プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

リンクスは何が起こるかわからない

全英オープン ローリー・マキロイ、タイガー、そして松山の敗因

 アイルランドで68年ぶりに開催の第148回全英オープンは大混戦で幕。地元のシェーン・ローリー(32歳)が2日目首位に立ち逃げ切りで伝統のメジャー初優勝を飾ったが、皆さんはどんな感想をおもちでしたか?私は久しぶりにリンクスゴルフを堪能。長い伝統の中でも印象に残る大会となった。

 ゴルフが自然との闘いであることを痛感した第2ラウンドは面白かった。松山英樹が予選落ち、タイガーウッズ、さらに地元期待のローリー・マキロイ、かつてワールドランキングでトップを張った豪州のジェイソン・デーもそろって“討ち死”。

 とりわけ優勝候補筆頭のマキロイは2日目に65のベストスコアを出しながら予選カットラインに1打足りず予選落ちの憂き目。他人の不幸を面白がるのはどうかといわれそうだが、アイルランド、日本、米、豪の注目選手に相次いで起こった、たぐいまれな不運を忘れないでおきたいと、ここに触れることにした。

 今回予選落ちしたトップ選手を見るとスタート時間が関係していた。タイガー、マキロイ、松山らは初日、午前スタート、このスタート時間については、しっかり規定があり、初日午前組は、2日目は午後スタート、初日午後にでると2日目は早いスタート時間となる。ゴルフコースの天候は気温や気圧の関係上、午前穏やか、午後強風が通例。そんなところからトーナメントでは早いスタート時間は好スコアが出やすく天候が急変、風も強くなる午後はスコアが出にくい、という傾向がある。ところが、その常識が全く狂ったのが今回だった。

 第1日早くから突風、横殴りの雨が吹き荒れた。松山は71のパープレー。タイガーは78、マキロイは79と苦戦。ところが荒天は午後になるとおさまり、午後組に好スコアが続出、松山は42位、タイガーは144位、マキロイは参加156人中150位と信じられない悪い出足となったのだった。なにしろ日没が午後9時過ぎという環境。一日に四季が訪れるというコースだ。変わって上位を占めたのが午後スタートの地元アイルランドのシェーン・ローリー、2位のトミー・フリートウッド、リー・ウエスウッド、そしてジャスティン・ローズのイングランド勢。いずれも恵まれた別のコースを回るような好条件を謳歌したのだった。

 相次ぐ優勝候補の脱落。中でもマキロイの胸中は計り知れない。

 イングランド、スコットランド、ウエールズ、そしてアイルランドが構成するユナイテッドキングダム、英国連合。その中でアイルランド島は宗教的な分裂を抱えて複雑だ。マキロイは北アイルランド、英国領のスターとして今回の開催コース、ロイヤル・ポートラッシュGCのアイドルとして今回は世界注目の的だった。2005年、同コースで開催のアイルランドアマ選手権(アイリッシュアマ)で史上最も若い16歳、当時のコースレコードの66をマークして優勝を飾り英国中を驚かせたのである。今回はワールドランク3位、米のD・ジョンソン,B・ケプカとの差を一気に詰め、追い抜くチャンスだった。だが、初日の大たたきで夢破れた。2日目、3番、7番バーディー、10番からは3連続バーディー。13番で唯一ボギーも14,16番バーディー。しかし、予選通過ラインには1打及ばなかった。

 ベストスコアタイの65。前日を14打も上回る豪快な追い上げで自国ギャラリーを興奮のるつぼ。が、結果は出なかった。30歳、かっこうの復活のチャンスはならなかった。名匠ハリー・コルト設計のコースを今回、リメイクして68年ぶり2回目の全英オープンに供したロイヤル・ポートラッシュは、ローリーはローリーでもシェーン・ローリー。忘れられない大会となった。コースはどうやら全英オープンの舞台を務めるローテーション入りとなるらしいが、次回は6年?7年後?が待ち遠しい。

2019年7月26日

▲このページのトップへ

« »