プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

ルールの精神

-4月のマスターズのタイガーのプレー 誤所からのプレーについて 

写真:アダム・スコット 今年のマスターズトーナメントはオーストラリアのアダム・スコットが豪州勢として初タイトルを手にしました。そのゴルフのスケールの大きさとイギリスの流れを継いだゴルフの歴史から、マスターズで不振の続く豪州勢の存在はゴルフ界7不思議の一つにあげられていました。
 スコットはかつてタイガーの対抗馬として、若手の筆頭にいた。スイングがタイガーそっくりで「ホワイトタイガー」。その切れの鋭いパワーゴルフは“白いタイガー”ともてはやされたものです。いまではグリーン上、ロングパターを駆使するなど堂々の自分流、メジャーを制して世界の中心選手としてこれからの活躍が楽しみです。

 今回、筆をとったのは(パソコンを開いたのは)、しかし、スコットではなくタイガーのことです。2日目の15番パー5でタイガーは3打目を池に入れボギーとした。なぜ池に入れたかというと約80ヤードのショットがピンを直撃し、あろうことか手前の池に転がりこんだ、あの不運なシーンです。
 打ち直しのショットは1メートル弱。ワンパットのボギーとしてやや肩を落としながら16番に向かうタイガー。「がんばれよ~」テレビの画面に向かって思わず声をあげてしまうほどかっこよかった。不運にもめげず、直後、その場所からの打ち直しをぴたりとつける、技術の高さ、強靭な精神力。女性関係でつまずいてしまったが、人生の試練を乗り越えた男への励ましの気持ちが私の中に湧き、うれしかったのです。

○タイガーは誤所からのプレーで失格の声?

写真:タイガーウッズ1 さて、本題はここから。この打ち直しショットの場所が、もと打った地点から2ヤードも離れていたことがホールアウト後に発覚、審議は翌第3日のスタート直前までおこなわれ、タイガーには誤所からのプレーの2罰打がつきトリプルボギーとなったのでした。
 ウオーターハザードの正しい処置として、最後にプレーしたところのできるだけ近くにドロップするーとある処置をタイガーはとりドロップして打ち直しました。しかし、ホールアウト後の記者会見で「2ヤード後ろに下がって打った」との発言、さあ、大変。ご存知のように,誤所からのプレーなら2罰打を加えずスコアカードを提出したので、失格です。

 マスターズ委員会も調査と審議を重ね3日目のスタート前にはウッズに事情調査も行った。その結果、「15番ホールにいた競技委員の判断、ホールアウト後のビデオでの確認で問題はなかった。ウッズにも違反の意識はないままに誤所からプレーしたのは明らかだった」と結論。そこで裁定は「われわれそのとき、その時点で問題ないと判断した。したがって2罰打を課すことだけにした」。

○メジャーでは2度目の大岡裁定

 ルールはときに冷徹だ。長い歴史の様々な場面で誰が見ても些細なミスは数多くある。ちょっとした勘違いや、仕方ない自然現象といった、人為の及ばないミスもルールに照らし合わせ白か黒かと迷うと大方は“黒”と断じられてきた。そうした中でも、誤所からのプレーは、最も重いペナルティといえよう。どんな理由があろうと失格で、その救済に情状酌量の余地はない最も厳しい罰と言っていいだろう。それはゴルフがあるがままの精神に立って行われる自然を相手のゲームであるからだ。グリーン上でボールを拾いあげたり、悪条件のライからつまみあげたりすることはあるが、「あるがまま」を前提としたスポーツなのだ。

写真:タイガーウッズ2

 作家の夏坂健さんは書いている(「ゴルファーを笑え!新潮社刊」「たとえ善意であろうが、ルールにそむいてはならない。いや、もっと正確にいえば、ルールを無視してまで常識を優先させるのはゴルファーの仕事じゃないってことだ」
 そして「だが、血も涙もない規則の世界にだって、まれに例外はある」と1957年セントアンドリュースの全英オープンでのこんな事実を紹介する。

 1957年の最終日、南アのパットの名手、ボビー・ロックは3打リードして最後のパットを残す。そのボールは同伴競技者のライン上にあり、彼はパターヘッドの長さだけボールをずらした。そして大歓声の中、マークを元の位置にもどさないままカップインし、もみくちゃになった。自分のボールを元に戻すことなくだれもそのことを指摘せず、しかし、のちにテレビ視聴者から指摘があり、ロックは失格を覚悟した。委員会は紛糾した。しかし、数日後、ロックの元に委員長からこんな手紙が届く。
 親愛なるミスターロックへ。あの最終グリーンでの出来事について特別の処置をとらないことと決めました。その理由としてこうあのる。
 「この決定は、2フィート(60センチ)の距離で全英の覇者になれたはずの人が、誤って3フィートのところからボールを打ったとしても、とくにその人に有利とは思えないためです。あなたの優勝スコアは279のままです。偉大なるゲームの精神にのっとり、以上のように決定いたしました」
 偉大なるゲームの精神にのっとり。今回のタイガーの出来事の治めどころとするのにこれほどわかりやすい落とし所が他にあるとは思えない。マスターズ委員会はメジャーの心意気を見せてくれた、素晴らしい。タイガーはちなみに5アンダーの4位、スコットに4打及ばなかった。

2013年4月29日

▲このページのトップへ

« »