プロフィール

写真:武藤一彦氏

武藤一彦(むとう・かずひこ)

ゴルフジャーナリストとして新聞、テレビ解説で活躍。2005年から夏泊ゴルフリンクス理事。2017年理事長就任。他に日本プロゴルフ協会理事、世界ゴルフ殿堂選考委員などを務める。

1964年報知新聞社に入社。ゴルフは国内ツアーはじめ全英オープンなど世界メジャーを取材。スポーツジャーナリストとしてボストンマラソン、プロボクシングの世界タイトル戦なども取材した。

中でも全英オープンゴルフは1977年、スコットランド・ターンベリーのワトソン・ニクラウスの"世紀の対決"以来、数々の名勝負を観戦。リンクスコースへの強い思い入れと造詣で知られる。
1939年生まれ、東京出身。立大時代はゴルフ部。

リンクスは時代に妥協しない

―95年の日本プロ選手権以来のビッグイベント
リンクスの東北アマチュア選手権

東北アマチュアのナンバーワンを決める東北アマチュアゴルフ選手権が6月7日から4日間、青森・夏泊ゴルフリンクスで始まる。トップアマ150人が72ホール・ストロークプレーで東北一のタイトルと日本アマチュア選手権の出場枠を競う大会は、全国への登竜門。これをきっかけに中央に打って出る伝統の大会です。
しかし、今回ばかりはちょっと趣が違うと思います。大会には学生ナンバーワンの東北福祉大のトップアマや日本のアマ競技を支えた名プレーヤーが出場、そして舞台は日本を代表するリンクスコース、わがホームコースの夏泊ゴルフリンクスです。クラブの面々の繰り広げるプレーを応援する楽しみもあって大会前からドキドキ、わくわく、わたしには、さまざまの思い入れがいっぱいなのです。

カレンダーが変わった6月1日、東北福祉大のゴルフ部監督の阿部靖彦さんと電話で話しました。旧知の仲でありながら、松山英樹君のマスターズの活躍へのお祝い、そしてなにより東日本大震災の見舞いと復興へのエール、伝えたいことが山積していた。気になっていながら連絡できなかったのは、やはり震災のことがしこりとなっていたのでしょうか。今回東北アマを機にようやく話す気がおきたというのが本当のところ。ゴルフは人の弱さ、わだかまりも解きほぐしてくれるもだと感謝している次第。

  
▼「うちには松山英樹クラスは何人もいます」阿部靖彦監督

「(東北アマには)うちも20人ほど選手が出場しますよ。古田幸希はディフェンディグチャンピオン。皆本祐介が調子いいですよ。松山(英樹)も出る予定だったが、ネイバーズトロフィー(韓国・台湾・日本対抗戦、同じ期日に台湾で開催)とぶつかっちゃったので残念ながら出場できませんが、でもうちには松山クラスは何人もいますからね!」いつもどおりの元気な声。
古田はいうまでもなく中学生のころ、石川遼と“コンビ”で話題となったあの“ポッチャリ王子”。東北福祉大1年生の昨年は先輩の久我悠太郎(今回も出場する)らを抑えて優勝、高校時代の優勝と合わせ今回は2連勝3度目の優勝がかかります。しかし、実力主義で知られる阿部監督。大会に出る以上、優勝にこだわり、どんなスター選手でも実績を上げなければ認めません。「古田もいいけど今季は皆本がいいです」大会に向けテンションが上がっていました。

歴代優勝者にはトッププロとなった星野英正、宮里勇作ら福祉大出身がずらり。昨年大会では上位6人までを占めた実績は何とも頼もしい。それにしてもマスターズ27位、世界のトップアマの頂点のベストアマチュアの松山クラスが、何人もいる東北アマ!楽しみです。

今大会、夏泊リンクスにとっては2つの意味があると思います。
ひとつは1995年の日本プロ選手権以来の大きな大会開催。もうひとつは日本を背負うトップアマのリンクス挑戦です。

▼リンクスの自然がゴルフを難しくする

夏泊は日本のゴルフ100選の上位を常に占める名コース。それを世に知らしめたのはあの95年の日本最古のプロトーナメント日本プロ選手権。大会は最終日、5打差の4位スタートの佐々木久行が63をマークし2位に4打差をつける大逆転優勝で10年シードを獲得しました。15番の第2打、ランに入ったボールが虹のかけはしを走るようなカーブを描くとカップインするイーグルは今も語り継がれます。佐々木は通算16アンダー。
そして今回、日本を代表するトップアマが見せるリンクスの戦いです。どんなプレーを見せるのでしょうか。

私の中では16年前のプロの激闘と今回のアマたちの挑戦は同じコースでありながらまったく結びつかない。なぜならゴルフはこの16年で大きく変ったからです。おそらく飛距離は今のアマチュアの方が出るでしょう。アイアンの精度も高く、戦略もはるかに高度、大胆、多彩なのかもしれない。でも、そうかなあ、夏泊だからなあ、そう簡単にはいかないだろうなあ。ときは確かにゴルフを易しくしてくれた、だが、コースは同じように妥協してくれただろうか?
私はそうは思いません。
イギリスのリンクスや全英オープンのタフさはコースが演出します。予断を許さない展開は風と硬さとうねりと、その中でもまれた時のゴルファーの心理状態で決まる。ジャーナリストとして見てきたゴルフ、トーナメントは人の思うようには決していかないというのが私の結論です。
9,10日の決勝ラウンドでこのコラムの続編を予定しています。選手の皆さん、プレイウエル、良いプレーを!

2011年6月3日

▲このページのトップへ

»