プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

2011年6月 アーカイブ

東北アマ最終日

写真:古田幸希選手 ぽっちゃり王子、古田幸希が見事な優勝を飾り成長を見せるともう一人、「ぼくもがんばったよ」と名乗りを上げたのは岡部大将。難コース、夏泊ゴルフリンクスは神が与えし試練の場ですが、今回、ゴルフの神様はたくさんのハッピーな出来事をプレゼントしてくれました。

 震災からの復興に向け注目の第46回東北アマチュアゴルフ選手権は10日、青森・夏泊ゴルフリンクス(7096ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、6打差リードのぽっちゃりこと古田幸希(東北福祉大1年、十和田国際)が3アンダー69、通算9アンダーとただひとりアンダーパーをマークする圧勝で2年連続3度目の優勝です。2位との差、17ストロークは1997年の星野英正(現プロ)と並ぶ大差レコード。18歳、東北福祉大1年生の古田にとっては初のビッグタイトル。真のトップアマに向けた新たなスタートの始まりです。

○ぽっちゃり王子の再スタートが始まる

 さらに大会は7月のアマ日本一を争う東北代表、13人を選ぶ日本アマ選手権(7月5~9日、愛知・三好CC西)の予選も兼ねこの日、古田をはじめ上位13人を選出しました。その中で8位で通過の岡部大将は4月に行われたマスターズトーナメントの“もうひとりのヒーロー”です。

写真:岡部大将選手 御存じのように今年のマスターズでは東北福祉大2年、19歳の松山英樹が27位に入り日本人として初のベストアマの快挙をあげましたが、このときただ一人の味方、キャディーを務めたのがだれあろう岡部君。同じ大学の同学年、同年齢、大の仲よし。今回はプレーヤーとして存在感をみせると、きっぱり言ってのけたものです。「こんどの日本アマでヒーローになるのは僕。松山と決勝を戦い勝ちたいですね」

 神の与えしプレゼントとはひょんなところから生まれ出るものです。今大会は名物の強風が影をひそめ風にほんろうされる厳しさはありませんでした。夏泊のメンバーたちは口々に「こんな穏やかな表情を見せたコースを見たのは開場以来はじめてじゃないか」と驚いたものです。何かが起こりそうな、そんな雰囲気の中、神の取り出したのは古田と岡部のナイスストーリー、良い物語の始まりです。

写真:古田幸希選手にインタビュー 優勝者の古田は「大量リードで負けられないというプレッシャーを乗り切れた。これからもっと自信が身につくよう、ちゃんとした実力に変えたい」この春から宮城・仙台で大学の寮生活。

 「今大会は4日間で10アンダーを目指し、残念ながら目標に1打足りなかった。でも最終日はノーボギー,60台のスコアもだせた。大学生で初の優勝は自分が変わったということを知ることになった」おごらず、高ぶらず、つまり大人の古田の誕生です。今後期待できるとここで断言します。

 父でコーチの修一さん(58歳)も「球拾いのアルバイトや団体生活の中で人生経験を積み始めたばかり。そういうなかでゴルフをやる一生懸命さが実った」と目を細めていました。

○マスターズのナイスコンビが対決する日本アマ選手権

 岡部と松山は大学1年の春のリーグ戦合宿で一緒に回り以来すっかり仲良くなったといいます。

 「飛距離も一緒、距離感の感覚も合う。互いに比較し参考にできる」300ヤードを飛ばすパワーゴルフ。欠点を正し長所を伸ばす、お互いをそんな間柄と認め合ってマスターズまで一緒に出かけた。つまり一心同体とはこのことだ。

 「マスターズでは、松山がクラブに迷ってどれにしようか」「俺ならこれをつかうけど」「じゃあそれでいこう」と世界一を射止めたという。

 ところで困ったことがおきている。岡部が日本アマ出場を決めたことで松山はラッキーキャディーをうしなったわけだ。

写真:表彰式風景 そのことをいうと岡部、ハハハ、と笑っていった。

 「マスターズで松山も僕もみんながやらないことをやった。あいつはローアマ、ぼくはキャディーとしてマスターズを現場で見た。目の前でみんな見ることができたのは僕だけです。経験は僕の方が分厚い」

 日本アマ選手権ではその“経験”を生かしたい。7月の対決が楽しみになってきた。ゴルフの神様、いいドラマを用意していただいた、ありがとうございま~す。

2011年6月10日

▲このページのトップへ

日本アマの舞台も夢ではない夏泊リンクス

 ポッチャリ王子のたくましくもうれしい復活です。
  東北の復興に力を与えるスポーツイベントとして注目の第46回東北アマチュアゴルフ選手権は9日、青森・夏泊ゴルフリンクス(7096ヤード、パー72)で第3ラウンドを行い第2日から首位の古田幸希(十和田国際、東北福祉大)が3日連続のアンダーパーで回り、通算6アンダーとスコアを伸ばし、2位に10打差をつけました。

写真:古田幸希選手 大会2連勝3度目の優勝を目指す古田は4バーディー、2ボギーとただ一人通算ストロークをアンダーとする独走態勢です。

 最後のパットがコトリと音がするまで勝敗の行方は分からないゴルフですが、かつて石川遼と並んでゴルフ界の話題をふりまいた中学生の古田も青森山田高を経て東北福祉大に進学する間、それなりに苦労しました。難コース、夏泊リンクスはあと18ホールでもちろん試練を課すでしょう。でも、きっと成長した姿をみせてくれるはずです。

○復活をかけるぽっちゃり王子

 「夏泊は小学校、中学、高校と何10回もラウンドしています。誰よりもコースを知っている」と胸を張ります。しかし、内心は穏やかではないといいます。実はスイングを改造中。「緊張するとインパクトが手打ちになる。頭を残しクラブを投げ出すように打つフォームにしたい」強豪・東北福祉大では大学の対抗戦などに出場できるベスト8にも入れなかったくやしさもあり、必死にがんばっています。

 けっして気を緩めていない良い緊張感が伝わってきます。「グリーンを外しても調子は良くないんだと言い聞かせて。無理しないゴルフ。それが集中力を引き出しいいゴルフができているのかもしれない」以前より引きしまったほほの緊張を最後までときません。とてもおとなになったように見え頼もしく、きっと最終日はかっこよく復活をアピールするに違いありません。

写真:インスタート風景 東北にもう一つ明るいニュース。

 板橋芳一・東北ゴルフ連盟競技委員長はこの日、夏泊を「東北で一番むずかしいコース」と評価してくれました。日本ゴルフ協会の競技委員も務め日本オープンなど3メジャーを“仕切る”影の演出家。世界ジュニア選手権の団長として宮里藍らを率いて世界を体験しての見識を踏まえた評価です。「陸奥湾に面したリンクスは自然のパワーに耐えるだけでもタフ。そのうえ夏泊はグリーンの形状がうねり、硬くとびきりむずかしい。今回、東北のトップアマを網羅して大会を開いたことは大変意義がある」と言ってくれました。

 この日、第3ラウンドが終わるとコースの関係者とインコースをラウンドすると「ティーインググラウンドをいまの3倍の大きさ、60㎡にしたらもっと良いコースになる」とアドバイスしました。

○ティグラウンドをいまの3倍の大きさにと板橋委員長

写真:No.10ティ コースは時代とともに変化、変遷します。板橋委員長の中では名コースとは、バランスの良さだといいます。「グリーンは4日間の大会なら4か所にピンを切る。同じようにティーインググラウンドもティーが4か所は設定できる広さが望ましい」と言います。

 そんな話題は、日本アマチュア選手権というアマの最高峰を決めるビッグイベントのことにまで及びました。実はこの大会は今年、男女とも東北で行われる予定でしたが、地震が阻みました。

 7月、男子は宮城・利府GCから愛知・三好CC西へ、女子は茨城・大洗GCから兵庫・宝塚GCへコースを移して大会を行います。変更せざるを得なかった、いうまでもなく東日本大震災の“傷跡”です。

 そんな中で日本アマ選手権の夏泊開催ということが話題となったのです。いや、あくまで夢物語です。東北アマチュア選手権を震災復興につなげがんばった選手、役員、関係者。そしてなにより東北の人々には勇気となり元気が出る。そんな話と受け取っていただきたい。でも、実現したらステキです。とてもいい物語となるでしょう。
あと1日、いよいよ10日は最終日となります。

2011年6月9日

▲このページのトップへ

リンクスは時代に妥協しない

―95年の日本プロ選手権以来のビッグイベント
リンクスの東北アマチュア選手権

東北アマチュアのナンバーワンを決める東北アマチュアゴルフ選手権が6月7日から4日間、青森・夏泊ゴルフリンクスで始まる。トップアマ150人が72ホール・ストロークプレーで東北一のタイトルと日本アマチュア選手権の出場枠を競う大会は、全国への登竜門。これをきっかけに中央に打って出る伝統の大会です。
しかし、今回ばかりはちょっと趣が違うと思います。大会には学生ナンバーワンの東北福祉大のトップアマや日本のアマ競技を支えた名プレーヤーが出場、そして舞台は日本を代表するリンクスコース、わがホームコースの夏泊ゴルフリンクスです。クラブの面々の繰り広げるプレーを応援する楽しみもあって大会前からドキドキ、わくわく、わたしには、さまざまの思い入れがいっぱいなのです。

カレンダーが変わった6月1日、東北福祉大のゴルフ部監督の阿部靖彦さんと電話で話しました。旧知の仲でありながら、松山英樹君のマスターズの活躍へのお祝い、そしてなにより東日本大震災の見舞いと復興へのエール、伝えたいことが山積していた。気になっていながら連絡できなかったのは、やはり震災のことがしこりとなっていたのでしょうか。今回東北アマを機にようやく話す気がおきたというのが本当のところ。ゴルフは人の弱さ、わだかまりも解きほぐしてくれるもだと感謝している次第。

  
▼「うちには松山英樹クラスは何人もいます」阿部靖彦監督

「(東北アマには)うちも20人ほど選手が出場しますよ。古田幸希はディフェンディグチャンピオン。皆本祐介が調子いいですよ。松山(英樹)も出る予定だったが、ネイバーズトロフィー(韓国・台湾・日本対抗戦、同じ期日に台湾で開催)とぶつかっちゃったので残念ながら出場できませんが、でもうちには松山クラスは何人もいますからね!」いつもどおりの元気な声。
古田はいうまでもなく中学生のころ、石川遼と“コンビ”で話題となったあの“ポッチャリ王子”。東北福祉大1年生の昨年は先輩の久我悠太郎(今回も出場する)らを抑えて優勝、高校時代の優勝と合わせ今回は2連勝3度目の優勝がかかります。しかし、実力主義で知られる阿部監督。大会に出る以上、優勝にこだわり、どんなスター選手でも実績を上げなければ認めません。「古田もいいけど今季は皆本がいいです」大会に向けテンションが上がっていました。

歴代優勝者にはトッププロとなった星野英正、宮里勇作ら福祉大出身がずらり。昨年大会では上位6人までを占めた実績は何とも頼もしい。それにしてもマスターズ27位、世界のトップアマの頂点のベストアマチュアの松山クラスが、何人もいる東北アマ!楽しみです。

今大会、夏泊リンクスにとっては2つの意味があると思います。
ひとつは1995年の日本プロ選手権以来の大きな大会開催。もうひとつは日本を背負うトップアマのリンクス挑戦です。

▼リンクスの自然がゴルフを難しくする

夏泊は日本のゴルフ100選の上位を常に占める名コース。それを世に知らしめたのはあの95年の日本最古のプロトーナメント日本プロ選手権。大会は最終日、5打差の4位スタートの佐々木久行が63をマークし2位に4打差をつける大逆転優勝で10年シードを獲得しました。15番の第2打、ランに入ったボールが虹のかけはしを走るようなカーブを描くとカップインするイーグルは今も語り継がれます。佐々木は通算16アンダー。
そして今回、日本を代表するトップアマが見せるリンクスの戦いです。どんなプレーを見せるのでしょうか。

私の中では16年前のプロの激闘と今回のアマたちの挑戦は同じコースでありながらまったく結びつかない。なぜならゴルフはこの16年で大きく変ったからです。おそらく飛距離は今のアマチュアの方が出るでしょう。アイアンの精度も高く、戦略もはるかに高度、大胆、多彩なのかもしれない。でも、そうかなあ、夏泊だからなあ、そう簡単にはいかないだろうなあ。ときは確かにゴルフを易しくしてくれた、だが、コースは同じように妥協してくれただろうか?
私はそうは思いません。
イギリスのリンクスや全英オープンのタフさはコースが演出します。予断を許さない展開は風と硬さとうねりと、その中でもまれた時のゴルファーの心理状態で決まる。ジャーナリストとして見てきたゴルフ、トーナメントは人の思うようには決していかないというのが私の結論です。
9,10日の決勝ラウンドでこのコラムの続編を予定しています。選手の皆さん、プレイウエル、良いプレーを!

2011年6月3日

▲このページのトップへ