プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

春遠からじ 夏泊の皆さん 82歳エージシューター 田中さんですよ~

 僕は78歳になるが、人に恵まれていて本当にハッピーに人生を送ってこられたと感謝している。スポーツ新聞の記者になり陸上やボクシング、ゴルフの担当になると瀬古利彦やファイティング原田、ゴルフでは青木功や石川遼といったスターがあらわれた。こちらが求めて追っかけたのではない。取材をしていると彼らはその能力と、もって生まれた運によって思いもしない出来事を次々ともってきてくれた。おかげでほんとうに退屈する暇がなかった。
 
 野球の担当はしたことがなかったが、大学の先輩の長嶋茂雄さんとはゴルフを通じて懇意となり、かわいがっていただいた。原辰徳さんとも、その引退後、海外のゴルフ取材をご一緒する機会に恵まれ、その縁で、昨年、原さんが相模原ゴルフクラブのクラブチャンピオンになって「報知アマ選手権」に出場した折りには、選手と記者として初めて大会を一緒に過ごし、週末の一日、豪華な夕食をごちそうになった。なにもしないのだが、そうして周りから次々と、面白いことが、やってくる。こんな幸せなことはない。

img201801

よみうりGC18番で(右から)田中さん、浪崎プロ、筆者の武藤です

 今の楽しみは一人の人生の先輩ゴルファーである。田中菊雄さん、82歳のエージシューターのことは、昨年夏、ここ夏泊ゴルフリンクスでエージシュートをやったことをこのコラムで紹介させていただいた。田中さんは、夏泊での初ラウンドを見事、39,38の77でまわった。その年齢より5打も下回るエージシュート、5アンダー。これをすごいといわずなんと言おう。ゴルフを愛する人なら王の前に迷わずひれ伏すことだろう。それほどの偉業だ。

 この人については、ことゴルフに限って言えば50年以上、最も長く取材したこともあって、印象に残る人は当然多いのだが、そうした取材対象者の中でも10指、いや5指に入る存在だ。印象に残るという点でいえば先に挙げた選手のほか樋口久子や宮里藍らがいるが、歴史をたどればということになるとどうしてもプロに限られるのは仕方ない。そんな後ろめたさがあるのだろう。プロを除けば田中さんは僕の中ではナンバーワン。それくらい田中さんの存在は大きい。

 田中さんのエージシュートは2018年1月5日現在271回に達した。6月28日時点では213回だったから、そのあとの半年で58回も増やしたのだ。

 今年1月のラウンドは、東京・よみうりゴルフクラブ 6458ヤード、パー72で達成した。 よみうりGCは1961年開場、「ゴルフ日本シリーズJT杯」の舞台、東京よみうりCCより3年前オープンの兄貴コースだ。田中さんは双方をホームコースにしているが、エージシュートの回数は141回と最も多い得意コース。この日はインからスタートし40,40目標80でまわった。

 すごいのは、その日はコーチ格の浪﨑由里子プロと一緒ということで距離の短いインはチャンピオンティーを使ったから4,50ヤードは、距離は長かった。この日、プロは75。「いやあ、今日は脱帽しました」―田中さんは1バーディー、7ボギー、1ダブルボギーだった。エージシュートに2アンダーの立派なスコアだが、男の沽券(こけん)にはかかわるのだろう、悔しがった。僕もいっしょだった、94だった。“今年初めてだったしい、正月で練習もできなかったしい、昼にはトソも飲んだし~い”と口には出さなかったが、言いわけを心の中でしていた。年齢ハンデで算出するとスコア94から年齢78を引き算すると16オーバーだ。反省。

 驚異の記録は誕生日が基本になる。1935(昭和10)年3月3日生まれ。記録が伸びだしたのは2013年、78歳の年で年間16回、以来79歳で28回、80歳では50回、さらに81歳では年齢と同じ81回。そして82歳では、83歳の誕生日まで約1か月半を残した、(この原稿を書いている)1月20日現在86回。今後、記録はさらに更新されるのは間違いない。ただし、勝負がどうころぶかわからないのと同様、記録はさらに予測がつかない。けがや病気、調子の波、天変地異。あらゆることが関係してくる。

 中でも自然との闘いのゴルフだ、冬の寒さはスコアを阻む大きな要因となる。「飛距離が落ちるなどは自分との問題、スポーツである以上、それを言い訳にしてはいけないが、凍結したコースでは予測できない球のはねかたをしたり、逆に氷が溶けてグリーンが止まったりするのは大きな障害になる。でもそれもゴルフ。前向きに与えられた環境でやる。自分なりに覚悟を決め、対応する、どこまでやれるかそれもが楽しいんです」青森県内14コースはすべて雪に閉ざされる中、ぜいたくは言えないが、東京では小雪が降ると4、5日は確実にクローズになる。さて、いかなる記録が待っているのか、楽しんで待つことにする。きっと期待に応えてくれるはずだ。

 かくの如く田中さんのことになると原稿が長くなる。コラムの最後にこんなニュースをご披露する。田中さんには夢がある。クラブ対抗の代表の座である。弟分の東京よみうりCCの研修会は目下、代表選びの真っさい中、田中さんはそのポイントで5、6番手にいる。2月末の研修会で今の順位を維持できればクラブの代表となるチャンスは大だ。

 実は72歳のときだ。ゴルフクラブ史上最年長で初代表になった。その後は遠慮し研修会は参加していなかったが、今年の研修会には、力試しも兼ね出場したら調子がよく上位を占めた。もし、代表になるようだと82歳、自らの最年長記録更新、大快挙である。

「狙っているのです。人のやらないことをやる。みんなを驚かせ、喜ばせることが生きがい。エージシュートもクラブ対抗も同じです」

目がキラキラと輝いている。がんばれ名人!と力が入る。みなさんも応援ヨロシク、とお願いする。

2018年1月23日

▲このページのトップへ

« »