プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

夏泊から2大ニュースの発信です

 10月6日の朝のテレビのニュースで青森県の三村知事がバンザーイ、と飛び上がって喜んでいる。何事かと思ったら米の評価のナンバーワンの「特A」に青森産米「青天の霹靂(へきれき)」が選ばれていた。日米豪など12か国が参加するTPP(環太平洋経済連携協定)がようやく大筋合意に達し米の輸入が大幅に認められ日本のコメ農家は大変だ、と懸念する反面、良いものは売れるのだから”ガンバリマショウ“と鼓舞するキャンペーンでもあったのだろう。日本に外国産米が輸入され関係農家は頭が痛いなど意見は分かれるが、何であれ青森県が選ばれ、知事が喜んでいるのだから、と思わず顔がほころんだ。

 三村知事には、PGA(日本プロゴルフ協会)の外部理事時代に夏泊リンクスでジュニアゴルファーの育成イベントを実施した際に多大なご協力をいただいた。地元小学校に呼びかけ小学生の参加をうながし広報もしていただいた。おかげさまでイベントは大成功、初めてゴルフをする子供たちに“オリンピックにも参加するゴルフ”(と強調しておく)の面白さを伝えることができた。

 夏泊リンクスの理事となって11年になる。東京在住。以来、台風が北に向かえば“コースは大丈夫か”、ゴルフ人口減速中、と聞けば“来場者が減っているのではないか”-何かと心配が絶えない。テレビであれ、新聞であれ青森と聞けば耳をそばだて目を凝らす.そんな習性が身についた。親戚も学生時代の友だちもいなかった日本で一番遠い青森(北海道にはいる)だったが、ゴルフを通じた友人,知人はこの10年でめっきり増えた。

白戸由香さん 夏泊からゴルファーに関するうれしい報告がある。当コースのシンボルプレーヤーの白戸由香さんがシニアツアーの女王になった。日本女子ツアーにはツアーが3つある。毎週末行われるLPGAツアーと若手の登竜門、ステップアップツアー、そして往年の名手が競うレジェンドツアーだ。白戸さんはそのベテランツアーのスタープレーヤーとして知られる。弘前市の出身、ソフトボールの実業団チームからゴルフに転身、シード選手として長らく戦ったことはすでにこのコラムで紹介した。
 その白戸さんが今季2勝を挙げ賞金女王の座についた。去年、ツアーデビューしたとき「どうせやるなら女王になれ」と檄を飛ばした。その先見もあるからちょっぴり鼻がうごめく。
 開幕戦の「LPGAレジェンズ選手権アイザックカップ」で優勝。昨年優勝しディフェンディングチャンピオンとして2連勝がかかった「シブヤカップ」は23位に終わったが、9月、宮城・仙台の「アリナミンカップ」では第1ラウンド出遅れたものの、最終日7位から68、通算4アンダーで逆転優勝した。ツアーの公式戦と位置づけられたビッグイベントを制した。女性にいうにはふさわしくないが、堂々たるものだ。

白戸プロ 3戦2勝、獲得賞金は463万8千円。賞金女王である。実はレジェンドツアーは年間でこの3戦だけ。したがってツアーと呼ぶにははばかられるのだが、村口史子、藤井かすみ、吉川なよ子、岡田美智子ら往年のスター選手がきら星のごとくいる。これから試合数が増えるのは間違いない。さらなる発展を遂げたとき今回の記録は光を放つだろう。夏泊にとっても青森にとっても誇っていい歴史的な快挙だ。
 白戸さんには地元青森出身ということで夏泊ゴルフリンクスのシンボルプレーヤーになっていただいている。女王となって今後の目標を聞くと「レギュラーツアーへ出場しどこまで戦えるかやってみたい。女子ベテランツアーの盛んなアメリカでもやってみたい」とアグレッシブな意欲を語っていた。
 これを機に夏泊で、あるいは青森でもレジェンドツアーを開催したい。そんな夢も出てきた。日本プロ選手権を夏泊で開催したのが1995年、もう20年余も経った。次の段階に進むべき時だろう。

レッスン番組「ドーパミンGOLF 鍛えろゴルフ脳」 もう一つ報告がある。今年、理事に就任した山本幸路プロのことである。兄弟コースの茨城・水戸グリーン出身プロで関西オープンのチャンピオン、11月で41歳になる。現在は兵庫・三宮を拠点に活躍中。この山本さんが大相撲の舞の海さんと繰り広げるレッスン番組「ドーパミンGOLF 鍛えろゴルフ脳」は秀逸だ。ためになる、面白い。日本テレビ系列の日テレジータスで放映中。
 ユニークないい内容だ。まだビギナーの舞の海さんの100切りを何とか達成させようとするプロとアマの交流という筋書き。そこを山本プロは噛んで含めた説得力と長年の経験で解きほぐす。例えば「下りのパットはカップに届かなくていいと転がすとまちがって入るものだ」などとめちゃくちゃなことを言う。そこで舞の海さんが打つとその通り30センチショートだ。「アーもう少ししっかり打てば入りましたね」と舞の海さんは残念だ。するとすかさず山本プロ。「それでいいのです。入れようとすると打ちすぎて必ず3パットする。2パットなら正解。もし入ってしまったらうれしいですよね。この入ってしまったらうれしい、得したという気持ちがゴルフには大事なのです」とかぶせるのだ。
山本プロ 禅問答みたいだが、このあたりが山本流。ドーパミンとは脳から出る気持ちいいときに出るホルモンだとか。そんな仕組みを利用した新種のレッスン番組。番組のテーマは短期間に100切りを目指すーだが、あら不思議、100どころか、90もたちまち切ってしまうという展開。下りのパットは打ちすげて3パットばかりの当方には目から鱗、の精神安定剤、気が楽になるんですよ、本当に。
 夏泊のホームページニュース欄に8月、山本プロと舞の海さんのコースへの来訪が伝えられているが、個人レッスンだったというから山本プロのへの心酔ぶりがうかがえる。とにかく番組を探して見てください。番組はまだ進行中。再放送もあります。

2015年10月8日

▲このページのトップへ

« »