プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2013年6月 アーカイブ

松山英樹 夏泊ゴルフリンクスで世界制覇に向け合宿を張る

-武藤一彦理事の特別寄稿-

 男子ゴルフのメジャー、全米オープンで10位に入った松山英樹の海外進出への強い意欲が高まっている。7月18日から始まる全英オープン、さらに8月にはメジャー最終戦、全米プロ選手権が待っている。その間には日本ツアーのスケジュールがびっしり。だが、その忙しい合間を縫って松山は全英オープンに向けた合宿を夏泊ゴルフリンクスで行いたいという。ハードスケジュールで実現する可能性は5分5分。果たしてどうなるのだろうか。

 夏泊での全英オープンに向けた直前合宿のニュースが流れたのは6月19日のスポーツ新聞紙上だった。
「仮想全英合宿、本場のリンクスほうふつ青森・夏泊で調整へ」とスポーツニッポン新聞、スポーツ報知は「青森で短期合宿」との見出しで「セガサミーカップの前に夏泊ゴルフリンクスに行くことで日程調整している」と東北福祉大・阿部康彦監督の談話も掲載された。さらに「夏泊は三方を海に囲まれ、スコットランドの風が吹くといわれる日本有数のリンクス。95年には日本プロ選手権が開催された」と報じた。他にも「設計は立大ゴルフ部出身で、米ゴルフアカデミーで学んだコース設計家の海老原寿人氏」と、当クラブのオーナーの名前も紹介、一躍、コースが脚光を浴びた形だ。
  21歳、東北福祉大4年の学生プロゴルファー松山だ。しかし、同い年のライバル、石川遼が米を拠点に活躍中。松山はプロ入りが遅い分、プロでの実績はもう一つと言われたが、デビューするとツアー2勝、賞金ランク堂々のトップだ。鉄は熱いうちに撃(う)たねばならない。「(米ツアーのシード権は)簡単にとれるわけじゃないが、出場できる試合は出たい」と一気に世界へ大股に歩み始めた。

日本のスコットランドで全英オープン攻略だ

 話は3月にさかのぼる。全英オープンのアジア地区出場枠をかけた予選で松山は2位となり全英オープン出場を決めると、松山陣営は動いた。「いろんなことを経験してこれからのゴルフにつなげていきたい」と全英に向け”作戦“を練った。そこで浮上したのが、夏泊ゴルフリンクスの合宿だ。阿部康彦・東北福祉大ゴルフ部監督。「リンクスのラフ、コースの堅さ、強風が大敵となる。そうだ、青森に夏泊があるじゃないか」松山陣営ではすでに全英の前週に聖地・セントアンドリュースをラウンドすることを決めたが、「それ以前にもできることはすべて悔いのないようにやっておきたい」と合宿の構想は出来上がっていた。

 今年の全英オープン開催のミュアフィールド。全英屈指の難コースとして知られる。セントアンドリュースはじめ7コースを順繰りに開催する全英、なかでもミュアフィールドは18ホールで18方向から風が吹く難コースである。周知の通りリンクスはゴーイングアウト、カミングインの一方通行。セントアンドリュースに見られるように半島の先に向かってアウトを出ていき、10番から折り返すと一路、クラブハウス目指して帰るマラソンで言う往復コース。近年、そうした流れを単調と見る向きもあるが、ミュアフィールドは時計回りの周回コース。つまりホールがどれ一つとして同じ方向をむいていないために風向きが毎ホール、マイショット違う。

 阿部監督以下松山陣営が夏泊リンクスを合宿地にしたのは自然の流れだろう。東北の代表的なコースと仙台を拠点とする東北福祉大。1昨年の東北アマでは同大の古田幸希ら10数人が出場、古田が優勝した。大会には松山も出場を予定していたが、国体と日程が重なり参加できなかった。

日本プロ選手権開催、ナショナルチームも2度合宿

 夏泊ゴルフリンクスはアマの日本ナショナル男子チームが2007年と2008年に2回にわたって合宿したのも世界を目指すトップアマがいずれは戦うリンクスの雰囲気を日本で味わうのにもってこいだったからだ。プロとなった薗田俊輔、片岡大育はじめ、先週の日本ツアー選手権で優勝した小平智も、日大時代にフェスキューのラフ、うねりの強い高速グリーンを体験した。松山もナショナルチームの一員で海外経験豊富。しかし、アジアや米国にはいっても遠くイギリスまではなかなか行けないというこれまでだ。「風も強いのでイギリスでは気をつけたい」全英を控え、これから先、ずっと続くリンクス対策。松山も相当な覚悟で臨むことになる。

 合宿は7月はじめの長嶋茂雄招待セガサミーカップ前の週はじめを予定しているが、8月の第2週の全米プロまで1日の休みもないハードスケジュールとの調整次第。松山の体力気力は充実していても生身の人間だ。さあ、どうなるか。

高校生だった頃の松山プロ

2008年 まだ高校生だった頃の松山プロ(左)
世界アマチュアゴルフチーム選手権代表選手最終選考会にて来場
松山英樹 宇佐美祐樹(左から2番目) 薗田峻輔(左から4番目)が
日本代表選手に選ばれました。

2013年6月25日

▲このページのトップへ