プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

夏、本番、夏泊に驚きのエージシュターがやってきた

田中菊雄さんの初挑戦はいきなりエージシュートだった。その驚きのゴルフと人

 夏、本番。東北最大の夏祭り、青森ねぶたに260万人が訪れ、驚いたことに外人観光客の数が倍増したというニュースが流れた。東京五輪開催の影響がこんな形でいちはやく現れる。世界は地球規模で動く。年を取るのが早くなるわけだ。
 ゴルフ界は松山英樹が米ツアー、「ブリヂストン招待」で優勝、8月12日からのメジャー「全米プロ選手権」でいよいよ悲願のメジャー初優勝へと、ゴルフ界は色めき立つ。メジャーを勝つ?そう簡単じゃないよ、といいたいところだが、今度ばかりはそう達観してはいられない。なぜなら、ブリヂストン、4メジャーの、次にランクされる世界選手権シリーズ。米ツアーが次世代のメジャーと位置づけ新たに4大会を作り、あおってきた。松山はその4戦のうち今季は2戦に勝った。13年から挑戦してきたPGAツアーの100戦目という節目だった。期は熟した、とはこのことである。チャンス到来だ。

 ボクにはブリヂストンの開催コース、ファイアストーンCCは思い入れたっぷりのゴルフ場、記者時代3回取材でいった。それ以前、まだ宇宙放送(古いですが、以前はこういった)といった時代、テレビで見た「ワールドシリーズゴルフ」。あのパーマー、プレーヤー、ニクラウスのビッグスリー時代、毎週、トッププレーヤーをゲストに繰り広げる熱戦は夢の世界だった。ティーアップされた球がそびえたつシンボルタワーは給水塔。パーマーがそのタフさゆえに“モンスター”(怪物)と名付けた16番。そこで今回、松山が最終日、バーディーをとりあがり3ホール連続バーディー、61のコースレコードだ。ゴルフに不可能はない、日本男子ゴルフの未踏のメジャー優勝。松山への期待が今回ほど迫真的に高まったことはない。

 実は松山の事ではなく82歳のエージシューターの話を書こうと始めたらこうなった。コースと人とが結び付き、そこから生まれるドラマチックな出来事が起こるのがゴルフ。夏泊で生まれたそんなドラマを掘り起こそうとしたらこうなったようだ。

img-2017081

16番パー5でセカンドショットを打つ田中菊雄さん。右45度を向いた独特のアドレスから驚異のエージシューターが生まれた

 夏泊の夏。話は初夏、6月27日にワープする。その日、そう身の老ゴルファーがはじめてリンクスを訪れた。早朝、羽田空港発、11時コース着。女性二人とコースにつくと軽い練習の後、コースに出た。うす曇り、風は5,6メートル。白ティー、6378ヤード。タフな長さ。1番519ヤードのパー5をパー、2番、池越えパー3を6メートルに乗せ真ん中から沈めて早くもバーディーだ。5番打ち上げ、グリーン面の見えないトリッキーさにてこずりボギーとしたが、7番まで1バーディー1ボギーのパープレーだ。名物?の風はない時間。絶好のコンデションとはいえ、初ラウンド、青森に来たのも初めてというハンデを感じさせない見事な内容だ。

 だが、8番左ドッグレックのショートカットに失敗した。果敢にバンカー越えをねらったショットは左ラフのトラブルに見舞われダブルボギー。9番、ブラインドの打ち上げのティーショットは右へ、池越えのセカンドショットはグリーンを狙えずボギーとした。

 すれ違う他の組はなし、遠く垣間見ることしかできないが、前後のゴルファーは驚いたに違いない。そのひとは極端なフックスタンスだった。右45度を向きフェースをかぶせ、スイングはインパクト即、フィニッシュ。しかし、その弾道は高低を打ち分けて青空を貫いた。アイアン、バンカーショット、アプローチもフックスタンス。パッティングはさらにユニークな構えだ。ドライバーより広く立ち思い切り前傾、腰を深く折るから顔とグリーン面は70センチと離れていない変則だ。これが良く入る。パーパットなどことごとくスパスパ決まる。

 同伴の若い女性は大柄なプロゴルファーの浪崎由里子さんだった。トーナメントのツアープレーヤー、ドライバーの飛距離は240。だが、老ゴルファーの飛距離は勝るとも劣らなかった。時に250打つのだった。
インは12番パー3でボギーが先行するが、15番7メートルを入れるバーディー、17番までパープレー。最終18番、グリーン前のバンカーに入れ3パットでダブルボギーとしたが、アウト39、イン38の77、エージシュートに5アンダー、堂々の好スコアをマークした。

img-2017082

田中さんを囲んでプロゴルファーの浪崎由里子さんと加藤伶子さん

 田中菊雄さん。82歳、身長173センチ。島根県松江市の出身。神奈川・川崎市在住、リフォーム、食品など5社を経営する北山グループの会長を務める。ゴルフは35歳、そのキャリアは遅いスタートのレイト・ゴルファーだが、71歳で初エージシュートをやって以来、これまで226回(17年7月31日現在=別表参照)のエージシュートを記録する。名物ゴルファーだ。

 「バンカーのポジションが絶妙のやりがいのあるコースでした。設計家のセンスを感じた。つい攻めさせられました」ボギー、ダブルボギーの“いいわけ”もさわやか。悪びれない、潔い。淡々と現実を受け止めこだわりがない。そう、スコアにこだわるが、結果にはこだわらない。
 「はじめは飛ばすことばかり考え歯を食いしばってやっていたが、エージシュートをやってゴルフ観が変った。スコアにこだわるのなら自分なりの基準で、こだわってやってみよう。それでエージシュートにこだわるゴルフに決めました」
 やりだすと次々と目標は増えた。年齢と同じスコアをだす、とやっているとアンダーパーを目指す楽しみが出た。80歳で73、エージシュートに7アンダーのスコアが出た。自信が出るとフルバックの若い者と一緒の試合で対等にやれることも増えた。飛距離にこだわらず100ヤード以内のショットを磨いたら若者と同じ“土俵”でも対等、いやそれ以上にやれることも増えたのだ。「練習場で、必死に打ってあちこち故障する無駄がなくなった。練習はコースでやるもの。フルショットなんて1ラウンドで30回しかやらないゴルフだ。目の前のショットが練習であり、勝負。そうやると集中度力も高まる」

 夏泊ゴルフリンクスは自然をふんだんに盛り込んでゴルファーたちの共感を得た難コースだ。実は、田中さんを評価するうえでその初ラウンドには注目していた。コースを読む目やいかに?とちょっと意地悪な見方。ほんとに失礼な話だが、それを見たかった。だが、よーいどん、でアウトを7番までパープレーだった。インは8ホールを1ボギー、1バーディーのパープレーだ。ワンラウンドで2ダブルボギー、ボギーは3つ。だが、アマチュアだ、シニアもグランドですよ。いかにコースを読む目があり攻略に長けているか、はっきりと見せつけられたと今は心から感服しているのである。

 翌28日、チャレンジャーの田中さんは帰京前の2ラウンド目を6836ヤードのバックティーから回った。風が吹いた。アウト42、イン42の84。エージシュートをあきらめず15番まで目標スコア82まで1打余裕で来たが、16番パー5、向い風、607ヤードの3打目をスプーンで右OB、トリプルボギーの8が痛かった。それでも上がり2ホールをバーディー狙いのパー、いずれもバーディー逃しというから精神力は年相応に,強靭、旺盛、沈着にして冷静、すごいゴルファーなのだった。そのゴルフは松山を彷彿とさせた、と今も信じている。

<田中さんのエージシュートシュートのドキュメント>

「驚異のエージシューター田中菊雄さん」は報知新聞社の電子版
「GOLF報知」のホームページのコラムで連載中です。ご覧ください。
 → http://golf.hochi.co.jp/archives/21811

2017年8月12日

▲このページのトップへ

«