり男性ギャラリーの背中を直撃。「大丈夫ですか」と手袋にサインしプレゼント。その後、第2打を打ちグリーンまで残り200ヤード地点で競技委員から再び注意を受けた。2度の警告は1罰打である。同組のワグナー(米)は無罰。1打の持ち時間は先に打つプレーヤーが50秒、後から打つ人は40秒。松山は12番パットでオーバータイム、さらに17番の第2打で時間オーバーした。

 英国人の使命感の前で、手袋にサインしギャラリーを気遣う。そんな時間がどこにある、という人もいれば美談と見る人もいよう。しかし、優勝争いの中でゴルファーがもっとも忌み嫌うスロープレーをどんな事情にせよやってしまった松山には、個人的にはいい経験をしたね、というしかない。
かつて優勝を目前にした日本選手がバンカーで足元をしっかり埋めようとした行為がライの改善の反則となりタイトルをフイにした事がある。また雨天中断でプレー再開待ち、晴れ間が出て素振りをしていたら同伴競技者から「さあ行こうぜ」と促されショット再開。しかし、再開のサイレンが鳴る前だったのでペナルティをくった例もある。

 誰が悪いか、と問われれば自分のやったことである。おそらくあのティーの役員がミュアフィールドにいたら「ヒデキ、お前が悪い」と空を見ながらそっけなく言うに違いない。

写真:松山英樹4 全英オープンの直前、松山には夏泊ゴルフリンクスで合宿を張る計画があった。スポーツ紙の報道で世間の知ることになり地元ゴルファーは楽しみにしていた。合宿計画は間違いなく進んでいたのだが、21歳、新人プロゴルファーの目覚ましい活躍はわずかな空白の時間を埋めつくしてしまったのである。夏泊のラフで思う存分打っていたらミュアフィールドのラフで時間を費やさなくてすみペナルティも食わなかったのに、とあらぬ妄想にかられている。それにしても全米オープン10位に次いで今度は6位。この後の全米プロ選手権(8月8-11日・ニューヨーク州オークヒルCC)が待ち遠しい。

2013年7月24日

▲このページのトップへ