プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

ジャスティン・トーマスとベルンハルト・ランガ―

1993年生まれと1957年生まれが共存するアメリカに習って夏泊ゴルフリンクスを攻略しよう

20170221-1 世界のゴルフが目まぐるしく回転し始めた。年頭に際して2017年のコラムのスタートをつづります。
 PGAツアーは2017年シーズンに入りハワイで2戦が行われ、なんと23歳のアメリカの若手、ジャスティン・トーマスが昨シーズンのチャンピオンだけが出場の「トーナメント・チャンピオンズ」で優勝、つづく「ソニーオープン」と2連勝です。トーマスは元世界ランク1位のジョーダン・スピース、ツアー1勝のダニエル・バーガーといったアメリカの若手ホープ3人の一人。スピースの陰に隠れていましたが、これで一気に並んだわけです。

 PGAツアーのハワイでの2戦はシーズンを占う大会として注目され、2週連続制覇はグランドスラムをもじって、「ハワイスラム」と呼ばれる偉業です。
 トーマスは、スピースとはゴルフのタイプが違い340ヤードを越すドライバーショットも持ち味のパワーヒッター。4月のマスターズに向けた春シーズンは目が離せない存在となりました。日本期待の松山英樹のライバルとして、比較しながら見ていくと面白い。松山は1992年2月生まれ、2歳上の25歳、兄貴は負けていられません。

20170221-2 50歳以上のシニアツアー、PGAチャンピオンズも始まり、ハワイの開幕戦の「三菱電機チャンピオンシップ」でベルンハルト・ランガーが優勝しました。マスターズに2回優勝のドイツ人プレーヤー。シニアでは08年から3年連続、1年置いてここ4年連続、通算7回の賞金王の59歳。開幕戦の優勝でタイトルは通算30勝になります。歴代の優勝回数はヘール・アーウィン(米)の45勝に次いで2位です。ランガーが追い付くにはあと15勝もあるが、年間8勝ならあと2年で追いつきます。いまのランガーなら年間10勝も夢ではありません。シニアの活躍年齢はここ2年で60歳を越えての優勝者が毎年増えています。
 昨年のマスターズ、ランガーは3日目を終わって3位につけ、最終日は、同じ3位タイの松山英樹と同組で最終組のひと組前をプレーすると、終盤、一瞬ですが、トップに立ちました。「ランガー、マスターズ優勝、58歳(当時)、3度目優勝!」。そんな見出しが頭をかけ巡ったものです。結果は、松山の7位に対し24位と順位を下げましたが、ランガ―のすごさと、そのパワーを引きずり出すアメリカに畏敬の念を覚えたのを思い出します。新大統領トランプが米国のナンバーワンを目指し吠えまくっていますが、怒りや脅しなし、スポーツの世界はすべてが結果のわかりやすい世界です。ランガーの見せたプレーには元気と感動があった。生涯忘れられない良い思い出です。

20170221-3 アメリカ、欧州、アジア、日本、南アフリカ、、世界6ツアーと言われますが、、いま、アメリカと世界との差は広がりアメリカ対世界の構図。アメリカに一極集中して残念ながら日本ツアーの存在感が年々薄れていく。歯がゆいがどうしようもありません。
 “ハワイスラム”を達成したトーマスに大きな笑顔はなく偉業にも冷静なのは、アマ時代のライバル、スピースの背中が見えた程度、そんな自覚しかないのでしょう。実にクールです。その脳裏には昨年のマスターズのランガーの姿も当然、記憶されているはず。若いのにしたたか。大人を感じさせます。トーマスらはそろって1993年生まれ。共通するのはモチベーションが高く旺盛な闘争心だと思います。それが今の環境を生み出したアメリカの強さだと思います。
 松山の目が終始,穏やかで「もっと練習します」と言動が慎重なのは、世界は広く、底抜けに大きいことを感じている。アメリカ在住4年目の松山にもしたたかさの片鱗が見えるのは、アメリカの好影響でしょう。

 さて年頭に何が言いたいか。タフな夏泊リンクスです。アメリカツアーに例えて夏泊の攻略法をきめました。強い心とコースへの尊敬と愛着をもって真正面からぶつかっていこうと。1993年生まれのトーマス、スピース、1957年生まれのランガーが同居して生まれる環境が我々に与えられるとしたら夏泊ゴルフリンクスしかないと、それなら老若男女、真正面からぶつかっていこう、と力んでおります。本年もよろしく~

2017年2月21日

▲このページのトップへ

« »