プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

レンタルクラブの活用法、試してみませんか?

 最近、ゴルフの楽しみ方に幅が出た。道具との付き合い方、クラブ選びに凝っている。かつてゴルフクラブは生涯に1セットか、2セットといわれたが、いまや、新モデルが毎年、出るのが当たり前の時代、その様変わりについていけないという人も多いのではないか。そこで夏泊ゴルフリンクスでは、最新のクラブセットをレンタル、貸しクラブとして用意した。幸い、当コースの理事に山本幸路プロという現役プロがおられる。理事会などで、こうした時代に対応するのも、ゴルファーへのサービスとなる、という話が出ると、さっそく、3セットの男子用と女性用のハーフセットが用意できた。今季最新のニュークラブがドライバーからパターまで入っている。レンタルなので有料となるが、借りたら4人で思う存分、同伴競技者ともども試していただきたい。

※クリックで大きな画像を見ることが出来ます。

 

 言い出しっぺは筆者なので、アドバイスさせていただくと、例えば、ユーティリティークラブ。あれがいい、これが飛ぶぞといわれるが、実際コースで打ってみるのが一番だ。いまの時代、ショップの試打は進んでいるからその人に合ったものをコンピューターが探し出してくれる。だが、納得というところではやはりコースでの感触、そして結果である。「打ちやすい」とか「よく飛ぶ」はもちろんだが、実際に飛んでいく球の姿とか、転がりといったフィーリングを感じないと、やはり、納得は得られない。ゴルフはイマジネーション(想像力)、フィーリング(感覚、感性)のスポーツだ。

 と、そんなこだわりがあるのは、大昔、まだパーシモンの時代だった。マスターズの取材でオーガスタに行った際、オーガスタナショナルの、すぐ隣のオーガスタカントリークラブをラウンドする機会があり、その時、借りたクラブが気にいって、無理を言って譲ってもらったことがあった。借りたのはいまも忘れない、ウイルソン社のダイナパワーという当時大流行のクラブセット。ドライバーはじめウッド系では4番ウッドがなんといっても打ち打ちやすく、アイアンにいたってはソールの厚みがあるワイドソールで低重心。とにかく打ちやすくクラブを返す段になっても手から離れてくれない。もう、相思相愛になった。コースは”売り物じゃないから“というのをむりやり拝み倒して手に入れてきた。日本を発つ前、そのアイアンセットが、日本の高麗芝のフェアウエーで打ちやすい、という評判のクラブだったが、まさにその通りどんぴしゃり、その後10数年使ったものである。

 これは山本プロなどからの受け売りだが、いまゴルフセットの常識は大きく変わった。ウッドはドライバー、スプーンの2本。その代わりユーティリティーが幅を利かせ2~4本。アイアンは6アイアンから9番まで。ウエッジは4本が常識だそうだ。ハイテク素材とコンピューターが、打ちやすく飛ぶクラブを作ってくれるおかげで、フェアウエーウッドがユーティリティーへととってかわり、アイアンが減った分、グリーン周りの多彩さに対応し52度、56度から60度の間のロフトのウエッジが4本組み合わされるのが標準なのだ。こうした流れの中。500ヤードのパー5のセカンドショットを9アイアンで乗せるなど男子プロのツアーは驚異的な飛ばす時代を迎えているのは周知のとおり。

 だが、ここで注目したいのは女子プロだ。こちらのツアーもやはり7,8,9番アイアンで180ヤード前後をバンバン乗せてくる飛ぶ時代。きっかけはシニア向けの飛ぶクラブの流入だそうだ。いまゴルフ界を支えるのは元気な高齢者たち。健康で長生きをモットーに高価なタングステン製の軽量クラブを手に大活躍。このコラムでも何回か紹介させていただいているエージシュート300回余の田中菊雄さんも、このハイテククラブで180ヤードを8アイアン、時には9アイアンで軽々打ってくる。本筋に話を戻すが、この評判は女子プロに聞こえるところとなり、「わたしも使ってみようかしら」と手にするとこれが大ブーム、女子の間に軽量アイアンがいきわたった、という話である。
 このストーリー、ニワトリ・卵同様、どちらが先、ということになるとはっきり言ってわかりません。だが、一般アマのシニアと女子プロの間に飛ぶアイアンが大人気なのは、ゴルフ界のいまや常識である。

 さて、もって回った言い方で何が言いたいか。夏泊のラウンドで、新しい自分のゴルフを発見してみませんか?そう、呼び掛けたいのです。
 私はやってみましたよ。同伴競技者にもいろいろためしてもらいました。なぜ、今の女性のドライバーショットがあんなにも飛ぶか、ジュニアが1,2年でプロ顔負けのゴルフをするか。70歳、80歳のシニアがドライバーショットを250ヤード,8アイアンで180ヤードを打つか?その体感を知ってみませんか?はい、面白がり。そんな中から何が飛び出すか。どんよりした安定ゴルフにつかり切った老ゴルファーにもほのかな光明がさしこむことだけはお約束できます。

2018年7月23日

▲このページのトップへ

« »