プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

アーニー・エルスの逆襲

-リンクスが生んだゴルフへの回帰

 2012年の全英オープンが終わりリンクスのメンバー、青森および全国のリンクスファンのゴルファーのみなさん、いかがお過ごしですか?猛暑の東京から夏泊ゴルフリンクスに思いを馳せるとき、皆さんのゴルフスタイルがなにがなし変化しているのではないか。そんな“いたずら心”を胸にいまパソコンのキーボードをまさぐっています。いや、ことしの全英オープンはリンクスのゴルフをじっくりと見せてくれました。夕方からビールとウイスキーを用意し翌午前3時くらいまでテレビの前で見た4日間。かつて新聞記者時代に2度、足を運んだロイヤルリザム&セントアンズはテレビという“他人の目”を通した情報を垣間見るもどかしさはあるものの、その場にいない分、思考が先行、イマジネーションが自在に飛び交って見ごたえがありました。

 五輪を1週間後に控えたロンドン北西部400キロにあるコースは、映画「シャル ウイ ダンス」でも知られる社交ダンスのメッカ、ブラックプールの街中にあります。アイリッシュ海まで1キロ、リンクスでしか開催しない全英、その開催コースの中では海からは遠く、居住一体、それだけゴルフが市民生活に根深く根ざして目の肥えたファンの多いところです。

写真:タイガーウッズ 今年の大会は世界的傾向なのでしょうか、雨が多く、いつもは黄金色のコースが、緑と茶色のペンキで縁取りされ別のコースのようでした。試合は3日間を終わって豪州のアダム・スコットが2位に4打差。ところが最終日に風が吹くと優勝争いは混とん。タイガーウッズがポットバンカーにつかまりトリプルボギーをたたいた6番。地元のマクダウエルは同じバンカーでグリーンに背を向けバンカー内からバンカー内に“ちょん出し”する珍しいプレーもありました。 36ホールボギーなしのアメリカのスネデカーがプレッシャーでショートパットまでおかしくなりズルズルと後退すると早い組のアーニー・エルスが最終18番でバーディーをとったのが結局、ウイニングパット。スコットが上がり4ホールで音たてて崩れ去る大逆転となったのでした。

写真:アダム・スコット

 スコットは好調なドライバーショットでパー5を確実にバーディーとするなど危なげなくパットも良く、アプローチがちょっとぎこちなく「これがメジャーをとれないウイークポイントかな」ふと懸念を感じさせたものの、後半14番でバーディー、残り4ホールで2位に4打差と逃げ切りへ向けて万全でした。
 しかし、そんなゴルフが音をたてて崩れたのは、コースがさらに乾いてからです。打てばオーバー、ゆるむとショート、オンしても遠いアプローチパットは寄らずあがり4ホールを4ボギー。初メジャートンなるタイトルを目前で逃しました。

○206個のバンカーが巻き起こした乱戦

写真:夏泊GL18番ホール 古今、リンクスの難しさが語られないことはありません。しかし、今回のリザム&セントアンズに限っては“ラッキーないい大会だった”と誰もがスコットを称える穏やかな結末となるはずでした。しかし、そうならなかったのは?206個のバンカーではなかったか。私はいまそう結論しています。

 後からなんでもいえるものですが、エルスが最終日、2番と9番をボギーにしたとき「オヤッ?」と感じるものがあったことをお伝えしたいと思います。首位から6打差5位スタートのエルスは、それまで短いバーディーチャンスを外し2ボギー。厳しいメジャーの最終日を戦うにはなんとももったいない内容なのです。しかし、わたしには、そのゴルフは決してひ弱にみえなかった。それどころか毅然として見えたものです。すでに記述しましたが、スコット以外の上位陣が崩れる中、ひとり安定していた。エルスと言えば、ミケルソンとはジュニア時代からのライバル。だが、ここ10年はけがなどのスランプで全くいいところなし。しかし、ことし、ようやく復調の兆しが見えていました。自分の立ち上げたジュニア育成基金からはウースターヘイゼン(2010年全英オープン)シュワーツェル(2011年マスターズ)といった南ア出身のメジャー優勝者を生みだし指導者としての評価は高い。1994年と97年の全米オープンでアメリカ人以外の全米オープンチャンピオンとなったヒーローはまだ42歳の若さなのです。
 206個のバンカーが運命を変えました。エルスはバンカーに入れることなく、入れてもトラブルとせず、実に巧みにリンクスを泳ぎきっていたのです。
 そのすべてが小さく深いなべ底型。というより鍋どころか紅茶の国、イギリスのバンカーはポット型。その形はバラエティーに富んで入れたらペナルティーとなる世界一タフなバンカーです。その垂直に近い壁はソッドウオールといい、芝生のターフを何段にも丹念に積み重ねてあります。バンカーのフェース面は風と雨で浸食されやすく、崩れやすいのでそれを防ぐためターフ(根つき芝)を積み上げたバンカーが200以上。選手はドライバーを封印しとにかく刻みまくった今回。それでも地獄に吸い込まれるのは、小さな直径に比してバンカーは見た目より大きかったからです。写真:夏泊GL8番ホールそう、朝顔の花びらが大きく開いているのは虫を受け入れるため。リンクスではボールをのみ込むため花びらはバンカーまでのスロープとなって5メートルのバンカーも実際は10メートルの大きさがあるのです。バンカーの周りは、密生したとげのあるハリエニシダが群生する「ゴース」、(ごーす、コースではない、念のため)低く這うように伸びる小灌木「ヘザー」、ススキのような茎の長い「フェスキュー」といわゆる自然のハザードに囲まれています。リンクスのゴルフが自然との闘いといわれるのはこれでおわかりかと思います。

 スコットランドの海岸、リンクスで始まったゴルフ。600年、いや700年の昔。バンカーは吹き寄せる風が造った砂地でした。その形はひと晩で千変万化したといいます。風向きで運ばれた砂が新しいバンカーを造ったり、深くえぐったり盛り上げたり、コースはひと晩でさまざまに変化したのです。

2012年7月27日

▲このページのトップへ

« »