プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

夏泊ゴルフリンクスをみんなの広場に。2020年東京五輪、霞ヶ関CCの女性会員問題に思う

霞ヶ関カンツリー倶楽部 2020年東京五輪ゴルフ会場の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」の女性正会員容認問題は、女性会員を認めることで決着を見た。ゴルフを愛好するメンバーが集まるプライベートコースが五輪会場になったことで起こった今回の問題は、同じメンバーコースである「夏泊ゴルフリンクス」も看過できない課題を含んで”他人事”ではない。問題点を整理し、経緯を整理しておきたい。

 そもそも霞ヶ関(以後、霞)が五輪会場に決まったのはリオデジャネイロ五輪の前。ゴルフが東京五輪種目として112年ぶりに復活、招致委員会は会場にカナダカップ(1957年、現ワールドカップ)などを開催した霞を会場として決定。他の競技種目ともども国際オリンピック委員会(IOC)へ提出し五輪会場となった。ところがその後、霞には正会員は男子に限るとする定款があることが問題となったのが今回の発端。「女性会員を拒むのは男女平等をうたう五輪会場としてふさわしくないのではないか」とIOCが変更を求めるなど声が上がった。

 ここからは私見である。もし霞のメンバーだったら、「はいわかりました」といえなかった、ということだ。なぜなら霞はもともとが男性のためのメンバーコース。創立が1939年、政財界のゴルフ好きの男性だけのプライベートクラブだ。男性だけの、と書いたが、そんな断りを入れることすら必要のない、同好の士が集まったクラブである。欧米にはメンズクラブ、対して女性だけのウイメンズクラブ、レディースクラブがゴルフに限らずあるが、そうした慣例に従ってできたクラブである。だが、時代とともに霞にも変革の波は押し寄せ女性は男性クラブ員の家族が家族会員となり、さらに女性ゴルファーが増えると土日を除く平日会員として認めてきた。

 もし、これが夏泊だったら、とする仮定の問題として今回の事を見るとどうだったか。夏泊は女性メンバーを認めているから今回の問題は起こらなかった。“ああ、よかった”という声が聞こえそうだが、個人的には今回の問題、腑に落ちない。オリンピックを期に、伝統のゴルフが強引に変革を強いられた。そんな気分である。

 男だけの世界、女だけの世界。最近はこれにもう一つの世界があるようだが、スポーツや趣味くらいはくっきりと区分けしたそれぞれの世界が存在してもいいはずだ、と思うがどうだろう。

 霞は定款を変え女性正会員を認めた。しかし、認めるにあたり時間をかけ理事会、会員の意見交換会を繰り返し抵抗した。そのことに敬意を払い拍手を送りたい。なぜならこれまで育んできた伝統や気概、コースへの愛着,責任がある。温め、守ってきたものへの“義理”があったと思う。確かに女性だけのゴルフのメンバーズクラブは存在しないから差別があるのは良くないのだろう。だが、ゴルフにおぼれると、寝食を忘れ女房こどもを置き去りにする馬鹿な男どもだけの世界が培った、ゴルフの良き伝統(悪しきだろう?)がゴルフを育てたことも確かである。だが、そんなノスタルジアは時代遅れ、いやそれどころか、スポーツが特権階級だけのものではないという現実の元では、もはやあってはならないことなのだ。

東京オリンピック この2月20日、全英オープンを主催するR&Aは2020年の全英オープンをサンドイッチの愛称で親しまれるイングランドのロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブで行うと発表した。この発表は男性のみを会員としてきた規則が改正され女性に門戸が開放されたことで決定した。
 改めて開催年を明記する。2020年。東京五輪パラリンピック大会開催と同年である。

 霞もサンドイッチも時代に取り残されない選択肢を選んだ。さらにここで思い起こすのが1996年のアトランタ五輪。あの大会前、マスターズを主催するオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブが女性会員を認めていたらゴルフの五輪実施は20数年前に行われていたといわれる。オーガスタが女性会員を認めたのは2012年。さらにセントアンドリュースは2014年だった。

夏泊ゴルフリンクス25周年エンブレム
 コースはみんなのためにある。メンバーコースといえども、みんなの運動場、スポーツ広場だ。時代が変わった。夏泊も変わらないといけない、と時代の変革に戸惑いながら思うこのごろであります。夏泊も3月18日、開場25周年のシーズンをオープンした。皆さんどうぞよろしく。

2017年3月22日

▲このページのトップへ

« »